融資を勝ち取る!
面談で好印象な服装

融資を勝ち取る!面談で好印象な服装
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

融資面談は、融資が通るかどうか、ひいては経営がうまくいくかどうかを左右する重要な場面です。どういった服装で臨めばいいのか、迷う人も多いですよね。

融資面談は就職面接ではないので、ビジネススーツがマスト、というわけではありません。
しかし融資担当者に事業に対する熱意や計画の確かさを伝え、融資を引き出すには、やはりスーツを選ぶことをおすすめします。

この記事では、融資面談におすすめの服装について説明します。

男性が融資面談で好印象な服装

スーツで融資に臨む男性

まずは男性の服装について見ていきましょう。

最も適切なのはビジネススーツ

融資先が日本政策金融公庫なのか、銀行なのか、貸付業者なのか、などによっても程度は異なりますが、基本的に服装についてのNG項目はありません。

とはいえ、冒頭でも述べたように面談では事業計画書や創業計画書などを持参し、融資担当者に説明する必要があります。また、融資として多額のお金を借りるわけですから、返済能力や人としての信頼性を示すためにも、スーツで行くのが最適です。

融資担当者から見て、ジーパンにTシャツ・サンダルで面談に来た人とビジネススーツを着用して来た人、どちらの印象が良いかは火を見るより明らかでしょう。

スーツ以外の選択肢もあり

作業着での融資面談

例えば建設系・土木系やメーカーの工場など作業着を着て行う仕事であれば、作業着の上下という服装で問題ありません。ただし、やはり清潔感を重視し、なるべく汚れやしわのない状態のものを選ぶのがおすすめです。

スーツの場合は無地でベーシックなカラー

スーツと一口に言ってもさまざまなものがあります。派手でない紺色やグレーなどの地味な色で、無地のスーツを選ぶのがおすすめです。中に着るシャツも、派手な色や柄のものは避けるのが無難です。

スーツはクリーニングに出す、シャツはアイロンにかけるなどしてしわのない状態にし、清潔感を心がけてください。

手持ちに適切なスーツがない、という人も、これから事業経営を進めるうえで他社と契約を取り交わしたり営業しに行ったりする場面もあるでしょう。どこに行くにも気後れしないように1着でも購入しておくことをおすすめします。
借り物でサイズが合わないようなスーツでは、だらしなく見えてしまう可能性もあります。

ネクタイやバッグはスーツに合わせて

融資面談に無難なネクタイ

スーツを着るのであれば、他に身に着けるものにも統一感を出しましょう。そうでないとせっかくのスーツが効果を発揮できません。黒や茶色などのビジネスバッグと、スーツに合う色の革靴なども揃えればよりきちんと感が演出できます。

個性を出したい場合には、ネクタイに少し遊びのある模様や色を選ぶとよいでしょう。

派手な腕時計やアクセサリーは避けるのが無難

経営者という立場ですから、時計やアクセサリーなども高級な物を身に着けている人は多いでしょう。ただ、あまりに派手で人目を引くようなキラキラした腕時計や金色の太いネックレスなどをして融資の面談に向かうのはおすすめできません。

なぜかと言えば、そのような物を身に着けていると悪目立ちしてしまうだけでなく浪費家ではないか、お金の使いどころに問題があるのではないかと疑われたりしかねないからです。

全体的に清潔感のあるスタイルで

服装だけでなく、髪の毛にもトータルに気を配るのがおすすめです。ヘアスタイルは清潔感のある短髪、色は黒か濃い茶色が無難です。とはいえ白髪をわざわざ染める必要はありません。

ただ、スタイルよりは、ボサボサ・フケがあるなどの状態を避けることが大切です。美容やファッション関係の経営者であれば長髪の人もいるでしょう。わざわざ切らずとも一つに結ぶなどして、清潔感と落ち着いた印象を与える髪型にしておくのがベストです。ヒゲもきちんと整えましょう。

靴もきちんと磨いて、その場に臨む真剣さや真面目さをアピールしましょう。

女性が融資面談で好印象な服装

スーツで融資面談に臨む女性

女性も男性と同じく、融資の面談にはビジネススーツを着用して臨むのがベストです。
とはいえ、女性は男性に比べて一般的に許容されるファッションの幅が広いため、いわゆるビジネススーツではなくても清潔感とフォーマル感のある服装であれば問題ありません。

アクセサリーやネイルは派手なデザインでなく、目立たないベーシックなデザインのもの、小さめのものが安心です。

ヘアスタイルはまとめて結ぶなどしてきちんと整え、カラーも黒色か濃い茶色にしておくのが無難です。

靴もヒールの有無を気にする必要はありませんが、服装に合うものを選びましょう。つま先の開いたサンダルや音が出やすいミュールなどは避けることをおすすめします。

まとめ

スーツ姿で融資を勝ち取った男性

融資面談は特に服装に厳しいわけではありません。
ただ、お金を貸してもらえるかどうかを相手に判断される場面なので、事業への真剣さや誠実さ、信頼感などを演出できる服装で臨むのがおすすめです。

ラフすぎる服装ではだらしなく見えて返済能力を疑われたり、マナー意識を疑われるなど不信感をもたらしたりすれば、融資してもらえない確率が高くなってしまうかもしれません。

就職面接でなくても第一印象は大切です。清潔感を大切にして堂々と臨み、融資を勝ち取りましょう。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

ある方法で融資を申し込むと「6ヶ月以上」も待たなければならないリスクが増加?!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

新たな一歩を踏み出すためには多額の融資が必要な業界は多く存在します。融資のことが頭の中にあるあなたもそのお一人かもしれません。

ただ、その融資。ご自分で申し込みをしようとしていませんか?

日本政策金融公庫、制度融資も、万が一融資が通らなかった場合、最低でも6ヶ月間は再申し込みができません。 もしご自身で申し込みをされて審査が落ちた場合、次に融資へ申し込むことができるのは6ヶ月後になってしまいます。

美容や建設、飲食店など、開業には多くの融資が必要不可欠な方ほど、計画的に融資を申し込み開業への準備をしていかなくてはなりません。疑問や不安を残したまま申し込みをして審査に落ち、開業の夢が先延ばしになる前に、ぜひ専門家にご相談ください。

融資だけではなく経営についても様々なご相談を承っております。


融資に関するご相談はこちら