節税にもなる?企業版ふるさと納税の注意点

節税にもなる?企業版ふるさと納税の注意点
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

「ふるさと納税」控除倍増、法人で行う際のポイント

2016年4月に「企業版ふるさと納税制度」が創設され、個人名義だけでなく、法人名義でふるさと納税を行うことが可能になりました。
個人と法人ではいくつかの違いがあり、たとえば税額控除の点で違いがあります。

個人の場合所得税と住民税が控除されますが、法人の場合は法人税、法人住民税、法人事業税が控除の対象です。
そして控除面でのメリットは実は法人の方が大きい場合が多く、なおかつ税制改正でより控除がお得になりそうです。

法人の場合は返礼品がない

個人のふるさと納税は返礼品をもらえますが、法人の場合は返礼品がありません。
基本事項として説明が省略されることが多いのですが、もしかするとご存じない方もいるかもしれません。
法人のふるさと納税では返礼品をもらえない、という点はあらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

法人がふるさと納税を行う目的

個人の場合、返礼品をもらいつつ地域に貢献する目的でふるさと納税を行います。
一部控除も適用されるので、複数のメリットがあります。
これに対し、法人は返礼品がもらえません。
ではなぜ法人はふるさと納税を行うのか?という疑問が出てくるでしょう。
結論としては、社会貢献活動に取り組んでいるというアピールをしつつ、税金の控除もあるからです。
控除については後述しますが、返礼品がない分個人よりも法人の方が控除が大きい傾向にあります。

法人のふるさと納税は地方創生応援税制

ふるさと納税は個人向けの名称で、法人版のふるさと納税の正式名称は地方創生応援税制と言います。
とはいえ、ふるさと納税という呼び方が間違いというわけではありません。
また法人と個人ではふるさと納税の手順が異なり、ひとことで言えば法人の方が手間がかかります。
詳細は割愛しますが、国が認定した地方創生事業に対する寄附だけが控除の対象となるため、その確認作業や、認定作業が必要になるのです。
他にも、法人の場合1回あたりの寄付金が10万円以上でなければならない、などの違いがあります。

寄付額の最大3割が差し引かれる

基本的に、法人がふるさと納税した場合、法人税、法人住民税、法人事業税から最大で3割が差し引かれる仕組みです。
つまり、ふるさと納税で寄附した金額の3割が控除されるということです。
個人の場合、所得税の控除額は「(ふるさと納税額-2,000円)×所得税の税率」です。
所得税は累進課税なので所得によって税率は変わってきますが、税率が3割を超えるのは高所得者です。
結果的に、多くの場合法人の方が控除がお得になります。

損金算入と合わせて最大6割控除

法人がふるさと納税した場合、控除額は3割が上限ですが、別の損金算入の仕組みがあり、合計で最大6割の控除を受けられます。
さらに控除額が引き上げらたので、さらに控除がお得になります。

改正により控除額を6割まで引き上げ

従来、ふるさと納税の控除の上限は3割ですが、2020年度(令和2年度)の税制改正により、6割に引き上げとなります。
現行の損金算入と合わせると結果的に最大9割控除されます。
(残念ながらそもそも制度が十分に活用されていないという指摘もあります)

認定手続きも緩和の予定

現行制度では、寄付先の事業が国の認定を受けているかどうかなど、確認し、手続きをしてからふるさと納税を行う仕組みになっています。
手続きを踏まずにふるさと納税を行うことも可能ですが、そうすると控除額が減ってしまいます。
こういった制度の煩雑さから寄付金額が減っているという指摘があり、認定手続き緩和の方向に政府は動いています。

まとめ

節税にもなる?企業版ふるさと納税の注意点

地方創生応援税制は、控除を受けつつ社会貢献をアピールできる仕組みですが、現状はメリットよりも、単純にお金がかかるというデメリットの方が際立ってしまっています。

今後、より地方創生応援税制を推し進めるためには、控除額を大きくする必要があるということで政府は動いています。
ふるさと納税を検討している法人にとって、今後の動向は見ておいた方が良いでしょう。

経営失敗に陥らないために!
正しい税理士の選び方ご存知ですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
  • 業務を依頼すると、どのくらいの料金がかかる?
  • 日々の記帳や事務処理をもっと効率化したい!
  • 税務調査の対応ってどうしたらいい?
  • 今の税理士と付き合いを続けて問題ないのか?
  • 事業計画作成のアドバイスが欲しい!
  • 就業規則の作成など、社会保険労務士に相談したいこともある!
約1,700社の顧問契約を持つ総合事務所だからできる!開業・会社設立から事業運営までをトータルで全力サポート

税理士法人を母体とした総合事務所であるBricks&UKは、税理士法人・保険労務士法人・提携の司法書士法人・マーケティング事業など、多岐に渡る総合的なサービスをご用意。
約1,700社の顧問契約数を持ち、会計・経営を中心としたサポートサービスをご提供させていただいています。

Bricks&UKグループは、東京(日本橋、品川)・名古屋・四日市・タイまで国内外5か所に拠点をもつ大型税理士法人です

いつでも無料でご相談いただけます

会社設立からお手伝いさせていただき、経営が軌道に乗るまでコンサルティングしたクライアントも多数。
その経験を活かし、御社の事業経営も全力でサポートさせていただきます。

日本政策金融公庫様による独自融資相談会を随時開催しているのもBricks&UKの特徴。日本政策金融公庫の融資担当者様が、あなたの相談を親身になってお伺いいたします。

事業計画の作成時に大切なマーケティング。
具体案が不明な場合はBricks&UKのマーケティングチームが、あなたの会社のマーケティング戦略をサポートいたします。 WHO(誰に)、WHAT(何を)、HOW(どうやって)などの基本的な視点から、あなたの事業の戦略策定をお手伝いいたします。

名古屋事務所サポートメンバーの石川です! あなたの夢についてお聞かせください!

税理士の存在が大きくなるのは、やはり決算期でしょう。決算直前になって、慌てて税理士事務所へ相談する経営者の方もいますが、それでは遅すぎます。
税理士は、企業の会計を一括して把握することのできるポジションであり、 そこから綿密な経営のアドバイスや、月次収支の処理を行いますので、決算期に駆け込んでも対応できないことがほとんどです。
ですので、税理士選びや税務相談はなるべく早めに、を心掛けてください。

税理業務のご依頼や税理士の見直しなど、お気軽にご相談くださいませ。 内容を確認後、弊社のサポートスタッフがご連絡させていただきます。


無料相談はこちらから