社員が定着しないから落ち着いた経営ができない…
社員はなぜ離職してしまうのか

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

「社員が定着しない」いつまでも無くならない経営者の悩み

「せっかく採用して教育した社員が、一人前になったタイミングで離職してしまう。社員が定着しないのでいつまで経っても落ち着いた経営ができない…」
こうした悩みをお持ちの経営者や人事担当者の方は少なくないでしょう。
この記事では、なぜ社員が離職してしまうのか?について原因を探るための具体的な方法について解説いたします。
社員の定着率を高めるための人事評価のあり方についても基本的な考え方を説明しますので、参考にしてみてください。

そもそもなぜ社員は離職してしまうのか?を探ろう

まずは「そもそもなぜ、社員たちが離職していってしまうのか」を探るところから始めることが大切です。
社員がなぜ離職を決断するに至ったのか?の心理プロセスを知る方法としては、典型的には社員に対してアンケートを実施したり、すでに退職意思を表示している社員に対して仕事の不満点を指摘してもらったりする方法が挙げられます。

社員アンケートについて

社員に対してアンケートを実施する際には、社員がアンケートで意思表示をするにあたって心理的なバイアスが生じないように配慮しなくてはなりません。
「このアンケートは人事評価に影響しません」といった文言を明示するだけでは不十分で、アンケートそのものを無記名式にしたり、WEBツールを用いて社内以外の場所で実施できるようにしたりといった工夫をする必要があるでしょう。

また、質問の仕方についても特定の方向性の回答を誘導するような表現になっていないか注意を要します。
例えば、「●月×日の社内通達においてA活動の重要性についてはお伝えした通りですが、あなたはA活動についてどのように感じていますか?」といった質問形式では、実質的にあらかじめ決めた会社の方向性を社員に強制しているのと同じです。

質問方法ひとつとっても、社員が自由意志に基づいて発言できるよう配慮が必要です。

退職者に対するヒアリング

すでに退職の意思を固めている社員から意見を聞く際は、彼らが退職していくときに実際に語った言葉を杓子定規に受け取るだけでは不十分です。
「退職していく人はその後の会社の人間関係に配慮する必要はないから、きっと本音で語ってくれるはず」などと安易に判断するのは早計です。
退職する場面であったとしても、社員にとっては自社の改善点を会社側に伝えることは、デメリットとなることはあってもメリットは何もないからです。

こうしたヒアリングによって社員の本音を引き出すためには、該当社員との地道で日常的な信頼関係の構築を行なっていくのが基本です。
該当社員へのヒアリングだけにとどまらず、その周辺の社員に対する聞き込みなど、社内の人間関係全体を視野に収めた情報収集が必要になるでしょう。

結果評価だけしていないか?を改めて自問自答しよう

社員が定着しない問題の解決を考える際には、社員に対する人事評価の方法についても再検討が必要です。
人材雇用のコストを負担している企業経営者としては、社員の評価を「会社に具体的な利益を生み出しているか?」をもとに行いたくなるのは自然なことでしょう。

しかし、従業員として会社の活動に参加する人々は、必ずしも利益を生み出すことだけを目的に雇用されているのではありません。
多くの従業員にとって、仕事は単にお金を稼ぐ手段にとどまらず、社会における自分の存在意義を見出す対象ともなっています。

こうした意識で働いている従業員にとって、自分の仕事を会社利益への貢献という結果だけで評価されることに抵抗感を覚えることもあるでしょう。
極端な言い方をすれば、彼らにとって会社が利益を生み出しているかどうか?は大きな関心事ではない可能性すらあります。
会社の利益に本気でコミットできる人間というのは、社内には経営者以外には1人もいないぐらいに考えておく必要があるでしょう。

また、従業員が担当する職種によっては、仕事の貢献度を客観的な数値で把握するのが難しいケースもあることにも注意を要します。

結果までの過程を評価する

こうした「結果評価だけに偏った人事評価」を避けるためには、「結果までの過程を評価する仕組み」を構築しなくてはなりません。
これには単純に財務指標その他による結果評価による人事評価を行うのに比較して、結果に至るまでの過程を評価するためには大きな労力が必要になります。

日頃の行動も評価する

特に、現場で管理的な立場にある社員の役割は重要です。
彼らは唯一、現場社員を日頃の行動から評価できる立場の社員だからです。
こうした立場にある社員と、実際に人事評価を担当する管理職・経営者との意思疎通をダイレクトかつ定期的なものにする必要があります。
その上で、評価を行う立場の社員の主観による人事評価となってしまわないよう、複数の評価担当者を設置するなどの工夫も必要となるでしょう。

まとめ・社員との日常的なコミュニケーションの中から具体的な解決策を見出していきましょう

今回は、社員が定着しないというお悩みをお持ちの経営者層の方を対象に、対処法を解説いたしました。
対策を考えるにあたっては、まず社員が日常的に不満に感じていることを知るための施策が必要です。
また、社員の人事評価制度においては、日常の行動を評価するなど結果までの過程を評価する仕組みを検討してみてください。

社員の定着度を高めるためには、社員との日常的なコミュニケーションの中から具体的な解決策を見出していくことが重要です。

合わせて読みたいおすすめ記事

採用コスト1/3にダウン!&応募者は2倍に増加!
深刻な人材不足を解決

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
経営者、人事担当者のみなさま。こんなお悩みはありませんか?
  • 募集しても応募が来ない
  • 希望する人材から応募がない…
  • 採用コストがかさむ…
  • 採用通知を出しても辞退されてしまう
  • 採用後に定着しない
経営者、人事担当者のみなさま。こんなお悩みはありませんか?
人材採用には、とにかく時間とお金がかかる。
しかも、思うような結果が出ない―。

そのように感じていらっしゃる経営者・人事担当の方は決して少なくないと思います。
ところがこの人材難の時代において、Bricks&UKは年間50名の採用に成功しています!

Bricks&UKグループは、東京(日本橋、品川)・名古屋・四日市・タイまで国内外5か所に拠点をもつ大型税理士法人です

いつでも無料でご相談いただけます
これまで培ったノウハウと、独自案件を多く抱える人材紹介サービスで、貴社の抱える採用課題解決を強力にサポートいたします。
課題に応じ最適なご提案が可能ですので、一緒に採用成功を目指しませんか?


サービスの内容・特徴など詳しくはこちら