採用が変わる?人事業務を効率化するHRテック(HR Tech)

採用が変わる?人事業務を効率化するHRテック(HR Tech)
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

HRテックとは何か?採用のおける活用方法について解説

近年、急速に注目を集めつつある「HRテック(HR Tech)」とは、どのようなものなのかご存知でしょうか?
IT技術と人材サービスを融合させたもので、現在、多くの企業がHRテックサービスの導入を進めています。

今回は、HRテックが採用や人事業務においてどのように役立つのか、導入の際の注意点などについて解説します。

HRテックとは何か

HRテックは「Human Resources Technology」の略。
「Human Resources」は人事を意味し、それに技術を意味する「Technology」を組み合わせた造語です。
つまり、人事の仕事にテクノロジーを活用する動きということです。

なぜHRテックの需要が高まっているのか

HRテックの需要は今に始まったものではなく、何年も前から積極的に導入している企業はあります。
しかし、年々転職など人材の流動性が上がっていて、人事管理が複雑になっています。
年功序列や終身雇用が定着している企業は、ある意味、人事管理は形式通りで楽です。
反面、人材の流動性が上がって、人事制度が複雑になると途端に管理が難しくなります。
また、単純にIT技術の進歩により、人事のIT化が進んだという背景もあります。

このような背景があったのですが、さらにHRテックを後押しする社会現象が起こりました。
多くの方がご存じの通り、新型コロナウイルスの蔓延です。
コロナの影響でリモートワークが一気に進みましたが、エンジニア、営業、経理、などなど複数の業種がリモートワークに対応しています。
同様に人事担当者のリモートワーク化も進んでいて、今も人材管理のためのツールの開発が進んでいます。

HRテックの主力ツール

HRテックに使われるツールには複数の種類があります。
具体的なツールは数が多いのですが、大枠では10種類以内には分別できるでしょう。
そこで、具体的にどのような種類のツールがあるのかご紹介します。

人工知能

人工知能は、IT技術全般の中でもっとも注目されている技術と言っても過言ではないでしょう。
当然、HRテックでも人工知能は導入されていて、今後より発展していくことが予想されます。

ビッグデータ

ビッグデータは人工知能と並ぶ今注目度の高い技術で、HRテックとの相性が良いとされます。
なぜならHRテックは人材の個人情報データを管理、分析するのが主な用途だからです。

ビッグデータによって個人情報を整理整頓できることはもちろん、分析にも役立ちます。
具体的には、たとえば個人情報を収集し、そこから活躍や離職率などを割り出すことも可能です。
分析手法の中心は統計なのでもちろん100%的中するわけではありませんが、人材を見抜ける確率は高まるでしょう。

少なくとも、人事が主観だけで判断するよりは精度が上がると考えられます。
よりビッグデータ技術が進歩していけば、人事の数自体少なく済み、人間が人材を判断することはどんどん減っていくでしょう。
人の判断が減れば、社内政治、無駄な接待、など本業と関係ない作業は減っていくと予測されます。

ソーシャルネットワーク

いわゆるSNSです。
SNSと言えばツイッターやインスタグラムがありますが、これらにくわえ、チャットワークやSlackなどのチャットアプリも、ソーシャルネットワークに含めています。
これらソーシャルネットワークを活用することで、リモートでも人材と交流することが可能です。

他には、SNSを見ることで個人の性格などを把握することも、ある程度は可能です。
実際、人事が新たに採用する人材を、SNSでリサーチするケースは多いようです。
そこで明らかな問題が発覚すれば、採用を取り消すこともあります。

今後技術が進んで、匿名でも個人を特定できるようになれば、よりSNSで人材を採用したり、逆に不採用にするケースは増えていくでしょう。

クラウド

クラウド技術はすでに定番となっていて、HRテックに活用されることも増えました。
クラウド技術を簡単に説明すると、サーバー上に仮想のサーバーを作る技術です。
例えばインターネット上の情報も、会社で管理している情報も、どこかのサーバー上にあります。
(個々のパソコンの中にある情報を除く)

クラウド技術を活用すると、物理サーバーの上にあたかも別のサーバーがあるかのような構造にすることができます。
そうすることで、セキュリティを確保した上で外部からアクセスしやすい、仮想サーバーで分離することで他人にレンタルしやすい、といったメリットがあります。

モバイル技術

モバイル技術といっても幅広いですが、主にSNS、チャットアプリ、動画通話のツールなどが充実してきています。
一昔前なら考えられなかったことですが、スマホで採用面接が行われるケースも増えています。

パソコンでの動画通話で面接することは、数年前から一般的になっていましたが、今はスマホに対応している企業も多いです。
若者のパソコン離れが進んでいるため、今後もよりスマホでの動画面接が一般的になっていくと考えられます。

HRテックの活用方法

HRテックは、導入すれば確実に成果が出るというものではありません。
課題に対する解決策になっていないと、ツールに振り回されてかえって時間と労力を浪費するだけに終わるでしょう。
では、具体的に何が必要なのかを解説します。

課題と解決策の洗い出し

HRテックの導入を検討する際、まずは今どのような業務に時間や労力がかかっているのか、何をシステム化できるのかなどを考えます。
ツールの把握とは並行して行うべきですが、どのようなツールが存在するのかはなんとなくご存じの方が多いでしょう。
そのため、課題と解決策を絞り込めば、自ずと導入すべきツールが見えてきます。

例えばメールのやり取りが面倒、無駄な会議に時間がかかっている、人事データを何にも活用できていない、人事評価の方向性が定まらない、などの問題はHRテックで解決しやすいです。
データ活用以外だと、基本的には業務効率化の観点で考えた方が良いでしょう

今後、人工知能やビッグデータの技術がより進歩すれば変わってきますが、現状は業務効率化がツール導入の理由です。

リモート化のためのツールは必須

HRテックの目的は業務効率化やデータの積極活用ですが、今はそれよりもリモート化が急務でしょう。
どの程度リモート化が進んでいるかは企業によって異なりますが、傾向としては、優良な企業ほどリモート化が進んでいると言えるでしょう。

もちろん業種によってはリモート化が難しく、またあえてリモート化を推進していない企業もあるかもしれません。
しかし、まだコロナが終息する気配はなく、仮にコロナが終息してもリモート化が終わるわけではありません。
今回のコロナはある意味社会の転換期で、コロナが終息したからといってコロナ以前の社会には戻らないということです。
そう考えると、短期的なことだけでなく、長期的な視点からもリモート化のためのツールは積極的に導入すべきでしょう。

今はHRテックをリモート化のためのIT活用と捉えている企業も多いはずです。
試行錯誤しつつリモート化のためのツールを導入していくことで、今後の社会に対応した企業になります。

まとめ

採用が変わる?人事業務を効率化するHRテック(HR Tech)

HRテックは人事をテクノロジーで効率化し、同時に生産的にしていくための概念です。
人の採用や人事管理には時間、労力、お金がかかり、ITツールで効率化できるならそれに越したことはありません。

また人間が人間を評価するとどうしても判断ミスが生じます。
ビッグデータや人工知能を活用して機械的に人材を判断することで、より優良な人材を確保できるようになります。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント