【メリット・取得方法】
会社設立後には法人カードがおすすめ

【メリット・取得方法】会社設立後には法人カードがおすすめ
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

そもそも法人カードとは?

【メリット・取得方法】会社設立後には法人カードがおすすめ

法人カードとは、個人ではなく会社等の法人のために発行されるクレジットカードのことです。
一般的には、法人カードのうち、コーポレートカードというと、20名以上の大手企業向け法人カードを指し、ビジネスカードというと、20名以下の中小企業や個人事業主向けの法人カードを指します。

法人カードの場合の名義はどうなっているのかというと、その法人所属の個人名となっています。
法人カードは、主に会社の経費の支払いに利用されます。
そのため、クレジットカードの引落口座には、会社名義の法人口座を指定することが可能です。

個人カードとの大きな違い

法人カードと個人カードとでは、審査の方法が異なります。
法人カードの場合、代表者個人の審査も行いますが、基本的に会社の決算書や事業規模などについて審査します。
そのため、設立したばかりの会社で決算書がないような場合や、会社の業績が悪いような場合には、法人カードは作れないこともあります。
そして、個人カードと比べると法人カードの方が、限度額が多いという点も、大きな違いです。

法人カードの4つのメリット

【メリット・取得方法】会社設立後には法人カードがおすすめ

法人カードを導入すると、会社にとってさまざまなメリットがあります。
では具体的に、法人カードは会社にとってどのようなメリットがあるのでしょう。

メリット1:経費精算の効率化

一つ目の大きなメリットとしては、経費精算の業務を効率化できる点にあります。
社員が会社のためにお金を使う場合、あらかじめ仮払金を申請したり、後から立替金精算の申請をしたりという事務処理が発生します。
しかし、法人カードを使えば、法人名義の口座から直接経費を支払うことができるうえ、いつどこで誰が何に使ったのか、明細も出てきます。

クレジットカードを経理システムと連動させれば、経理業務の効率化も可能です。
仮払いも立て替えも必要なくなり、大幅に経費精算の手間を削減することができ、なおかつ、これなら経費の申請漏れもなくなりますね。

メリット2:資金繰りのしやすさ

二つ目のメリットはというと、資金繰りがしやすくなるという点です。
会社にとって、急に大きな支出があると痛手となりますが、法人カードを利用すれば、クレジットカードの支払日まで、若干猶予されることになります。
クレジットカードの支払日は少し先ですので、会社にとってはその間の資金繰りがしやすくなります。

メリット3:ポイント還元

法人カードにも、ポイント還元のあるクレジットカードが多いので、会社としてポイントを貯めることもできてお得です。
また、会社で使う経費は、個人でのカード利用と比べて高額になることが多いので、ポイントもよく貯まります。

とはいえ、クレジットカード会社によってポイント還元率は異なりますので、会社にとって最も条件の良い法人カードを、選ぶようにしなければいけません。
ポイント還元率の高い法人カードを選んでおけば、効率よくポイントを貯めることができますね。
貯まったポイントはギフトカードなどに交換すれば、ギフトカードで会社に必要なものを購入することができますので、経費の削減も実現可能です。

メリット4:付帯サービスの活用

また、法人カードにはビジネスシーンで役立つ、さまざまな付帯サービスがあることをご存知でしょうか?
出張やセミナーなどで重宝するサービスや、社員の福利厚生に利用できるサービスなど、ビジネスシーンに欠かせないサービスが提供されています。

付帯サービスは、カード会社によって内容が異なるため、会社にとって最も使い勝手の良いサービスの付いているカードを選ぶことをおすすめします。
では、具体的にはどのようなサービスがあるのでしょうか。
一例として挙げてみます。

  • 飛行機や新幹線の手配をしてくれるコンシェルジュサービス
  • ホテルの優待
  • 旅行傷害保険自動付帯
  • レンタルオフィスや会議室などの利用
  • スポーツクラブや人間ドックの優待
  • 法人カード1枚につき複数枚のETCカード発行  など

法人カードの取得方法

法人カードを取得するには、まず必要なものを準備します。

  • 法人名義の口座
  • 法人登記簿謄本
  • 代表者の本人確認書類

法人カードは、オンライン申込できるものもあれば、郵送で申し込むものもあります。
オンラインで申し込める場合は、公式サイトの申し込み画面に必要事項を入力して申し込みます。
郵送の場合は、公式サイトから申込用紙を依頼して、届いた申込用紙に必要事項を記入し、添付書類を同封して返送することになります。
いずれの方法で申し込むにしても、必ず審査があります。

まとめ

【メリット・取得方法】会社設立後には法人カードがおすすめ

ここでは、法人カードとは何なのか、また、法人カードのメリットや取得方法などについても解説しました。
法人カードを導入することで、経費精算の効率がよくなりますし、資金繰りもラクになります。
本記事を参考にしていただき、法人カード導入のお役に立つことができれば幸いです。