飲食店の内装工事はいくらかかる?
業種ごとの相場を解説

飲食店の内装工事はいくらかかる?業種ごとの相場を解説
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

飲食店開業!内装費にいくらかけて良い

飲食店を開業するのに内装費はどのくらいかかるのか、飲食店の種類、建物の種類、内装費の内訳などについて解説していきます。

全体の費用のイメージ

詳細な内訳は後ほどご紹介しますが、非常にざっくりとした費用相場は以下のようになります。

【内装費】

  • デザイン設計:35万円〜70万円
  • 設計管理:25万円〜50万円
  • 内装工事:50万円〜150万円
  • 厨房工事:30万円〜300万円

建物の状態や、開業する飲食店の種類によっても大幅に費用は変わってくるのですが、それも踏まえた上での大まかな相場は上記のようになります。

まずデザイン設計や設計管理については、どのような設計、管理を行うかというよりは業者による価格差が大きいです。

厨房工事と内装工事は建物や設備に比例しますが、デザインと管理はそうではないということです。
ある種のコンサル料のような部分も含まれていて、例えばファッションブランドなどでも、著名なデザイナーにデザインを依頼すると料金が高くなるのと同じことです。

ちなみに後ほど坪単価の費用をご紹介しますが、紹介する内装費は上記のデザイン設計、設備管理、内装工事、厨房工事をすべて含んだ数字になります。
これらの数字をすべて足して、坪で割った数字が坪単価ということになります。
内装費という用語には、デザインや管理の費用も含まれているのでその点は把握しておいてください。

ちなみに他サイトではこの説明がない場合も多いですが、だいたいデザインや管理も含んだ坪単価になっていると思います。

スケルトンと居抜きの違い

飲食店の内装費の相場を把握するにあたって、まず最初にスケルトンと居抜きの違いを把握することが重要です。

様々なサイトで情報を見ていると、スケルトンと居抜きの話に触れずに費用相場を紹介している場合がありますが、この場合はおそらくスケルトンの費用相場が書かれています。

まずスケルトンとは、建物を支える柱、床といった基本的な構造があるのみで、それ以外のものがまだ何もない状態の物件を指します。
居抜きとは、一通りの設備などが残った状態の物件を指します。

居抜きの場合は、前に物件を使用していたテナントの設備が残っているので、そのまま利用することも可能です。
ただし多くの場合、完全にそのまま使うには劣化しているので、居抜き物件にもともとあった設備をメンテナスや改良して使うことが多いようです。
相場としては、やはりスケルトンの方が全て用意する分高くなります。

業種ごとの内装費の相場

内装費にかかるお金は業種によって異なります。
ここで言う業種とは、一言に飲食店といっても複数のジャンルがあるということです。

居抜きの場合の内装費の相場

まずは多少費用を抑えられる、居抜きの場合の各業種の内装費費用相場をご紹介します。

【坪単価】

  • カフェ:15万円~25万円程度
  • レストラン:25万円~40万円程度
  • 和食:35万円~50万円程度
  • 焼肉:50万円~100万円程度

上でも触れましたが、坪単価とは、1坪あたりということです。
つまり上記は、1坪あたりにかかる内装費を指しています。

この坪単価は厨房の設備やデザイン管理も含んでいるため、店内の面積が大きくなれば坪単価も下がることになります。
なぜなら大きさが変わっても、必要な厨房の設備はそれほど変わらないためです。
デザインや管理費用も広さに応じて急激に上がるわけではないため、結果的に店内が狭い方が坪単価は高くなります。

ただし、面積が狭い方が坪単価が上がるというだけで、トータルの費用が高くなるのは当然、面積が広い場合です。
あくまで広さに対する費用としては、面積が狭い方が高くなるという話です。
業種によって同じ飲食店でも内装費が異なるのですが、なんとなくイメージはできるかと思います。

まずカフェに関しては、それほど設備がいらないので費用が抑えられます。
思ったよりも安く内装を整えられるんだな、と思われた方も多いでしょう。

レストランは厨房設備にある程度お金がかかりますが、意外と他の部分にはそれほどお金がかかりません。
レストランの店舗をイメージするとわかりますが、悪く言えば殺風景、よく言えば簡素な空間であることが多いです。

次に和食は内装に高級感がある場合が多いため、内装の費用相場が高めになっています。
とはいえレストランと大幅に変わるというほどではないのですが、イメージ戦略として内装にこだわるケースが多いです。
ただし厨房の設備に特別費用がかかるというわけではなく、その点についてはレストランと同程度です。
和食だから特別な設備が必要ということではありません。

最後に焼き肉店はやはり費用がかかります。
もちろんデザインなどにお金がかかるのではなく、単純にダクト工事や無煙ロースターなどにお金がかかるということです。
ちなみにダクトとは空調や換気、排煙などを目的とした設備です。
主に気体が通る管を指します。
焼き肉店の場合、確実に煙が充満するので、ダクト設備には力を入れる必要があります。
無煙ロースターとは、なるべく煙を出さずに肉を焼くための設備です。
焼き肉店には当然必須の設備で、お金がかかります。

ちなみに、あまりケースとしては多くありませんが、たとえばある焼肉店が撤退してそのまま別の焼肉店がテナントに入るといったケースもあります。
この場合設備をそのまま使える割合が多くなるので、内装設備費を抑えることができます。

ただし焼肉店が撤退したのには理由があり、そこにまた同じように焼肉店を開業するという選択は一般的ではありません。
居抜きとはいえ、そのまま設備をほとんど使えるケースは少ないのではないでしょうか。

スケルトンの場合の内装費の相場

スケルトンの場合の内装費の相場は以下のようになります。

【坪単価】

  • カフェ:30万円〜50万円
  • レストラン:50万円〜70万円
  • 和食店:60万円〜80万円
  • 焼肉店:100万円〜150万円

やはりスケルトンの方が全ての設備を用意する分、費用相場が高くなります。

差が出る部分としては、厨房設備がもっとも顕著でしょう。
なぜなら、前のテナントも飲食店である場合が多く、厨房設備はそのまま使えることも多いからです。

内装については、スケルトンではなく居抜きでも結局大幅に変えるのでお金がかかることが多いでしょう。
デザインと管理は、スケルトンでも居抜きでも内装をゼロベースで作っていく場合が多いので、結局どちらでもかかってきます。
つまり厨房設備を使いまわせるという点では、居抜きの一番のメリットになる可能性が高いということです。

あとは難しい場合も多いですが、内壁などのデザインをそこまで変えない場合は居抜きの方がデザインや内装工事の費用も抑えられます。

まとめ

飲食店の内装工事はいくらかかる?業種ごとの相場を解説

飲食店の内装費には、デザイン設計、設計管理、厨房工事、内装工事、といったお金がかかります。
どのくらいかかるかはスケルトン、居抜き、飲食店の種類などによっても変わってきます。

合計としては、140万円~670万円くらい、といったところでしょう。
冒頭でご紹介した数字を合計しただけなので、かなりざっくりしています。
コストを最大限抑えたい場合は、居抜き物件を選択し、なるべく厨房や内装を変えない、デザイン、設計管理も安い業者を選択する、といった方法が考えられます。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「自分の店を持つ!」
ずっと抱いていた夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から憧れていた自分の店を持つという夢。

ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化を恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、店舗開業から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


独立開業の無料相談へ