成功への第一歩!起業直後に事業計画書はなぜ必要?

成功への第一歩!起業時に事業計画書はなぜ必要?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

事業計画作成によるメリットとは

成功への第一歩!起業時に事業計画書はなぜ必要?

経営者の方の中には、起業関係のセミナーに行ったとき、スタートアップ時には事業計画を作成するのがオススメと言われたことのある人が、結構多いのではないでしょうか。
ただし、事業計画の作成には手間がかかりますし、スタートアップ時には余裕がないので、面倒になって作成しない人も多いでしょう。
ですが、実は事業計画作成には、以下のような大きなメリットがあるのです。

  • 融資の審査に通りやすくなる
  • 実行可能かどうかの判断がしやすくなる
  • 従業員と目的意識を共有できる

それでは、それぞれの項目について見て行きましょう。

メリット1・融資の審査に通りやすくなる

スタートアップ時に、自己資金だけでまかなえれば理想的なのですが、現実はそう甘くはありません。
多くの場合、金融機関の融資やベンチャーキャピタルの支援など、外部からの資金援助を受けることになります。
そうした局面で、事業計画書がないと「行き当たりばったりなのではないか」と貸付する側に懸念されかねません。
何の実績もないのにお金を貸してくれるほど、金融機関は甘くないのです。

また、金融機関やベンチャーキャピタルも、どのような内容で起業しようと考えているかに、強い関心を持っています。
融資や支援をした後、回収が可能かどうかの判断材料になるためです。
事業計画を作成せず、口頭で内容を伝えればいいのではないか、と思う人もいるでしょう。
しかし、金融機関などとの慣れないていない交渉で、それがうまくいくかどうかは未知数です。

それならば、事業計画書という形にして見せるようにすれば、金融機関なども納得してくれる可能性が高くなります。
こちらの意図を伝えるためには、文書という形にしておくと伝わりやすいのです。
金融機関の融資や、ベンチャーキャピタルの支援が得られるかどうかは、スタートアップにおいては重要な要素です。手元のお金が多ければ、それだけ多くの手が打てるからです。

時間がないなどの理由で事業計画書を作成せず、金融機関などとの交渉が不調に終わってしまった場合、スタートアップは苦しくなります。
下手をすれば、起業そのものができなくなるケースもあるでしょう。
そうした事態を避けるためにも、事業計画書をスタートアップ時に作成しておく方が賢明と言えます。

メリット2・実行可能かどうかの判断がしやすくなる

事業計画書を作成していないと、事業そのものが行き当たりばったりになってしまう可能性があります。
「うまくいくか分からないけど、とりあえずやってみよう」という感じです。
こういうやり方では効率が良くないですし、間違った方向に進んでしまう可能性もあり、結果として、経営がうまくいかなくなってしまいかねません。

確かに、計画を作ってもその通りにできるとは限りません。
下手をすれば、計画そのものが足かせになってしまいかねない、という意見もありますし、そういう見方もありだと思います。
しかし、前もって計画を立てておけば、事業をどのように進めていくかという方向性はある程度、つかみやすくなります。

時間をかけずに物事をスムーズに行うことができ、無駄になりそうなトライを省くことで、仕事の効率アップにつながる可能性があります。
付け加えると、最初に計画を立てておけば、修正もしやすくなります。
どこに問題点があるか、計画の中に明示されていることが多いからです。
もし計画がなければ、問題点を見つけ出すまでに時間がかかります。
結果として、問題の解決に時間がかかりすぎるなんて事態を招きかねません。

メリット3・従業員と目的意識を共有できる

会社を立ち上げた場合、仕事は1人でやるものではありません。
従業員の力がなければ、ほぼ何もできないと考えていいでしょう。
もし事業計画がなければ、従業員も明確な問題意識を持つ事が出来ず、どういう方向に向かって仕事をしていいのか分かりません。
経営陣が計画なしにトライ&エラーを繰り返していると、従業員も疑心暗鬼に陥ってしまい、必然的に、従業員のモチベーションに悪影響を与えることとなります。

従業員のモチベーションが低ければ仕事の効率は上がりませんし、下手をすればそれが原因で辞めてしまう、という事態も考えられます。
スタートアップ時、人手は必ずしも余裕がありません。
そういう状態で従業員に辞められてしまっては、痛いなんてものではないでしょう。

対して、経営計画を作成しておけば、従業員も経営陣と目的意識を共有できます。
これによって会社に一体感が生まれ、従業員のモチベーションの上昇につながります。
モチベーションの高い従業員ならば、スタートアップ時の厳しさも一緒に乗り越えていけます。
結果として、経営が軌道に乗ってくれる可能性が高くなるのです。

まとめ~作成に手間がかかっても事業計画書は必要~

成功への第一歩!起業時に事業計画書はなぜ必要?

スタートアップ時に事業計画を作成するのは、確かに手間がかかります。
しかし、事業計画の作成によって金銭的にも人員的にも、良い方向に動く可能性が高いです。

事業計画がきちんと立てられていれば、当面の資金繰りにいくら必要なのか、それに対して現状、手持ちの資金はいくらあるのか、を対比させることができ、不足があればどうやって調達すべきか、といった資金面の問題も明確化できるようになります。

金融機関の支援が得られたり、従業員のモチベーションがアップすれば、事業がうまく行く可能性が高くなります。
これらを鑑みれば、多少の手間は覚悟してでも、事業計画書の作成は必須ということは、ご理解いただけると思います。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「その計画書で大丈夫!?」
無料診断&アドバイス申込み受付中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
「その計画書で大丈夫!?」無料診断&アドバイス申込み受付中!

日本政策金融公庫が、融資審査時に提出を求める重要な書類が「創業計画書」です。
創業計画書とは文字通り、創業するための計画書のこと。
この創業計画書のクオリティが、融資成功のカギと言っても過言ではありません。
記入する項目は、インターネットなどで調べれば見本が見つかるので、「それくらい自分でもできるよ!」と思う方が多くいらっしゃいます。
しかし実際にはどれだけ上手く、それらしく創業計画書を作成しても「それだけではダメ」なんです!

なぜそれだけではダメなのか?成否を分けるポイントはどこなのか?
ここを知っているかどうかが、融資成功の分かれ道になります。

しかも融資審査は一発勝負!
審査に落ちると、最低6か月は再申し込みができません…!

専任の創業融資コンサルタントが、無料で診断いたします。
メールフォームまたはLINEからお気軽にお申し込みください。


お申込みはこちらから