飲食店の8割は人手不足!?
いい人材を確保するためには?

いい人材を採用するためには?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

深刻化する飲食業界の人手不足問題

日本において飲食業界の人材不足が深刻化しています。
ただでさえ少子高齢化が続いていく人口構造の中で、日本経済全体が人材不足に見舞われている時代です。
飲食業界の人材不足は、単に業績を悪化させるだけでなく、事業の存続を危ぶまれる事態に発展するケースも現れてきています。人材不足を解消するためには、まずはいい人材を採用する必要があります。
人材不足の飲食業界でいい人材を採用するためにはどうすればよいのでしょうか。

人材不足が深刻化する日本企業

人手不足

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」によると、正社員非正規社員ともに、企業の人材不足感は前年度に比べ上昇しています。過去数年間にわたる調査と比較しても年々人材不足が進んでいます。
日本企業の人材不足は、経営を圧迫し、人材不足による倒産件数は上昇を続けています。帝国データバンクでは「『人手不足倒産』の動向調査」を2013年から毎年行っていますが、2018年の倒産件数は最も多くなっています。
人材不足は企業の存続にも関わる重大な課題です。企業は人材を確保するだけでなく、生産性が上がる良質の採用を実行していかなければなりません。

【出典】

飲食業界の人材不足の実態

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」によると飲食業の正社員の人材不足は、前年度に比べ不足感が急激に上昇していました。
非正規社員では、業種別で最も不足感が高く、8割以上の飲食業が人手不足に陥るという驚くべき実態が浮かび上がっています。
飲食業は、正社員だけでなく、非正規社員の割合が高い業種です。
厚生労働省の平成26年「雇用の構造に関する実態調査」によると、「宿泊業、飲食サービス業」は、非正規社員がいる事業所の割合が97%となっており、すべての業種の中で最も高い割合になっています。
正社員非正規社員ともに高い人材不足に見舞われている実態は、飲食業運営の最大の問題点です。
飲食業にとって人材不足の解決策である良質の採用は、早急に取り組んでいかなければならない課題であることが浮き彫りにされています。

【出典】

飲食業界の採用で考慮が必要な人件費の問題

飲食業界に限らず、競争が激化している企業経営の中で、企業が最も考えなければならないのが人件費の問題です。
いい人材をたくさん採用していく必要がある反面、人件費に充てられる資源は無限ではありません。
コストを考えながら採用計画を立てなければならないのです。

飲食業界でいい人材を採用するためには?

いい人材を採用するためには?

少子高齢化で、働き手の人口自体が減少する中、従業員の仕事に対するニーズも多様化しています。
全業界の中でも人材不足の割合が高い飲食業界で、いい人材を採用するためにはどうすればよいのでしょうか。

企業のビジョンを明確化する

いい人材を採用するのは、まず企業のビジョンを明確化する必要があります。
ビジョンとは、企業が「こうなっていきたい」と掲げるものであり、ビジョンに向かって、経営の方向が実行されていくことになります。
採用候補者は、企業のホームページなどでビジョンを目にするだけでなく、飲食業界が運営する店舗や従業員からも、ビジョンを感じとることができます。
実際の採用現場では、リクルーターや採用担当者、面接担当者、企業経営者から、ビジョンを感じ取ることになります。
企業のビジョンを明確化して、ビジョンに基づく考え方や行動が経営者トップから従業員にいたるまで理解されて実行されていることは、採用候補者を惹きつける大きな魅力になります。
採用候補者は、企業に入った後の自分自身の姿を思い描くことができ、企業にとってはビジョンに共感した良質な人材候補を獲得する可能性が高まるのです。

やりがいのある自律型組織を目指していく

日本型の人事制度としていた終身雇用制が神話化されている現在、採用候補者は、給与のためにやりがいや働きがいのない企業でも我慢して働こうという意識は希薄化してきています。
人材の流動化がすすんでいく環境では、給与だけでなくやりがいを感じる組織をつくる必要があります。
従業員のやりがいやモチベーションは、企業や上司から指示されて行う仕事ばかりではなく、自ら考えて仕事を実行していく自律型組織のもとで上昇していく傾向にあります。
飲食業界で、顧客に満足してもらい選択してもらうためには、顧客に対する接客等のサービスの品質を上昇させる必要があります。
飲食業の業務は、上司からの指示やマニュアルでは収まらないことが多く、自律型従業員の存在が企業の品質上昇に不可欠でもあります。
やりがいのある自律型組織を目指すことは、現在の採用候補者の仕事に対するニーズを満たしていくのです。

最適な採用募集媒体を選ぶ

飲食業の採用の特徴として、雇用形態が多岐にわたることがあげられます。
必要とする人材が、正社員なのか非正規社員なのかなどによって、どの媒体を使って採用をかけていくか検討し、効果を記録し、継続して最適な採用媒体を選んでいく必要があります。
一様に飲食業といっても、業務内容の種類は数多くあります。
採用媒体のメインである求人サイトも業務内容によって、強いサイトが存在します。
自社の業務と今回の採用募集の項目に強いサイトを選んでいくようにします。
今回採用者が正社員である場合、新卒採用なのか中途採用なのかも、求人サイトを選ぶポイントになります。
他にも、アクセスエリアや、アクセス数、掲載企業の数や、実際の掲載画面のイメージなどを調べておきましょう。
採用媒体を選択して採用をかけた結果は、継続して費用対効果を記録し、常に最適な媒体を選別していきます。

飲食業界で採用に成功している企業の事例

いい人材を採用するためには?

人材不足といわれている飲食業界で、いい人材が継続して入ってきている企業が存在します。
採用に成功している企業の事例を見ながら採用について考えてみます。

事例1.スターバックスの場合

スターバックスは、世界的に成功しているコーヒーショップです。
高級感のある独特の印象は類似のコーヒーショップの追従を許さない存在感を示しています。
日本においてもスターバックスは広く受け入れられ、店舗数を順調に伸ばしています。
スターバックスの個性は、店舗のデザインだけでなく、働いている従業員の存在感が大きく影響しています。
スターバックスに人材が集まってくる大きな理由は、明確で分かりやすいミッションがあるからではないでしょうか。
スターバックスのホームページには「人々の心を豊かで活力のあるものにするためにーひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティーから」というミッションが掲載されています。
スターバックスのミッションは、より具体的なバリュー(OUR VALUES)としてホームページに記載されています。
企業が求めるミッションとバリューが明確化され、従業員に浸透していることで、スターバックスは顧客にも従業員にも方向性が分かりやすく、受け入れやすい企業になっているのです。
ミッションとバリューの分かりやすさは、共感する機会を生むことになります。
採用候補者は、スターバックスに勤めている自分の将来像やキャリアアップを描きやすく、意欲を持って採用募集にトライしてくることになるわけです。

【出典】

事例2.すかいらーくグループの場合

すかいらーくグループは、ダイバシティ―を意識した人材採用で、飲食業界の人手不足の解決策を模索している企業のひとつです。
これは、日本政府が進めている「働き方改革」の政策にも通じるものがあります
従業員は、企業に入社してから、年齢を重ねるごとに結婚、出産、育児、親の介護など、さまざまな生活環境の変化に遭遇していきます。
一方で飲食業界は、土日、祝日、夜間の時間帯なども稼働しているため、時間帯に応じた人材の確保が必要です。
飲食業界の人手不足の要因は、この勤務時間帯など飲食業界独特の勤務環境によるところもあるのです。
すかいらーくグループでは、「おかえり すかいらーく」というネーミングで、すかいらーくグループで勤務経験のある元社員の積極採用を掲げて、人材不足の解決策の一つとしています。
例えば、大学を卒業して、他の企業に就職したが、学生時代にバイトしていたすかいらーくグループへの転職を考えている転職希望者や、結婚や出産のため、退職した、従業員が子育てを終え、社会復帰を考えている方などが、採用されています。
すかいらーくグループで勤務経験のある元社員は、すかいらーくでの仕事のスキルがあるだけでなく、他業界での経験や、人生経験を積んできているため、復帰後も企業にとって重要なプラス人材になる可能性があります。
また、採用候補者にとっても、働いてたことのある職場は安心感があり、これからの人生設計がたてやすくなっています。
すかいらーくグループは、飲食業界独特の時間帯に応じた人材の確保として、採用候補者のライフステージにあわせた採用についても対策を実行しています。
例えば、50代、60代の方の採用にも積極的です。50代、60代の方の中には土日、祝日、夜間の時間帯などの時間帯でも勤務可能なケースが多く、飲食業界の人材不足の解決策として有効です。

【出典】

まとめ

いい人材を採用するためには?

飲食業界でいい人材を採用するには、飲食を通して、顧客を第一に意識して満足度を高め、社会に認められる企業を作り上げていくというような、ミッションがベースになければなりません。
採用候補者もはじめは顧客の視線で企業を見るわけですから、企業のミッションが従業員に浸透している企業に「自分も働いてみたい」という意識を持つはずです。
ミッションは飲食業界の経営にとって最も重要な方向性で、いい人材は企業経営を継続して成功させるために必要不可欠です。
従業員のモチベーションとプロフェッショナルな意識を高めていく事が、新たな人材の採用につながり成功の連鎖が起こっていくのです。

独立はしたいけど、手続きや計画が複雑で面倒…と感じているあなたへ

自分のお店を持つこと、会社を立ち上げることは遠い夢の話ではありません。 想いはあるけど実現までの方法が分からない、融資の手続きが面倒…というあなた。
面倒な事は私たちBricks&UKに任せて、大切なことだけに集中しませんか? 夢の実現への一番の近道です。

無料相談のお申し込みはこちら

採用コスト1/3にダウン!&応募者は2倍に増加!
深刻な人材不足を解決

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
経営者、人事担当者のみなさま。こんなお悩みはありませんか?
  • 募集しても応募が来ない
  • 希望する人材から応募がない…
  • 採用コストがかさむ…
  • 採用通知を出しても辞退されてしまう
  • 採用後に定着しない
経営者、人事担当者のみなさま。こんなお悩みはありませんか?
人材採用には、とにかく時間とお金がかかる。
しかも、思うような結果が出ない―。

そのように感じていらっしゃる経営者・人事担当の方は決して少なくないと思います。
ところがこの人材難の時代において、Bricks&UKは年間50名の採用に成功しています!

Bricks&UKグループは、東京(日本橋、品川)・名古屋・四日市・タイまで国内外5か所に拠点をもつ大型税理士法人です

いつでも無料でご相談いただけます
これまで培ったノウハウと、独自案件を多く抱える人材紹介サービスで、貴社の抱える採用課題解決を強力にサポートいたします。
課題に応じ最適なご提案が可能ですので、一緒に採用成功を目指しませんか?


サービスの内容・特徴など詳しくはこちら