成功の分岐点】起業アイデアを評価する4つの基準

【成功の分岐点】起業アイデアを評価する4つの基準
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

自分で考えた起業アイデアを評価するには

起業を目指している方の中には、「これぞ!」という起業アイデアを思い付いた、でもこのアイデアが本当に良いものなのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?
自分では自信はあるけれど、具体的な根拠がなく、実際に起業するなら、成功するための明確な根拠が欲しい、とお考えの方もいるでしょう。

今の時代、誰にでも起業のチャンスがあり、このアイデアでひと山当てたい、なんて思ったことのある人はかなり多いはずです。
しかしながら、そのアイデアが本当に実現可能なのか、サラリーマンを辞めてまで取り組んで自分の将来は大丈夫なのか、などと考えて二の足を踏んだ結果、結局行動に移せず、時間だけが過ぎてしまった…という失敗談もよく聞く話です。

ただし、やみくもに行動すれば正解というわけでなく、実際、見切り発車で会社を辞めて起業したけれど、後からかなり後悔する結果になった、という例も数多いです。
失敗は成功の元、苦労は買ってでもしろ、という意見もあるかもしれませんが、なるべくなら失敗よりも成功した方が良いですし、苦労するなら前向きな苦労の方が良いでしょう。
最悪の場合、取り返しの付かないことにもなりかねません。
そこでこのページでは、自分の考えた企業の起業アイデアが、本当に実現可能なものなのか、成功の可能性は高いのか、といったことを判断する基準について解説します。

起業アイデアの評価基準

【成功の分岐点】起業アイデアを評価する4つの基準

それでは具体的に、起業アイデアを評価するための基準について紹介していきます。

基準.1 そもそも需要はあるのか

まず大前提として、需要がないと物もサービスも売れません
これから需要を作り出していく、というケースも想定できますが、その場合も潜在的な需要がないと売れません。
マニアックなジャンルで起業して、ターゲットを絞り込む方法もありますが、需要が少ない市場で成功するのは難易度が高いです。
そのため基本的には、ある程度需要の大きいジャンルで参入するのが、成功への近道と言えるでしょう。

基準.2 競合がどのくらい存在するか

需要の大きい市場であっても、競合が強いとそこで成功するのは難しいです。
基本的に需要の大きい市場ほど、目を付ける個人や法人が多いため、競合の数も多くなり、強敵も存在することになります。
そのため、市場の需要と競合の数は比例することになります。
考え方としては、なるべく市場が大きく需要があり、なおかつ競合の少ないところを狙っていくことになるでしょう。

ニッチになりすぎない程度に横ずらしする、なとは鉄板の考え方です。
既存のアイデア同士を組み合わせて、ありそうでなかったものを考える、微妙にアレンジを加えてオリジナリティを出す、などです。

アイデアが突飛すぎるとニッチになりすぎるだけでなく、顧客が抵抗感を持つ、もしくは興味を示さない可能性があります。
アイデアは斬新であるほど良いというわけではなく、既存の物を活かしつつ、少しだけ斬新なアイデアを付け加える、という考え方が基本です。

基準.3 ターゲットが明確化されているか

自分の考えたサービスの対象は誰なのか、を具体的に絞り込む必要があります。
もちろんなるべく幅広い人に売れた方が良いですし、結果的に想定しているターゲット層から外れたところでヒットする可能性もあります。
しかし、それはあくまでも結果論であって、起業アイデアをより具体的なものにしていく段階では、ターゲットの絞り込みが必須です。
わかりやすい例が、コンサルティングビジネスなどですが、「誰でも、何でも相談に乗ります」だとターゲットがぼやけてしまい、特に具体的な悩みを持っている人は相談しにくくなります。

基本的には、企業のシステム導入のコンサルティング、若者の恋愛に関するコンサルティング、家計の資産運用のためのコンサルティング、などターゲットを明確化し、特定のターゲット層に対して強くアプローチしていくことになります

誰でも何でも相談は、一見するとターゲットを広げられて良いようにも思えますが、逆に言えば、誰にも強くアピールすることができません。
結局、恋愛の相談をしたい人は、それ専門のコンサルタントに相談しますし、資産運用の相談をしたい人は、資産運用専門のコンサルタントに相談するものです。

基準.4 コストがどのくらいかかるのか

特に起業初期段階では、コストというのはリスクです。
もともと資金力がある人は別に良いのですが、そうでないならなるべくコストは抑え、リスクのない形で起業するのがベストでしょう。

成功するに越したことはありませんが、当然失敗する可能性もあり、むしろ失敗する、失敗を経て成功していく、というケースが一般的です。
利益が出ない状態で、費用だけが膨らむと再挑戦もできなくなるので、低コストでできる起業の方が好ましいでしょう。
ただし起業内容によっては、コストを避けられない場合もあるので、絶対に低コストでないといけない、というわけではありません。

他にも、市場の成長率などの観点がありますが、重要なのはリスクとリターンの比較です。
かけたお金や労力に対して、なるべくリターンの高い市場を狙うことと、失敗した場合に困窮してしまうような市場を選ばないことです。
そうすれば、仮に失敗しても成功するまで、何度でもチャレンジすることが可能になります。

まとめ

【成功の分岐点】起業アイデアを評価する4つの基準

まとめると起業アイデアを評価する方法は以下です。

  • そもそも需要はあるのか
  • 競合がどのくらい存在するか
  • ターゲットが明確化されているか
  • コストがどのくらいかかるのか

アイデア出しの段階では少々現実性がなかったり、突拍子もないものであっても問題ありません。
しかしそれを形にできるかどうかを判断するためには、現実的な視点が必要なので、上記のような基準で起業アイデアを評価します。