【ビジネスの基本】
飲食店開業で成功する商圏分析

【ビジネスの基本】飲食店開業で成功する商圏分析
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

飲食業開業には必須の商圏分析

飲食店開業で成功する商圏分析

飲食業は競合するライバル店が多いため、安定した売り上げを確保していくには、綿密な商圏分析が欠かせません。
思いつきやなんとなく好きな業界なので、という軽い感覚で新規出店しても、他店は繁盛しているのに、自分のお店への来店は少ないと、予想外の展開もありえます。

実は飲食店の売上は「7割立地で決まる」と言われるぐらい、物件の立地は売上に大きく影響するものです。
全国展開している大手チェーン店で統一された運営スタイルであっても、店舗によって売上が大きく異なることはざらで、違いは立地によって生まれると言っても過言ではありません。
そのためお店を開業する前には、商圏範囲を分析して市場規模を把握することが非常に重要です。

例えば、近隣のライバルになりそうなお店は、実際入店してみて料理を食べてみるなど、事前にリサーチしておくといいでしょう。
ライバルになると想定されるお店が、何キロメートル範囲に存在しているか確認も大切です。

合わせて読みたいおすすめ記事

商圏分析とは?

商圏分析とは、国勢調査など国の統計指標や顧客データなどを活用して、自社店舗や出店候補地周辺の市場ボリュームや地域特性を把握するためにグラフなどで可視化する分析です。

商圏分析の目的

まずなぜ商圏分析を行うのか、その目的について解説いたします。

将来の売上予測

商圏分析を行うことで、店舗の将来の売上予測を立てることが出来ます。
商圏内にどんな客層でどのくらいの人口数・世帯数か、今後どのような推移が見込まれるかという消費者動向と、人の流れに関係する地理的変化や競合店舗などの競争環境の変化がわかれば、売上予測が立てやすくなります。

商圏分析は、ターゲット層の動向や外部環境の変化から売上計画を実現する施策づくりにも役立てることができます。

販促対象エリアの確定

販促対象エリアを把握するためにも商圏分析は有効です。
駅近などの激戦区や交通量・人通りの多寡など数値的に商圏を正しく把握し、地図上に反映することで自店の優劣エリアを可視化できます。

商圏内のどのエリアからの集客が多く、逆にどのエリアが弱いのかが明らかにして、最も効果が得られそうなエリアに優先的に販促をすれば、効率的な販売促進戦略に繋げることができます。

競合店舗の対策立案

消費者は常にサービスや価格を比較をしているものです。
競合店舗との比較で勝つには、価格やサービスで競争力を高めるか、独自性の高い商品・サービスを提供する必要が出てきます。

その際、商圏分析することで競合店舗の動向を把握して、対策を練る材料として活用することが出来るのです。

飲食店の商圏範囲はどのくらいか

都市部か郊外か立地によって条件が変わりますが、参考として飲食店の商圏範囲は徒歩であれば「500m以内」、自動車での移動であれば「2~3km程度」とされています。

一般に人間の歩行速度が一分間で80mとされますので、500mだと7~8分間の計算になります。
電車・バスなどの交通機関からこの距離であれば多くの来店客がストレスなく利用できるでしょう。
なお単純な直線距離だけを考えるのではなく、線路や河川、大きな道路、坂道などといった来店の障害となる地形要素にも注意が必要です。

また、自動車であれば10分で約3km移動できるため、商圏の範囲は約3km程度が妥当と言えます。
ただし、いわゆる「ロードサイド」と呼ばれる通行量の多い幹線道路沿いであれば、遠方からの来店も見込めますので、広範囲の集客が狙いであれば、通常とは異なる商圏設定が必要になります。

基本的に近圏内の商圏分析がポイント!

商圏の考え方としては自分のお店を出店する、お客様を集客できる地域のエリア範囲です。
商圏範囲の設定は経営者が決めることですが、商圏範囲を狭く設定するのであれば、キャパの小さな小規模の飲食店が適していますし、商圏範囲が広域であれば、中規模以上の集客力がある飲食店を出店する必要があると言えます。

個人事業主であれば商圏範囲は狭く、法人形態にして経営していきたい人は、商圏範囲を広域に設定する必要があります。
どれぐらいのお客様に来店してもらうかで、出店する土地の環境は異なると言えるでしょう。

集客力を重視するのであれば、駅前など人が自然に集まる場所が向いていますし、1日家族で食べていけるだけの収入が、毎月安定してあれば十分であれば、人通りが少ない、郊外への飲食店の出店でもいいでしょう。

人の流れは集中する時間帯がありますので、朝食タイム・昼食タイム・夕食タイムそれぞれ、どれぐらいの集客があるのか、入店客数をカウントしてみると、地域のお店がどの時間帯に人気があるのか、分析することができます。

ランチを作るのが得意であれば駅前など、ある程度人通りが多い場所への出店が最適です。
夕食メニューが充実しているなら、落ち着いて食べたいので郊外への出店で、趣きがある外観のお店を、出店してもいいかもしれません。

そのため、人の流れは現場でよく確かめて、人がよく流れてくる道沿いを見極める必要があり、商圏範囲を設定する際に大切なポイントになります。
また、お客様の利便性を重視すれば、オフィス街や駅から徒歩圏内に出店すると、会社帰りの食事に便利だと思ってもらえます。

商圏範囲が決まったらより詳細に調べる

自分のお店の商圏範囲は、コンパスなどで円を描いて、半径何キロメートルぐらいか決める方法が、解かりやすくておススメです。
半径を小さくするか大きくするか、自分で集客できる範囲を無理なく決めることが大切です。
予定より少し範囲を縮小して設定して、計画に無理は生じないようにする方法もあります。

この範囲に対してより詳細な、様々なデータを分析する必要があります。
商圏範囲は人口がどれぐらいで、ファミリー層が多いのか、単身者が多いかなど生活している人たちの傾向を分析してみて下さい。

年齢層も何歳の人達が多いのか?若い世代が多いのかご年配者が多いのか、合わせて分析しましょう。
また可能であれば、所得としてはいくらぐらいお給料をもらって、働いている人が暮らしているのか調査することで、客単価がどれくらい見込めるのか計画することができます。

ライフスタイルの傾向も分析し、お金を使用する用途は何なのか?交際費なのか趣味か、飲食費用なのか分析も必要です。
世代別・性別の分析もありますと、より詳細に把握できます。

収集したデータはエクセルなどでグラフ化して、視覚的に理解できる書類を作成しましょう。
作成したグラフなどを見て、どの世代の人達にいくらぐらいの価格のメニューを、朝・昼・晩いつのタイミングで提供していくのか、お店のコンセプトを立てて下さい。

商圏範囲は自分のお店の周辺だけ把握するのではなく、範囲内については全部環境を把握することが望ましいです。
お客様に対しお店までの道のりとして、説明が必要な道は、どのような道があり、この角を曲がると大通りに出るなど、頭に覚え込みましょう。

建物も例えば東にショッピングセンターがある、南へ行くと雑居ビルがあるなど、どの場所に特徴ある建物があるのか、商圏範囲内は説明ができる状態にします。

駅の乗車口やバスの乗車口、駐車場の場所など交通手段になる情報は、スムーズに説明できるようにしましょう。

まとめ

飲食店開業で成功する商圏分析

開業するお店は数年から何十年間は、同じ場所での営業になります。
そのため、開業前には商圏範囲をしっかり分析し、生活している人達の属性をつかんで、最適なメニューを提供できるといいでしょう。

お客様にお店までの行き方は、よく質問されることが予想できますので、周辺環境についてきちんと説明でき、駅やバス乗り場への誘導も、案内できるのが大事です。

ビジネス成功の道しるべ!商圏分析してみませんか?

税理士法人Bricks&UK」では、個人・法人を問わず無料商圏分析を承っております。

商圏分析ツールは多種多様にありますが、取集したデータを効果的に活用するには専門のスキルが要求されます。
Brickc&UKなら、分析ツールを使用したデータを読み解き、仮説構築や目的に応じた適切な分析など、高いツール活用スキルによる効果的な商圏分析をご提供可能です。

こんな方におすすめ!

ビジネス成功の道しるべ!商圏分析してみませんか?

サポートの流れ

STEP.1 分析に必要な情報をヒアリング

住所(新店の候補地)や商圏の広さなど、分析を行うのに必要な情報を確認いたします。

STEP.2 商圏分析の実施

弊社にて担当者が商圏分析を行います。

STEP.3 分析結果のご報告

担当者が商圏分析の結果をご報告させていただきます。さらに結果を踏まえて、アドバイスやご相談も承っております。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談する!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

『飲食店開業必勝ガイド』無料配布中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
飲食店開業必勝ガイド 無料配布中!

夢実現に向けて意気込んだはいいけど、飲食店を開業するとなると、準備すべきことや申請するものがありすぎて、正直「何から手をつければいいの?」という方も多いはず。
そんな方のために、飲食店開業までの流れをまとめた「飲食店開業必勝ガイド」を無料配布しております。
オープンまでの流れがこの1冊で把握できます!

飲食店オーナーに!!!おれはなるっ!!!!

そんなあなたにぜひ手にとっていただきたい!
メールフォームからお気軽にお申し込みくださいませ。


ダウンロードはこちらから