資金調達で困ったら…
地域密着の信用金庫を頼ってみよう

地域密着の信用金庫を頼ってみよう
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

信用金庫は起業家の味方

起業したばかりのとき、資金調達で困ったら信用金庫を頼りましょう。
信用金庫は起業したばかりでも融資をしてくれる起業家の強い味方だからです。例えば、メガバンクに融資をお願いしても、企業規模や実績で門前払いされてしまいます。
信用金庫は初めて起業するなどリスクがあっても、条件次第で融資をしてくれる金融機関です。
では、どのような点で応援してくれるのか解説します。

信用金庫は地域の発展が目的

信用金庫は初めて起業した、まだ実績がないという場合でも融資してくれます。
地域の発展のために運営していることが目的で、他にも、個人や中小企業を対象にして取引をしているからです。
そのため、融資を受けたい信用金庫のエリア内に入っているなら、積極的に融資をしてくれます。
この点が、起業のときに応援してくれる金融機関の理由になっているのです。

営業担当者や職員も起業家に優しい

信用金庫の営業や職員は担当地域の中小企業を対象にして付き合っています。
地域密着型のため、長期的に深い関係になることも多いのです。
そのため、資金調達を含めて困っていたら相談にも乗ってくれます。
どんなに小さな会社でも来てくれるため、起業したばかりのときは心強いのです。

メガバンクの主な取引先は大企業であり、少なくとも売上が5億や10億程度なければ付き合い自体が生まれないことも少なくありません。
一方、メガバンクなどの金融機関は利益を得ることが目的ですから、地域の繁栄を目的とする信用金庫とは大きく異なります。
売上が大きければ融資金額も高くなるため、利益も大きくなるのは当然です。
起業したばかり、中小企業だと利益を考えれば非効率となります。
信用金庫も利益を求めますが、銀行などの金融機関とは性質が異なるのです。

貸し渋りや貸し剥がしなどがあまりない

一般的な銀行やメガバンクは不良債権を嫌がります。
不良債権が大量にあれば自己資本によって処理しなければならないからです。
結果、自己資本は減ってしまうだけとなり、不健康な経営状態が継続することになります。
その状態を手っ取り早く改善するには、貸し渋りや貸し剥がしが有効です。

また不良債権を増やすのが怖い状況であれば融資もリスクがあります。
ただ、体力のない中小企業にとって、貸し渋りや貸し剥がしは倒産に直結しかねません。
一般的な銀行やメガバンクは一度、貸し渋りや貸し剥がしをすると決めたら、起業の事情は無視して徹底的に行うことも珍しくないのです。

信用金庫は原則、激しい貸し渋りや貸し剥がしがあまりありません。
地域に密着であること、人間関係の深さや、将来も考えた上でサポートをしてくれるため、貸し渋りや貸し剥がしのリスクは高くないのです。
それでも、絶対的に安心ではありませんから油断しないように注意しましょう。

ビジネスマッチングで販路拡大もできる

ビジネスマッチングサービスを提供することで、新規の取引先を見つけるサポートもしてくれます。
なかなか、取引先が見つからないという人には助け舟になるでしょう。

ビジネスマッチングサービスとは、ビジネスニーズの情報を信用金庫に登録し、マッチング依頼があれば連絡や回答をしてくれるサービスです。
信用金庫が間に入ることで、受注や発注、提携先まで見つかる可能性が高くなります。
「一般社団法人全国信用金庫協会は、全国261信用金庫における「地域密着型金融の取組状況」(平成29年度実績)等」では、ビジネスマッチングの成約件数は13,672件となっています。
ビジネスチャンスを作るという点でも有効な取り組みでしょう。
他にもビジネスフェアなどを開催し、地域の商品や技術、サービスを内外に広く知ってもらう取り組みにも力を入れています。

会員になると金利が優遇になる

融資を受けたとしても、金利が高いと経営負担は大きくなりますが信用金庫では、会員になると金利優遇が期待できます。
信用金庫で金利の内容は異なりますが、通常より0.5%や1%低い金利で融資を受けられる場合もあるのです。

創業支援やコンサルティングまで幅広い取り組み

信用金庫は単純に融資するだけではなくコンサルティングまで幅広い取り組みを行っています。
これも、起業したばかりの人にとっては助かる取り組みでしょう。

たとえば、創業自体もさまざまな準備が必要となります。
開業までどんな準備が必要か、また、事業計画の作成など、初めて起業するなら分からないことばかりです。
多くの信用金庫では、創業に関する情報提供を行い幅広いサポートを行っています。

また、創業支援セミナーなどでは、経営者を招いてエピソードトークや座談会などを通し、起業に関する情報提供などの取り組みを行っているところも多いのです。
基本的に参加料が無料ですから、起業したい人は参考になるでしょう。

まとめ・信用金庫は起業時の資金調達にぴったり

地域密着の信用金庫を頼ってみよう

起業時に限らず、経営が安定し、成長したあとも、信用金庫と長期的な付き合いをするメリットは非常にあります。
細かなサポートや、人間関係、コンサルティングも含めたサポートも充実しているからです。
会員になっても融資時の金利優遇を受けられるなどたくさんの魅力があります。
起業して資金調達をしたいなら、まず信用金庫に相談するのがよいでしょう。

合わせて読みたいおすすめ記事