ベンチャー企業ってどんな企業?定義はあるの?

ベンチャー企業ってどんな企業?定義はあるの?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ベンチャー企業とは、実際なんのこと?

ベンチャー企業」というワードはいろいろなところで耳にする、多くの方にとって聞きなれたワードではないでしょうか。
過去には、9o年代後半から2000年初頭にかけて起こった「ITバブル」のさなかに、楽天やライブドアなど「ITベンチャー」と呼ばれる企業が興隆したのを記憶している方は多いと思います。
では、ベンチャー企業ってなに?と問われると、おそらく明確な答えを出すのは難しいはずです。

なんとなく新しい企業、従業員数の少ない企業、尖ったサービスを作っている新進気鋭の企業、といったイメージはあるものの、それらも明確な答えではないような感じもします。
そこで今回は、ベンチャー企業とはなにか、ベンチャー企業と混同される他のワードとはどう違うのか、などについて解説していきます。

ベンチャー企業とは

実は、ベンチャー企業の明確な定義というものは存在しません。
なので、誰もベンチャー企業について、明確に説明できないのは当たり前なのです。
とはいえ、大まかな特徴と言えるものはあります。
具体的には以下のような要素が挙げられるでしょう。

  • 独自のアイデアを持っている
  • 独自の技術を持っている
  • 新しいビジネス・サービスを展開している
  • 成長過程にある
  • 投資機関から期待されて資金援助を受けている場合もある
  • 規模は小規模から中規模が多い

以上のような特徴を持っている企業は、ベンチャー企業に該当すると言えます。
比較的、小規模な組織ながら、創造的な分野や革新的な技術を活用して事業展開している成長段階の企業を指す、という認識で問題ないと思われます。

ただ、定義が明確でない分、単に歴史が浅くて規模が小さいというだけでベンチャー企業を名乗っているようなケースもあるでしょう。
しかし、本当のベンチャー企業という意味では、ある程度独自の路線で成長していることが求められるかと思います。

ベンチャー企業とよく似た企業分類

ベンチャー企業とよく似た意味合いで使われる用語がいくつかあります。

  • 中小企業
  • スタートアップ
  • 社内ベンチャー
  • 零細企業

なんとなく違いはわかるかもしれませんが、それぞれご紹介していきます。

中小企業

中小企業は企業の規模を指す用語で、具体的な定義が法律で決められています。
具体的な定義は業界により異なっていて、製造業、卸売業、小売業、サービス業でそれぞれ条件が設けられています。

【製造業、その他】

資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社または、常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人。

【卸売業】

資本金の額または出資の総額が1億円以下の会社または、常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人。

【小売業】

資本金の額または出資の総額が5千万円以下の会社または、常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人。

【サービス業】

資本金の額または出資の総額が5千万円以下の会社または、常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人。

以上のように、業種ごとに資本金や従業員数の条件が定められています。
ベンチャー企業は定義のない曖昧な用語であるのに対し、中小企業は法律で定められた用語です。
たとえば特定の企業がベンチャー企業なのか中小企業なのか、といったケースでは多くの場合、ベンチャー企業と言うこともでき、中小企業の定義には該当している、といった状態でしょう。

スタートアップ

スタートアップもベンチャー企業同様、明確な定義の定められた用語ではありません。
当然、法律で何か条件が決まっているわけでもないです。
そのためあくまでもイメージなのですが、スタートアップはより新規のビジネスという点が重要です。
ベンチャー企業は起業後ある程度軌道に乗って、成長している状態を指す場合が多いです。

これに対して、スタートアップはまだ軌道に乗っておらず、これから成功していく過程の状態になります。
つまりスタートアップが成長して、軌道に乗ってくればベンチャー企業になり、そこからさらに成長していくという流れです。
どこまでがスタートアップで、どこからがベンチャー企業という明確な線引きはなくて、またスタートアップのベンチャー企業、のような言い回しも見かけます。
スタートアップにしてもベンチャー企業にしても、明確な定義があるわけではない分、用途にはかなり幅があると言えます。

社内ベンチャー

社内ベンチャーは、ベンチャー企業から派生してできた用語です。
そのためベンチャー企業同様、法律などで定義が決まっているわけではありません。

では社内ベンチャーとは何かですが、これは企業の中の一部門をベンチャーとして立ち上げたものです。
子会社や系列会社として独立させるという意味ではなく、あくまでも社内の一プロジェクト、もしくは部門のイメージになります。
社内ベンチャーは、基本的に社内でそのように呼んでいるケースが多いものです。

零細企業(小規模企業)

零細企業についても、法律で定められた用語ではありません。
ただし、同じ意味の小規模企業は法律で定められた用語です。
小規模企業は以下の定義になります。

業種従業員数
卸売業、小売業、サービス業従業員5人以下
製造業、建設業、運輸業、その他従業員20人以下

以上のように中小企業よりも、さらに従業員の数が少ない企業となります。
ただし資本金の条件はありません。

つまり、中小企業にも小規模企業にも該当する、中小企業にのみ該当する、小規模企業にのみ該当する、といったケースがあります。
小規模企業にのみ該当するケースは、イメージしにくいかもしれませんが、資本金が多く、従業員が少ないと中小企業の定義には該当しないが、小規模企業の定義には該当する、という状況になります。

ベンチャー企業を取り巻く現状

ベンチャー企業の定義などについては上記の通りですが、実際のところベンチャー企業はどのような状況なのでしょうか。
現在では、あまり議論されることもなくなりつつありますが、10年ほど前には大手企業に就職と、ベンチャー企業に就職ではどちらがいいのか、といった議論は頻繁に交わされていました。

またベンチャー企業は、大手企業よりもチャレンジできる機会が多い、起業に結び付きやすい、安定性は低い、やりがいはある、などいろいろなことが言われています。
傾向としては世間のイメージ通りでしょう。
しかし、ひとことにベンチャー企業と言っても、個々の企業の状況は様々です。

また大手企業も、絶対安泰というわけではなく、業界トップレベルの大企業が経営破綻することも、近年では決して珍しいことではなくなっています。
当然、今後も伸びる企業もあれば、衰退していく企業もあるでしょう。

つまり新卒も転職も、大手かベンチャーかではなく個々の企業を見る必要があるということです。
今や、企業規模だけを比較してもあまり意味はありません。
それよりも、会社の成長性、入社したら自分自身がどのようなスキルを得られるのか、待遇はどうか、などを個々に見ていった方が現実的です。

まとめ

ベンチャー企業ってどんな企業?定義はあるの?

ベンチャー企業という用語には、明確な定義があるわけではありませんが、ある程度、決まった特徴はあるということでした。
特に比較的新しく、なおかつ伸びている、独自のサービスを押し出している、といった点は重要でしょう。

ベンチャー企業と言っても企業によって実態は様々なので、就職や転職で企業をリサーチする場合、個別に見ていく必要があります。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント