フランチャイズで安定経営するための3つのポイント

フランチャイズで安定経営するための3つのポイント
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

実はフランチャイズは失敗する人もいる

フランチャイズで安定経営するための3つのポイント

独立開業の手段として人気があるのが「フランチャイズオーナー」という選択肢です。
様々な業種がありますが、比較的、低リスクで始められることから、選択する方も少なくありません。
現在検討中の方も中にはいることでしょう。

しかし、実のところフランチャイズは絶対に成功する保証がありません。
以前より年収が減ったり、不安定な生活を余儀なくされている方もいるのです。
一方で成功している方もいますので、もし安定した生活を送りたいなら、以下の3つのポイントを確認したほうがよいでしょう。

  • 長期的な需要が見込めるかを判断する
  • ノウハウのある事業を選ぶ
  • 体力的にきつくないか検討する

いずれも安定した生活を送るために必要なことです。
現在フランチャイズオーナーの方や検討中の方は、需要やノウハウの有無、体力の3つについて考えてみましょう。

需要は安定した生活に欠かせない

安定した生活を送るためには、安定した売上が必要です。
その売上を左右するのが消費者のニーズであり、明暗を分ける要素にもなっています。
フランチャイズを始めるなら、まずは需要の有無をチェックする必要が出てくるでしょう。

ただし、長期的な需要を見込めなくてはいけません。
例えばブームによって一時的な利益が見込めたとしても、それが去った後は売上が急減し、収入も減ってしまうでしょう。
とてもではないですが、安定した生活を送れるとは言えません。

逆に長期に渡って需要が見込める場合はどうでしょうか。
多少は売上が増減する可能性もありますが、ブームの影響を受けて急減するようなリスクは避けられます。
ずっとフランチャイズを続けるためには、半永久的に需要を見込める事業を選ぶことが大切です。

ノウハウがない業種への参入は失敗リスクが高まる

フランチャイズは参入障壁が低く、資金があれば誰でもオーナーになれます。
その反面ライバルも多いため、ノウハウが無ければ競争に負ける危険もあるのです。
立地によっては数々のライバルと、お客様を奪い合う事態になりかねません。

フランチャイズはビジネスであり、開業後は自ら経営していく必要があります。
ノウハウがあれば諸問題にも対応できますし、もしライバルが現れた時もすぐに対抗策を打ち出せるでしょう。
しかし、ノウハウが無いと様々な問題へ対処できなかったり、ライバルに出し抜かれるおそれがあります。

安定した生活を送るなら、ノウハウがある業種へ参入することをおすすめします。
長期的に見た場合、ご自身の知識や経験は大きな武器となるからです。
未経験の業種への参入はリスクが高く、失敗するケースは枚挙に暇がありません。
確かに未経験の業種へチャレンジする価値はありますが、安定性を考慮するとギャンブル要素が強いといえます。

最も注意すべきは老いや体力

需要やノウハウも重要ですが、それ以上に大切なのが体力です。
年齢を重ねていくと、徐々に体力や健康に不安を覚えるようになるでしょう。
しかし、フランチャイズは体力が求められる業種が少なくありません。

例えばコンビニは24時間営業が基本のため、従業員数によっては毎日店頭へ立つことになります。
アルバイトを雇えば負担も減りますが、人員増やす余裕がない場合や、そもそもアルバイトが来ない場合もあるでしょう。

体力的にきつくない業種なら、老後も安心して続けられます。
年金生活で不足する生活費を補うこともできるでしょう。
安定した生活を望むなら、老後も続けられるか判断することが重要です。

まとめ

フランチャイズで安定経営するための3つのポイント

一口にフランチャイズといっても、現在は非常に多くの業種が存在します。
その中から候補をいくつか選び、需要やノウハウはもちろん、体力的に難しくないか比較してみましょう。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「自分の店を持つ!」
ずっと抱いていた夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から憧れていた自分の店を持つという夢。

ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化を恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、店舗開業から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


独立開業の無料相談へ