事業主のための厚労省助成金を活用しよう!

厚労省助成金を活用しよう
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

厚生労働省の助成金とは?

助成金とは、一定の要件を満たすことで、厚生労働省から支給されるお金のことです。
新しく人を雇う時などに受給できるものが多いので、起業時や起業から比較的早い段階で申請できるものもあります。
助成金は融資とは異なり、返済の必要がないというのが大きなメリットです。
助成金を受け取るために満たすべき要件というのは、各助成金によって異なりますが、雇用促進や人材開発、業務改善のための要件をクリアしなくてはいけません。
これらの要件を満たすために、社内の労働環境の整備をすすめると、それにより従業員の能力も向上し、従業員の満足度もモチベーションも上がり、安定的な人材確保が可能になります。
つまり、結果的に事業主にとってのメリットがたくさん付いてくるのです。ただ、助成金の支給時期には注意しておきましょう。
助成金は、申請すればすぐにもらえるというものではありません。
たいていの場合、申請して、目的のためにお金を使った後で支給決定通知が出され、ようやく支給されるというのが一般的なのです。

厚生労働省の助成金の種類

厚労省助成金を活用しよう

厚生労働省の助成金にはたくさんの種類がありますが、その中で、事業主のために用意されている助成金は、大きく分けると、「雇用関係助成金」と「労働条件等関係助成金」の2つに分かれます。
また、さらにそれぞれの助成金の中でいくつものコースに分かれているものがほとんどですので、実際には何十種類もの助成金が存在します。

事業主のための雇用関係助成金

雇用関係助成金は、事業主が行う雇用促進や人材開発などに対して助成されるお金です。
以下のような種類の助成金があります。

  • 雇用調整助成金
  • 労働移動支援助成金
  • 中途採用等支援助成金
  • トライアル雇用助成金
  • 特定求職者雇用開発助成金
  • 地域雇用開発助成金
  • 障害者雇用安定助成金
  • 人材確保等支援助成金
  • 通年雇用助成金
  • 65歳超雇用推進助成金
  • キャリアアップ助成金
  • 両立支援等助成金
  • 人材開発支援助成金

労働条件等関係助成金

労働条件等関係助成金は、中小企業が行う職場環境の改善や生産性向上に向けた取り組みを助成するお金です。

  • 業務改善助成金
  • 時間外労働等改善助成金
  • 受動喫煙防止対策助成金
  • 産業保健関係助成金
  • 中小企業退職金共済制度に係る新規加入等掛金助成

起業時に申請する助成金の例

厚労省助成金を活用しよう

このように、厚生労働省管轄の助成金にはさまざまな種類があります。
その中で、起業時または起業から比較的早い段階で申請できる助成金としては、例えば次のようなものがあります。

中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)

中途採用等支援助成金のひとつである、生涯現役起業支援コースは、中高年齢者(40歳以上)が、起業によって自分の就業機会を創出し、その事業運営に必要な労働者を雇い入れるために行った募集や採用、教育訓練などに対して支給される助成金です。

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)は、同意雇用開発促進地域、過疎等雇用改善地域または特定有人国境離島地域などでの、事業所の設置や整備、創業に伴い、地域求職者等の雇い入れを行った事業主に対して支給される助成金です。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

契約社員やアルバイト、派遣社員等の非正規雇用労働者を正社員登用するなどして、正規雇用労働者に転換または直接雇用した事業主に対して支給される助成金です。

まとめ

厚労省助成金を活用しよう

ここでは、厚生労働省管轄の助成金についてご紹介しました。
助成金は、一定の要件を満たした事業主に対して、厚生労働省から支給されるもので、返済する必要のないお金です。
そのため、起業時や起業から間もない事業主にとっても、頼りになる存在だといえます。
助成金の支給要件を満たすことで、従業員にとっても会社にとっても多くのメリットがありますので、ぜひ本記事を参考にしていただき、事業に助成金をお役立てください。