【融資はどこがいい?】信用金庫と地方銀行の違い

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

信用金庫(信金)と地方銀行(地銀)は同じと考えていませんか?金融機関という意味では同じですが、徹底的に異なる点があります。
理解しておかないと、付き合う金融機関選びで混乱するかもしれません。
信用金庫と地方銀行の、組織としての特徴や違いを理解しておくことは大切です。

合わせて読みたいおすすめ記事

信用金庫は非営利団体で地方銀行は営利団体

信用金庫は非営利団体であり、地元地域の会社や住民が会員となり 出資をします。その利益は地域経済の発展に使われます。
出資者には利息が還元される仕組みです。

一方の地方銀行は、利益を目的として運営されており、株式会社として株主のために利益を追求しています。
そのため、利益が出れば株主や従業員に分けることができます。

非営利団体は、利益を会員など構成員に分配を行えず、営利団体は利益を株主などの構成員に分配できる点でも大きく異なります。
これも信用金庫と地方銀行が何を目的にしているか、が関係するのです。

信用金庫と銀行は業務の対象が大きく違う

信用金庫と地方銀行の違い

信用金庫と地方銀行は、対象となる法律が異なります。信用金庫は「信用金庫法」に、地方銀行は「銀行法」に基づいて業務を行っています。

信用金庫法では、信用金庫がある地域で生活する人や仕事をしている人、事業所を設けている会社だけが会員となれます。 融資を受けるには、原則として会員にならなくてはなりません。

一方、地方銀行には利用者に「会員」という概念はなく、融資対象についても制限がありません。
地方銀行はさらに、「地方銀行」と、かつて相互銀行と呼ばれた銀行などが転換してできた「第二地方銀行」に区分されています。

とはいえ、信用金庫でも融資等以外、例えば預金などは会員でなくても利用できます。

都市銀行(都銀)はなにが違う?

他にも「都市銀行(都銀)」と呼ばれる銀行の種類がありますが、これは東京や大阪などの大都市に本店があり、日本全国の主要都市に支店を展開している銀行です。
いわゆる「大手銀行」と呼ばれ、主に大企業を取引先としています(シェア上位を占める三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は特に規模が大きく、「3大メガバンク」と称されています) 。

実は、都市銀行に法的根拠はなく、明確な基準を持たないものの、その対象は限定されています。
1968年には13行が該当しましたが、都市銀行同士の合併再編などにより、2021年1月現在で5行(埼玉りそな銀行を含まない場合は4行)のみとなっています。

信用組合(信組)は何が違う?

信用組合は「中小企業等協同組合法」に基づく協同組合組織の金融機関です。組合員の相互扶助を理念とし、組合員の経済的地位の向上を設立目的としています。

協同組合である信用組合は、組合員の利益を第一とし、社会貢献事業にも積極的に取り組んでいます 。
また預金の受け入れについては、原則として組合員のみが対象です。

メリットとデメリットについて

地銀と信金のメリットデメリット

信用金庫と地方銀行を、メリット・デメリットという視点でチェックしていきましょう。

信用金庫のメリット

信用金庫は個人や小規模事業者でも融資を受けやすい

信用金庫が対象としているのは、地域に根付いた会社や個人です。地域の発展・繁栄が目的ですから、起業したばかりでも積極的に対応してくれます。
売上などの規模に関わらず、経営状況や将来的な成長予測を踏まえて融資の判断を行ってくれます。

メガバンクや地方銀行では利益の追求が目的のため、起業したばかりの会社や小規模事業者では融資を受けられないことも少なくありません。

定期預金の金利が高い傾向にある

信用金庫の定期積金は、メガバンク等に比べて金利が高い傾向にあります。

そのため、使う予定が一定期間ないお金があるなら信用金庫で定期預金にすることも検討するとよいでしょう。特にインターネット支店などの金利が高い傾向にあります。

信用金庫のデメリット

ローンの金利が高いケースがある

事業のために融資を受けようとする場合、信用金庫では金利が高く設定されていることも多いです。
これには、小規模事業者等への融資が比較的ゆるい分、信用金庫側のリスクが高いことが理由に挙げられます。

また、ひとつひとつの取引額が小さいため、それだけ事務処理や営業マンに負担がかかってしまうことも背景にあると考えられます。

ただ、会員向けの金利を引き下げ特典があるケースも多く、必ずしも他の銀行等より高いとは限りません。

地方銀行のメリット

地方銀行の看板

条件によっては高額融資も受けられる

地方銀行は、メガバンクと信用金庫のちょうど中間と考えるとわかりやすいかもしれません。
地域の発展に力を入れていることも多く、条件次第では億単位の高額融資をしてくれる場合もあります。

また、メガバンクでダメだった融資が地方銀行なら対応してくれる可能性もあります。

店舗が多くビジネスマッチングサービスをしているところも

地方銀行は地盤としている地域内ではかなり多くの店舗数があります。地域密着型なので起業したばかりでも利用しやすいでしょう。
また地方銀行の中には、ビジネスマッチングなどを行っているところもあります。信用金庫などでも同様のサービスがあるところはありますが、より規模の大きい企業とのつながりが期待できます。

地方銀行のデメリット

これは信用金庫にも当てはまることですが、取引先によっては、どこの銀行と付き合いがあるかもチェックされます。メガバンクと比較をすると、どうしても信頼性が低いと判断される場合があります。

また、あくまで特定の地域には強いですが、他県に行くと店舗がが全くない、あるいは一部の不便な場所にしかない銀行もあります。他県に事業を拡大することを考えるなら、利便性に関するリスクも考えておくとよいでしょう。

まとめ~違いを知り賢明な判断を~

地銀と信金の違い

信用金庫にも地方銀行にも、それぞれメリットとデメリットがあります。
起業する場合にどちらをメインバンクにするのか、融資を検討するならどちらがよいか、多方面から考慮して慎重に選びましょう。

どちらも長い付き合いになる可能性が高いため、それぞれの違いをしっかりと把握して、賢明な判断と決断をしましょう。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント