【創業計画書の書き方・注意点】
創業計画書って手書きでも良いの?

創業計画書って手書きでも良いの?【創業計画書の書き方・注意点】
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
事業計画書の添削サービス

創業計画書とは

創業計画書とは、これから始める事業やサービスの内容、経営方針、売上の予測などをまとめた資料で、開業資金を融資してもらう場合、必ず必要になる書類です。
融資担当者はこの創業計画書の内容をもとに、融資に値するか否かを判断します。つまり、融資を受けられるかどうかは、この創業計画書のクオリティにかかかっています。
よく事業計画書との違いについて聞かれることがありますが、事業計画書は、現在行っている事業がどのような事業かを説明する書類で、売上や経費など実際のデータを盛り込みながら、作成することができます。

一方、創業計画書は、まだ始めていない事業について、予測やイメージで作成していくことになるため難易度が高いと言えます。

そこで今回は、創業計画書の書き方のポイントについて解説します。

創業計画書の書き方のポイント

創業計画書について、一番重要なことは「融資担当者が何を精査しているか」を理解したうえで書くことです。
融資担当者が見ているポイントは

  • 返済見込みがあるか
  • 創業計画の妥当性はあるか

です。そのため、客観的な指標を融資担当者に提示する必要があります。
客観的な指標とは具体的な数字です。
創業計画書には、資金の調達方法や事業の見通しの数字を書く欄がありますが、なるべく具体的にイメージして数字を書くことが重要です。
どれだけサービス・商品を売って、どのくらい収益が出るのか、より具体的にシミュレーションをしてください。
起業の経験がなければ、数字まで具体的にイメージすることは困難かもしれませんが、見通しが甘く数字を具体的にできていない計画書はマイナスイメージになります。

日本政策金融公庫による創業計画書記入例だけでは不足

日本政策金融公庫のホームページでは、業種別の記入例を提供していますが、現実的にはこの記入例をもとに創業計画書を作成しても、融資審査をパスすることは難しいでしょう。

記入例はあくまでも参考情報です。
それだけでは、融資審査を通過することは非常に難しいため、そのまま真似して記入する事は、絶対に避けてください。

創業計画書の記載項目

規定の創業計画書に記載する項目は下記になります。

  • 創業する動機
  • 経営者の経験や能力(略歴等)
  • どのような商品、サービスで売上を出すのか
  • すでにある取引先や顧客
  • 現在すでに受けている融資の状況
  • 必要な資金額、必要な理由、融資以外の調達方法など
  • 事業の見通し(売上が伸びる根拠など)

審査通過するコツとしては、やはり起業にかける想い・熱意を「自分の言葉で率直に伝える」ことが重要です。
具体的な各項目の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。

各項目別の書き方はこちらの記事をご覧ください

創業計画書だけでは審査は通らない!?

日本政策金融公庫から融資申し込みの際、提出を求められる必要書類は「創業計画書のみ」とされています。
ですが実は、創業計画書だけでは審査通過は難しいのが実際です。

では、創業融資の審査に通過するためには何が必要になるのでしょうか。
ズバリ以下の5つの書類を別途用意する必要があります。

  • 収支計画書、資金繰り表
  • 業種、業態を示す資料
  • 事業経験書
  • 売上根拠、人員計画
  • 商圏分析

各書類がなぜ必要か?なにを伝えるべきか?など、下記の記事で詳しく解説しております。
そちらもぜひご覧くださいませ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

創業計画書は手書き?パソコン作成?

創業計画書を作成するにあたり、パソコンで作成するのではなく手書きでも良いのか、という疑問を持たれている方もいるかもしれません。

そこで今回は、手書きでも良いのか、具体的な流れ、注意点、などについて解説していきます。
これから創業計画書を準備される方はぜひ参考にしてください。

創業計画書は手書きでも問題ない!

最初に結論ですが、創業計画書は手書きでもまったく問題ありません
一昔前からエクセルでも手書きでも可能でしたが、金融機関の融資担当者によっては手書きの文書の方が誠意が伝わる、やはり直筆の方が創業者の思いが感じられる、手書きなら本人が作ったという確証が持てる、といった考え方をする人もいたようです。
ただし、こういった考えには特に根拠はありません。

今の時代はさすがに効率重視なので、パソコンで作成しても全く問題ないのですが、逆に言えば手書きでも十分ということです。
どちらが有利、どちらが不利、ということは特にありません。
大切なのは内容の説得力です。

創業計画書を手書きで作成しても問題ない理由として、そもそも日本政策金融公庫は手書きを想定してPDFファイルを用意しています。
ちなみに創業計画書のフォーマットは、以下の日本政策金融公庫のホームページにて配布されています。

ExcelとPDFのファイルがあるのですが、もしかするとPDFファイルを確認して、なんで編集できないんだ?と思われた方もいるかもしれません。
実際そういった質問を見かけたことがあります。

上記の通りPDFファイルは、ダウンロードした上で手書きすることを想定しているので、パソコンで編集できるようにはなっていません。
Excelのソフトをお持ちであれば、Excelファイルなら編集できるようになっているので、PDFを編集する必要性はないからです。

まとめると選択肢は2択ということです。
Excelファイルでパソコンから編集するか、PDFファイルをダウンロードして手書きするかです。
ちなみにフォームの内容に違いはないので、どちらでも好きな方を利用すれば問題ありません。

創業計画書を手書きするうえで重要なこと

創業計画書を手書きすること自体はまったく問題ないのですが、一つ意識しなければいけない重要なポイントがあります。
それは読みやすさです。

特に創業計画書の欄はそれほど大きくないので、文字を丁寧に書かなければ字がつぶれて読みにくいでしょう。
もちろん、正式な文書なのでボールペンで記載する必要がありますが、あまり太いボールペンはおすすめできません。
インクが一気に出過ぎるものも字がつぶれやすいでしょう。
なるべく細めのボールペンを選んで、詳細に書いた方が良いです。

また自由記述欄などは行ごとの罫線がありません。
そのため何行にするかは自由なのですが、書きたいことが多かったとしても他の行の線がある個所に合わせた方が良いかと思います。
あまりに細かく書いてしまうと読みにくいので、書きたいことが多いのであれば別紙を用意する方が賢い選択です。

自宅にプリンターがない、もしくはA3を印刷できない場合

創業計画書のフォームはA3サイズになっています。
自宅のプリンターではA3サイズを印刷できない、もしくはそもそも自宅にプリンターがない、という場合もあるかもしれません。
その場合は、コンビニのネットプリントなどを使用すると良いでしょう。

パソコンから予約番号を発行し、この予約番号をコンビニのプリンターに入れることで予約していた文書を印刷できる仕組みになっています。
多少、手間がかかりますが創業計画書は創業融資のために非常に重要な書類です。
この書類によって、数百万円以上のお金が動く可能性が高いと考えれば、自然とコンビニに足が向かうかと思います。

また手書きの場合もデータ作成の場合も、複数部印刷しておくことがおすすめです。
まず手書きの場合は書き間違えることも考えられるため、予備があった方が良いでしょう。
訂正印で対応することも可能ですが、訂正印を使いすぎることはあまり好ましくありません。

創業計画書における訂正印の数のルールは特にありませんが、単純に融資担当者からの印象が悪いからです。
訂正印を何個も押しているとズボラな印象を与えたり、ミスが多い印象を与える可能性が高いです。
複数個所書き間違えてしまった場合は、改めて書き直した方が良いでしょう。

次にデータ作成して創業計画書を作成した場合も、一応、予備として複数部持っておくことをおすすめします。
紛失することはあまりないかと思いますが、汚れたり傷んだりする可能性があるからです。

これも明確なルールはありませんが、汚れていたり傷んでいる創業計画書を持っていくのは印象が悪いです。
特にサービス業などでは、商品の品質、サービスの品質は大丈夫なのか、という疑問を持たれかねません。

自分が顧客として考えるとイメージしやすいですが、創業計画書を汚して破いてそのままにしているエステサロンではあまり施術を受けたくないかと思います。
施術にミスがあったり、配慮が足りなかったり、考えなしに効果が出ない施術を続けている、なんてことも考えられそうです。

もちろん一概には言えませんが、そういったイメージを持たれる可能性は否めません。
融資担当者はこういった点も見ているので、創業計画書が汚いと顧客からも信用を得られないのではないか、と思われ、融資審査に不利になる可能性があるということです。

融資の審査では過去の金融状況、実績、事業内容などだけでなく、創業者本人の印象も見られます。
創業計画書が汚いというのは、事業内容というよりは創業者本人の人柄という点でマイナスになるかもしれません。

パソコンがない場合

創業計画書を手書きしたいと考えている人の中には、パソコンを持っていない人もいるかもしれません。
パソコンがない場合は、スマホから印刷するのが得策でしょう。
パソコンの場合と同様の方法で、スマホからPDFファイルを印刷すれば問題ありません。

どちらかというとデータ作成の方がおすすめ

創業計画書は手書きでもデータ作成でもOKということでしたが、どちらかというとデータ作成の方がおすすめです。

手書きの場合、書き間違える可能性がある、字が読みにくくなる可能性がある、後から変えたいときに書き直さなければならない、といったデメリットがあるからです。
データファイルであれば打ち間違えても修正が簡単で、字が読みにくくなることはありません。

また後から考えが変わった場合も修正するのが簡単です。
特に創業計画書は一回書いて終わりというよりは、短い文章の中に情報を入れるために練りに練っていくイメージになります。
手書きの場合は別の紙に下書きしたりするのが面倒なので、データ作成しながら推敲していく方が効率的でしょう。

結論:手書きでも問題ない

創業計画書って手書きでも良いの?【創業計画書の書き方・注意点】

あらためて結論としては、創業計画書は手書きでも問題ありません。
実際、日本政策金融公庫では、タイピング用のExcelファイルと、手書き用のPDFファイルの両方を用意しています。

手書きでもタイピングでもどちらでも問題はないのですが、文章を推敲しやすい、字が読みやすい、修正しやすいという点ではデータ作成の方に分があります。

今の時代は、手書きだと誠意が伝わる、人柄がアピールできる、ということも考えにくいので、特に理由がないのであればタイピングの方をおすすめします。

創業計画書はあくまで、事業の将来性や計画性、成功する根拠を示し、自身の人間性については、これまでの事業経験や起業動機、面談でのアピールなどで評価してもらえるようにしましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

創業時の融資相談もBricks&UKにおまかせください!

当サイトを運営する「税理士法人Bricks&UK」は、顧問契約数1700社以上、資金繰りをはじめ経営に関するコンサルティングを得意分野とする総合事務所です。
中小企業庁が認定する公的な支援機関「認定支援機関(経営革新等支援機関)」の税理士法人が、日本政策金融公庫の資金調達をサポートします。

資金調達に必要な試算表、収支計画書などを作成していきますので、資金調達のサポートと、借入後の資金繰りをしっかりと見ていくことができます。
そのため、皆様の経営の安定化に、すぐに取り掛かることができます!
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談を申し込む!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「その計画書で大丈夫!?」
無料診断&アドバイス申込み受付中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
「その計画書で大丈夫!?」無料診断&アドバイス申込み受付中!

日本政策金融公庫が、融資審査時に提出を求める重要な書類が「創業計画書」です。
創業計画書とは文字通り、創業するための計画書のこと。
この創業計画書のクオリティが、融資成功のカギと言っても過言ではありません。
記入する項目は、インターネットなどで調べれば見本が見つかるので、「それくらい自分でもできるよ!」と思う方が多くいらっしゃいます。
しかし実際にはどれだけ上手く、それらしく創業計画書を作成しても「それだけではダメ」なんです!

なぜそれだけではダメなのか?成否を分けるポイントはどこなのか?
ここを知っているかどうかが、融資成功の分かれ道になります。

しかも融資審査は一発勝負!
審査に落ちると、最低6か月は再申し込みができません…!

専任の創業融資コンサルタントが、無料で診断いたします。
メールフォームまたはLINEからお気軽にお申し込みください。


お申込みはこちらから