失敗したくない人のための!
正しい売上目標の立て方

正しい売上目標の立て方
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

売上目標を立てると成長につながる

あなたはお店の成長させる上で、何か目標は立てていますか?

それは何か具体性があるものでしょうか?

お店を成長させる上で重要なのはオーナー・店長として、いい加減で漠然としたものではなく、具体性があり計画的なものでなくてはいけません。

その一つとして今回おすすめしたいのが「売上目標」の立案です。

「立てことがない…」「立てたことはあるけど正しいのかどうかがわからない…」というあなた。 売上目標の立て方について知っておくことで、お店の成長に必ずつなげることが出来るのでぜひチェックしておきましょう。

売上目標を立てる理由は効率的に成長するため

売上目標を立てないと、日々の目の前の業務に追われるだけになってしまい、効率的な成長につながりません。

売上目標を立てることで、この先何に向かってどんな行動をとれいいのかが明確になり今後の経営方針も見えてきます。また、数値目標を掲げることで、達成するためにどんな戦略を採用すればいいかも分かってくるでしょう。

お店独自のメニューを考案する。食材をもう少し安く仕入れるにはどこのお店と取り引きをすべきか。ランチとディナーどちらに力を入ればいいのか、考えなければならないことが出てくるでしょう。

これらを1つずつクリアすれば、売上目標の達成が期待できます。

売り上げ目標を作ることでチャレンジ精神も生まれる

現状より高い売上目標を立てると、今していることを少し変えるだけでは達成できないことに気付きます。

少し変えるだけでは難しいから、自然と目標に向かって何かしらチャレンジしなければならない状況に立たされます。

厳しいチャレンジを乗り越えれば大きなリターンが返ってくるでしょう。
そのためには、経営者自身だけではなくスタッフの協力や発想も必要になります。

従業員間での化学反応が生まれることで、売上目標を達成できるだけではなくお店のグレードアップも期待できます。

売上目標の立て方を知ろう!

正しい売上目標の立て方

売上目標は闇雲に立ててはいけません。
適切な立て方やポイントなどを知っておけばスムーズで適切な売上目標を立てられます。

1. まずは達成すべき利益を決める

最低限達成しなければならない利益を決めることも重要です。
無視をすると売上目標を達成するどころか、経営が破綻する可能性も出てきます。

最低限必要な利益を出すには、どの程度の売り上げを出さなければならないかも考えておきましょう。

最後に、期待値を出してください。
前年と比較し、どれぐらい売り上げをアップしたいか、個人の希望としてどれぐらいの売り上げを出したいか考えて組み入れましょう。

飲食店の売り上げ予測には計算式がある

  • 売上高=席数×満席率×客席稼働回数×客単価
  • 日別予測客数(席数×回転数)×客単価×営業日数

売上予測を出すにはこのような計算式があるので利用してみてください。
飲食店の場合、店の大きさや、エリアにある競合店の価格などに合わせた価格設定も必要です。

ポイントは、飲食店の場合、曜日、時間帯の影響を大きく受けることでしょう。
日曜日や休日なら、家族連れやカップルが多くなるかもしれません。
昼と夜、テイクアウトを設けているならそのことも考慮に入れる必要があります。
その上で、週末や休日、それとも平日に力を入れたほうがいいかなどが見えてきます。

売上目標のポイントは立地条件や客層が大いに関係する

飲食店の売上予測は単純に食事の美味しさだけではなく、立地条件などの影響を受けることになります。

例えば、オフィス街の客層は自然とビジネスマンが多くなるはずです。
そうなると、ゆっくり食事を楽しめるようなお店よりファーストフードやコンビニエンスストアなどを選ぶ人が多くなります。
また、客の回転率も多くなるでしょう。

一方、住宅街なら家族連れ、昼間なら主婦層が多くなってお店に滞在する時間も多くなるはずです。
そうなると客の回転率は少なくなります。
このような点も踏まえて売上目標を立てる必要があるのです。

コストについても無視できない

コストについても考えなければなりません。
飲食店の場合、ランニングコストは特にかかる分野です。

料理や飲料やテイクアウトの原価(原料費)や、従業員やパート、アルバイトにかかる人件費、水道光熱費や消耗品費などの小計日、店舗の家賃、減価償却費などさまざまなコストがかかることも考えておきましょう。

売上額に対し、原料費30%、人件費30%、諸経費の合計12%、家賃などの初期条件が18%以下で、費用合計90%以下での収支計画にするのがポイントです。
家賃は非常に大きい費用となるため慎重に検討したい要素となります。

日々の観察も大事

日々、どんなメニューが多く出るのかきっちり観察することも、売り上げ目標を決めることだけではなく目標達成のために必要です。

新規顧客、常連客を確保するにはどうすればいいか、日々の観察から見えてくることもたくさんあります。

ポイントカードを作る、看板の活用、外観の工夫や、居心地のよさなどさまざまな要素をチェックしてみてください。そこに売り上げ目標を達成するためのヒントが隠されていることが多いのです。

まとめ・飲食店は売り上げとコストのバランスを現実的に考えて

正しい売上目標の立て方

飲食店で売上目標を考えるときは現実的な部分をしっかり考えなければなりません。時間や曜日ごとなどの売り上げはもちろん、コストもしっかり考えておく必要があります。

最低限、どれぐらいの売り上げを出さなければならないかも考えておきましょう。この点を考えていないと、経営が破綻する可能性は十分あります。
細かい点までしっかり考えて売上目標を考えなければなりません。

ある方法で融資を申し込むと「6ヶ月以上」も待たなければならないリスクが増加?!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

新たな一歩を踏み出すためには多額の融資が必要な業界は多く存在します。融資のことが頭の中にあるあなたもそのお一人かもしれません。

ただ、その融資。ご自分で申し込みをしようとしていませんか?

日本政策金融公庫、制度融資も、万が一融資が通らなかった場合、最低でも6ヶ月間は再申し込みができません。 もしご自身で申し込みをされて審査が落ちた場合、次に融資へ申し込むことができるのは6ヶ月後になってしまいます。

美容や建設、飲食店など、開業には多くの融資が必要不可欠な方ほど、計画的に融資を申し込み開業への準備をしていかなくてはなりません。疑問や不安を残したまま申し込みをして審査に落ち、開業の夢が先延ばしになる前に、ぜひ専門家にご相談ください。

融資だけではなく経営についても様々なご相談を承っております。


融資に関するご相談はこちら