資金調達先として「信用金庫」を検討してみる

「信用金庫」を検討してみる
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

起業したばかりなら信用金庫で借りるのも有効

資金調達には幾つかの方法があり、その1つに信用金庫の融資があります。
信用金庫は起業したばかりなら強い味方になってくれるでしょう。
一般的に、大手銀行から融資を受けるのはかなり高いハードルを超えなければなりません。
大手企業が主な取引先ですから、起業したばかりだと融資を受けるのは難しいのです。
しかし、信用金庫なら受けられる可能性があります。
その理由やメリットについて解説します。

信用金庫とは?

「信用金庫」を検討してみる

一般的な銀行と信用金庫は取引先から違います。
信用金庫は地域に密着した企業を中心とした運営です。
目的は地域繁栄と相互協力関係のため、中小企業や個人事業主などの個人が主な取引先となります。
営業するエリアも「信用金庫がある地域」と限定されており、預金も地域活性化を目的として使われるのも特徴です。
また、相互扶助という観点から、本格的な融資を受けるには会員にもならなければなりません。
一方の銀行は株式会社で目的は利益のためです。そのため、取引先は大企業が中心となります。
目指す先も国民全体の発展ですから、この点も信用金庫と大きく違っているのです。
銀行は起業したばかりの企業や中小企業、個人事業主が銀行に融資を頼んでもまず聞き入れてもらえません。
しかし信用金庫なら、こうした背景から融資してもらえる可能性が高いと言えます。

信用金庫の法人向け融資

  • 一般融資
  • 制度融資
  • 代理貸付

法人を対象にした融資は主に3つです。
一般融資、制度融資、代理貸付ですが、それぞれに特徴があります。

一般融資は、中小企業を対象に、長期、短期的な融資です。
制度融資は、信用金庫と地方公共団体、信用保証協会が協力して行う融資。
代理貸付は、信用金庫が、事業団体や公庫の代理人として、政府資金の長期融資を行います。

通常は信用金庫の会員にならないと融資を受けられませんが、700万円以内の融資だと利用できる場合もあるため、必要な場合は信用金庫に相談するとよいでしょう。

信用金庫から借りるための条件

融資を受けるには、条件を満たす必要があります。
地域扶助に基づき運営されているためで、例えば無条件に融資が可能になると、全国から大口融資の希望者が集まる可能性もあるでしょう。
そうなると、地域の発展というそもそもの目的から外れます。

信用金庫から融資を受けるための条件ですが「信用金庫の営業地域に居住」「信用金庫の営業地域に勤務」「信用金庫の営業地域に事業所を持っている」ことが基本条件です。
事業者だと「従業員数が300人以下」「資本金が9億円以下」という条件を満たさなければなりません。
この条件を満たした上で信用金庫に出資を行い、会員となれば融資を受けることができます。

また、反社会勢力に該当する自身や第三者に依頼をして、暴力的に自分の要求を満たそうとした場合も会員にはなれず、なっていても除名になるため注意が必要です。

条件を満たさなくなると卒業生となり融資を受けられない

企業が成長して条件を満たさなくなると、融資を受けることができなくなります。
信用金庫が融資をする対象は、主に個人と中小企業が理由です。例えば、従業員が300人以上になると、融資を受けることはできません。

なお成長して条件から外れると「卒業生」となります。
ただ、卒業生になると、卒業生を対象にした融資制度があるため、絶対的に融資を受けられないわけでもありません。
卒業生を対象とした融資も、いざというとき心強いでしょう。

信用金庫の会員になるには出資金も必要

信用金庫の融資を受けるには、条件を満たすことと同時に、出資金を支払い会員になる必要があります。
その場合、10,000円以上の出資金を支払わなければなりません。
出資金を出し会員にならなければならない理由は相互扶助が理由です。

出資金を出して会員になることで、信用金庫を支える助けとなります。
同時に相互扶助という信用金庫の経営方針に同意したとみなされるのです。
また、出資金は株式会社でいうところの株式と同じですが、特徴は異なります。
例えば、株式とは異なり自由な売買は認められていません。
ただし、配当金の支払いはあります。

信用してもらうことが大切

一般的な銀行より、信用金庫は起業したばかりの人から中小企業まで心強い味方です。
地域密着と地方の繁栄が目的で設立されているため、成功を目指すための資金調達ではお世話になることも多くなります。

ただ、信用金庫も利益がなければ運営が立ち行かなくなるため、希望通りの融資を簡単にしてくれるわけではありません。
銀行より審査はゆるいですが、経営リスク、将来的な成長の見込み、融資希望者がどのような人か、経営計画まできちんとチェックしています。
問題があれば、融資を受けられないことも考えおく必要があるでしょう。

まとめ・起業したばかりの資金調達はまず信用金庫へ

「信用金庫」を検討してみる

起業したばかりだと資金調達で困ることも多くなります。
「大手銀行は融資してくれない」「助成金などもすでに利用した」「民間の金融会社は金利が高くて怖い」というのであれば、信用金庫を検討したほうがよいでしょう。
信用金庫は起業したばかりの時期から、中小企業、会社が成長して大手になっても安心して付き合いができます。
融資を受けるための条件についても、ハードルは低いですし、出資金も大きくありません。
そのため資金調達では、まず信用金庫に相談することをおすすめします。