フレックスタイム制を導入して人件費を合法的に抑える!

「合法的に」というフレーズを聞くと、すごく怪しく感じてしませんでしたか?
しかしこれは社会保険労務士事務所が提案する、 歴とした法律に基づく人件費を抑える方法なんです。

その秘訣は…フレックスタイム制

「な〜んだ、フレックスか…」と落胆せず、聞いてください!

フレックスタイム制自体は以前から存在していますが、2019年4月に働き方改革関連法が施行され、3ヶ月にわたって業務時間の配分が可能になったのはご存知ですか?

従来の勤務体制と比較しても、時間外労働による割増賃金を減らせる企業が増えてきているんです。

労働者にとっては閑散期でも勤務時間に縛られることなくワークライフバランスの向上を実現させることができ、経営者にとっても無駄な人件費の発生を抑えることが可能です。

ただし!

労働者にも経営者にもメリットが大きいこのフレックスタイム制ですが、業種によってはデメリットの方が大きくなる危険性もあります。

どの業種・職種が良くなるかは、実状と照らし合わせて検討してみなければなりません。そのため、フレックスタイム制の導入がベストかどうかは、社会保険労務士に相談するのがオススメです。

Tips Noteを運営するBricks&UKでは社会保険労務士事務所も併設。 これまでにも多数のフレックスタイム制の導入をサポートさせていただきました。
従業員のやりがい・満足度を上げる手助けにもなりうるフレックスタイム制の導入を、私たちと共に検討してみませんか?







お名前必須

ふりがな任意

電話番号任意

メールアドレス必須

業種必須

該当する業種をお選びください

従業員数必須

アルバイト・パートを含む合計の従業員数をお選びください

備考 備考

お問い合わせフォームをご利用の際は、必ず「個人情報保護方針」をご一読ください。
内容に同意していただけましたら、必要事項をご入力の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
なお、お問い合わせの内容によっては、ご返答が遅れる場合がございます。ご了承ください。