社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン

社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

社員の年齢構成が重要なカギを握る!

社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン

会社が成長するために必要な要素は、多岐に渡ります。
たとえば、明確なビジネスプラン、社員の実力、会社の資金力、社内の風通し、などなどですが、意外と見落とされがちなのが、社員の年齢構成です。

現在では、年功序列や終身雇用がなくなりつつあり、実力主義が叫ばれ続けています。
そのため実力があれば年齢は関係なく、また組織構造自体フラットになってきています。

ただ、それでも社員の年齢構成は重要なことには変わりありません。
また単純に若ければ良い、ベテランが多ければ良い、というものでもありません。
どのくらいの年齢層がどのくらいいるかによって、その会社の意志伝達や社内の雰囲気にも関わってきます。
年齢なんて関係ないと言いたいところですが、日本の文化や慣習上どうしても社員の年齢構成は組織運営に影響をもたらします。
もちろん一概に言えることではないのですが、どのような年齢構成パターンがあるのか、その結果どういった影響があるのか、などについては把握しておいた方が良いでしょう。

年齢構成による影響を把握した上で、弱点を克服できれば理想的です。
とはいえ若手を採用できない企業が多いはずなので、その対策についてもご紹介します。

年齢構成の4つのパターン

社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン

社員の年齢構成は、大きく分けて4つのパターンがあります。
どれが正解というわけではなく一長一短で、それぞれにメリット、デメリットがあります。
重要なのは、自社の年齢構成パターンを把握し、弱点を見極めていくことです。
弱点を見極めた上で採用を進めるなり、人員整理を行うなり、今いる社員で業務の流れを変えていくなり対策を取っていけばいいのです。

パターン1 ピラミッド型

ピラミッド型は、創業してからあまり期間が経過していないベンチャー企業などに比較的よくある形です。
エジプトのピラミッドの形状のように、若手が一番構成比が高く、年齢が上がるに従って人数が少なくなっていく構成になります。
若手が多い分、組織全体に勢いやバイタリティがありますが、経験豊富な中間層が薄いために仕事に粗が多かったり、中間層の負担が大きくなりすぎるといったデメリットがあります。
また上層部と若手の間で、あまりにも待遇の格差が大きいと、不満を持った若手がどんどん離職する原因にもなります。
その結果、中間層がますます育たなくなり、結果的に離職率の高いブラック企業という印象になってしまいます。

パターン2 釣鐘型

釣鐘型は中間層のボリュームが大きい企業です。
中間層とは、30代後半~40代後半くらいを指します。
このくらいのボリュームが多い企業は、比較的社歴が長い傾向にあります。
社歴が長くなった結果、優秀な中間層が育ち、トップに行くにつれて人材が絞られているようなイメージです。
また離職率が低いため焦って若手を採用するようなことはなく、採用人数も理にかなっています。

欠点としては、まず若手が中間層のポストになかなかつけないことが挙げられます。
中間層の人材が充実しているので、その分若手はそこに立ち入る隙がありません。
結果的に不満を抱いて会社を辞めてしまったり、裁量がない分仕事へのモチベーションが下がってしまったりといったことが起こりがちです。
次に、中間層は上層部に上がりたいと考えていますが、そこでも競争が生じます。

結果的に社内で激しい出世競争が生じます。
出世競争は会社の活力になるという点ではメリットですが、会社よりも自身のことを優先して動く社員が多くなります。
そうすると会社の利益は二の次になるので、組織内の環境が悪くなる可能性があります。

パターン3 ひょうたん型

ひょうたん型は釣鐘型とは真逆で、中間層が少なく若年層と高齢層が多くなっている形です。
社歴はそこそこ長い中小企業に多い形になります。
実際にそうとは限りませんが、いわゆるブラック企業と見られる可能性も高いでしょう。

中間層が育たないのは若年層が早期に離職しているからで、また若年層から上層部が搾取し続けているような印象があるためです。そして実際にこのような会社は多いかと思います。
高齢層が会社の利益を搾取していて、若年層をとっかえひっかえ使いまわしているようなイメージです。

結果的に、若手がなかなか育たず、経験が少なくまだスキルの低い若手を毎年安く使いまわすような形になりがちです。
上層部のリタイアが近い場合、それでも良いと考えているのかもしれませんが、少なくとも組織にとっては、決して好ましい状態とは言えないでしょう。

パターン4 逆ピラミッド型

逆ピラミッド型は、若年層が少なく、高齢層に行くに従って人数が多くなる年齢構成です。
逆ピラミッド型になる理由はいくつか考えられますが、もっとも多いのは古くからある業界で、若手の人材不足となっているパターンでしょう。
建設業界や職人の世界では若い後継者がなかなか入って来ず、結果的に逆ピラミッドになっているケースが多々あります。
言うまでもありませんが、若手の採用ができると理想的です。

また意図的に逆ピラミッド型の年齢構成にしている企業もあるでしょう。
たとえばベテランだけで回すスタイルに満足していて、経営にも困らないだけの利益が出ている場合です。
若手を採用して教育すれば、会社の将来性としてはメリットがあるかもしれませんが、そこまでの費用、時間、労力をかけるよりは、現状のベテラン同士で気楽にやっていきたい、といったイメージです。

会社を長く存続させる予定なら、若手の採用は避けられませんが、そうではなく自分の代で廃業しようと考えているのであれば、無理に若手を採用する必要もないでしょう。
また最近は、M&Aで会社を売却する選択肢も一般的になっていて、たとえば会社を売却して老後の生活資金にするのも一つの選択肢です。

今後ますます若手の採用は難しくなる

社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン

年齢構成の問題は複数ありますが、結局のところ若手不足で、年齢構成に問題が生じるケースがもっとも多いです。
では、若手を採用すれば良いのかというと、少子高齢化が加速し人口全体に占める高齢者の割合がどんどん増えることは目に見えているので、今後ますます若手の採用は難しくなることが予想されます。
また、若年層の働く形態の選択肢が増えたことも、採用を難しくする一因になっています。

昔は新卒で就職活動をして企業に勤めるのが一般的でしたが、近年はそうではなくなりつつあります。
新卒からフリーランスとして企業から仕事をもらったり、学生のうちから個人で働く学生もいます。
起業のハードルも下がっているので、若者が起業する事例も年々増えています。
若者にとって「就職」だけが選択肢ではなくなっているので、企業としては採用が難しいです。

若者の選択肢が多いということは、条件が良くないと選ばれないということも意味します。
少し前なら条件が悪くても我慢して働いていたかもしれませんが、今の時代ならより条件の良い企業に就職する、独立する、といった選択肢が容易になっています。
つまりある程度良い条件を提示できないと、欲しい人材を確保できないのです。

若手を採用できない問題への対処法は?

少ない若手を奪い合うのも一つの選択肢ですが、ありがたいことに近年は他の選択肢も増えています。
具体的には、M&Aや外注化です。
まずM&Aは企業を売却する方法で、最近はネットからでも契約を進められます。
廃業という選択肢にはなりますが、昔と比べるとメリットのある形で廃業できるようになったということです。
とはいえ廃業は最後の選択肢で、なるべくなら事業を存続したいと考えるのが一般的かと思います。

その場合、業務の外注化が便利です。
必ずしも社員を採用する必要はなく、必要なときに外注化で仕事をお願いする、従業員の数自体は少数精鋭で絞っていく、というのも今や一般的な考え方になりました。
一昔前は、企業にとって従業員数がある種のステータスのようにもなっていましたが、今はコストがかかることや、リスクを抱えることになること、身動きが取りにくくなること、などのデメリットに注目される機会も増えました。

従業員を増やせば良いというものではないので、人数を絞って必要なときのみ外注化するのも一つの選択肢です。
給与と違って常に支払い続ける必要がなく、報酬を支払うのは仕事を依頼したときだけで済みます。
人材をゼロから育てることよりも、コストを抑えてプロに依頼することも考えた方が良いかもしれません。
業種によって外注化できるものもあれば難しいものもあるかもしれませんが、今の時代専門的な技術だけでなく、一般的な事務作業も外注化できるようになっています。

若手を採用できない、その結果会社が立ち行かない、ということであれば、外注化を検討するのもおすすめです。
また経営者の方は、自身が引退してからも外注化の流れはより強固になると考えられるので、外注を含めて事業計画を立てるのも一つの選択肢です。
若手を採用できないのであれば、採用以外の方向性で事業を存続するのも一つの手段ということです。

TipsNoteおすすめのサービス

まとめ

社員の年齢構成はバランスが大切!4つのパターン

社員の年齢構成は軽視されがちですが、会社組織の在り方や、事業成績にも影響を与えるものです。
特に日本はもともと年功序列型の考え方があるので、他の国よりも影響は大きいでしょう。

近年は年功序列や終身雇用の考え方がなくなり、会社内での人の出入りも活発になっています。
とはいえ年齢構成によって一定の傾向があり、その中には弱点も含まれています。

しかし実際のところ、自社の弱点を克服しつつ効率的な経営を行うのは難しく、そのため専門家に依頼し、戦略について相談しながら決めていくのがベストといえます。
優良な専門家に相談すれば、費用に対して得られる効果は圧倒的に大きいはずです。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

定着率の高い人材紹介会社〜Bricksキャリア〜
定着率89.3%の実績

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
人材紹介Bricksキャリアはサーチ型人材紹介
経営者、人事担当者のみなさま。こんなお悩みはありませんか?
  • 未経験でもポテンシャルの高い若手
  • キャリアアップに意欲的な人材
  • 長く勤めてくれる方
  • 前向きに仕事に取り組んでくれる人材

上記のような企業様が求める人材を探してダイレクトにアプローチ。
すぐに辞めてしまう原因となるミスマッチが起こらないよう、丁寧なカウンセリングを行います。

「人材採用にかかる手間をどうにかしたい」

着手金など一切いただいておらず完全成功報酬制ですので、これまでの人材紹介会社に満足いただけなかった方、まだ利用したことがない方、一度お試しいただければと思います。

気軽に相談・お声かけください
これまで培ったノウハウと、独自案件を多く抱える人材紹介サービスで、貴社の抱える採用課題解決を強力にサポートいたします。


サービスの内容・特徴など詳しくはこちら