クラウドファンディングで資金調達!メリット・デメリットなど

クラウドファンディングで資金調達!メリット・デメリットなど
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

クラウドファンディングは、どんな時に有効か?

クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から資金調達する仕組みのことです。
自治体の補助金や金融機関からの融資は、昔からある資金調達手段ですが、これらに対してクラウドファンディングは新しい資金調達手段として、近年注目されています。

クラウドファンディングの目的

クラウドファンディングの目的は、金融機関からの融資とだいたい同じと考えて差し支えないでしょう。
具体的には、個人や法人のサービス提供、事業拡大等のための資金調達です。
クラウドファンディングで出資を募る側は、融資の代替的な手段と取られているケースが多いです。
融資は金融機関からの調査などが厳しいですが、クラウドファンディングの場合は多くの人が共感し、出資したいと思ってもらえれば資金が集まります。

人々の注目を集めて共感してもらうのは簡単なことではありませんが、まだ実績がない場合などは、金融機関から融資を受けるよりは可能性があります。
また基本的にインターネット上で完結するという点も大きなメリットでしょう。事業を開始した頃や事業を拡大させるフェーズでは業務に追われて忙しいことが多いです。
金融機関から融資を受ける場合は、書類の整理や窓口に顔を出すのに時間を取られがちですが、その点クラウドファンディングなら事業に集中しやすいと言えます。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには以下の4種類があります。

1.購入型
2.寄付型
3.融資型
4.投資型

いずれも資金を集めるという点では共通しています。
では何が異なるのかですが、融資のお礼として何を返すかが異なるのです。
つまり資金調達する側の目的は同じですが、融資する側の目的は種類によって違ってくるということです。

1.購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、融資のリターンとして商品やサービスを受け取るクラウドファンディングです。
お金を受け取るわけではないので、一般的な融資とは形態が異なります。
また購入型クラウドファンディングの中でも以下の2種類があります。

  • All or Nothing 型
  • All In 型

まずAll or Nothing 型は、目標としていた資金が集まった場合のみプロジェクトが始動し、結果的にクラウドファンディングが成立します。
逆に言えば目標額に達しなかった場合はプロジェクトが成立せず、出資したお金はそのまま戻ってきます。
もしくは、保留状態からそのままキャンセル処理のようになります。
一方で、All In 型は目標額とは関係なくプロジェクトが始動し、そのためクラウドファンディングが成立します。

2.寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングはその名の通り寄附です。
つまり出資者に対しては金銭も商品、サービスも発生しません。
形態としてビジネス色のないクラウドファンディングなので、個人や法人というよりは、被災地支援や病気の治療費を集めるなどの目的で使われるケースが多いです。
寄附なので何もリターンがないのが基本ですが、手紙や、気持ちを込めた物が返ってくるようなケースもあります。

3.融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、クラウドファンディングの中でもっとも代表的と言っても過言ではないでしょう。
よくソーシャルレンディングという言葉を耳にすることがあると思いますが、このソーシャルレンディングとは融資型クラウドファンディングのことです。
クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いがわからないということをよく聞きますが、ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一種で、もっとも代表的な融資型クラウドファンディングを指している、ということです。

融資型クラウドファンディングは、出資者から集めた資金を事業等で投資し、利益の一部をリターンする仕組みです。
つまり金融機関の融資などと仕組みは同じです。
また融資型クラウドファンディングは、投資家の間で投資商品の一つと考えられています。
事業の魅力をしっかりとアピールできれば、実績がなくても融資を受けやすいので、この点で金融機関の融資等と比較してメリットがあります。

4.株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングは、企業が未公開株と交換に資金を募るタイプのクラウドファンディングです。
株式型クラウドファンディングは、投資型クラウドファンディングと呼ばれることもあります。
しかし融資型クラウドファンディングも投資目的に利用している人がいるので、株式型クラウドファンディングと言った方が区分としてわかりやすいでしょう。
融資型クラウドファンディングは資金の提供に対してお金が返ってくる、株式型クラウドファンディングは資金の提供に対して未公開の株式が返ってくる、という違いがあります。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットとして、以下が挙げられます。

  • 実績がなくても資金調達できる可能性がある
  • お返しの形が様々
  • インターネット上で完結する

上でも触れてきた内容ですが、改めてまとめるとクラウドファンディングには上記のようなメリットがあります。
まず出資者は金融機関のように実績などで画一的に判断せず、理念への共感や市場を判断してサービスの将来性などに対して出資します。
また不特定多数の人に向けてアピールできるので、資金を募る側の考えと融資する側の考えがマッチする可能性が高いです。

次にお返しの形がお金だけでなく様々です。
そのためより自社のサービスに愛着のある人が出資してくれる、利益追求が目的ではないクラウドファンディングも実現する、といったメリットがあります。
そして金融機関の融資に比べると窓口に足を運んだり、煩雑な事務作業が少ないです。
事業に集中したタイミングでは特に、場所や時間の制約を受けないことは大きなメリットでしょう。

クラウドファンディングのデメリット

メリットの大きいクラウドファンディングですが、当然デメリットがないわけではありません。
具体的には以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 失敗する可能性もある
  • 嘘を付いて資金集めする人もいる

まずクラウドファンディングで募集したからといって必ず資金が集まるわけではありません。
資金が集まらず、結局予定通りに事業を進行できない可能性もあるでしょう。
次に、資金集めには成功しても、事業で失敗するリスクがあります。
事業に失敗すると、クラウドファンディングで資金を集めた人も、融資した人も損をすることになります。

またクラウドファンディングの仕組みを悪用して、嘘を付いて資金集めをする人もいます。
具体的には、まったくボランティアをする気がないのに、ボランティアのための資金と偽って資金集めするケースなどが考えられます。
出資する人は当然ボランティアのためにと思ってお金を出しているのですが、結果的に別の目的にお金が使われてしまいます。

まとめ

クラウドファンディングで資金調達!メリット・デメリットなど

クラウドファンディングには4つの種類があり、銀行で融資を受けられない個人、法人でも資金を集められる可能性があります。
基本的にはメリットの多い仕組みですがデメリットがないわけではないので、特に事業プランの練り込みや、資金を募っている人が嘘を付いていないかの精査は重要です。