【成功の秘訣伝授】失敗はこれで防ぐ!飲食店の共同経営

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

飲食業を始めるには、さまざまな準備が必要です。店舗運営に携わった経験がなければ不安もあるでしょうし、1人では開業資金の調達にも苦労するかもしれません。

もちろん、オープン後もコンスタントに利益が上げられるか、材料の調達先からスタッフの雇用、集客まで経営者としてやるべきことは数多くあります。

そこで選択肢として候補にあがるのが「共同経営」です。共同経営であれば、何事も1人よりスムーズに進められる可能性があります。

しかし、利益や金銭が絡んでくるため、特に他人との共同経営には失敗のリスクもあります。飲食業で共同経営を考えるなら、まずはメリット・デメリットを知り、失敗のリスクを極力減らしておきましょう。

共同経営とはどのようなものか

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営

飲食業で開業するにあたり、同じ想いを持って開業する同志と夢を実現させるため、あるいは経営に関するリスクを低減させるために、共同経営という道も選ぶ人たちもいます。

この共同経営とは具体的にどのようなものなのか、そのメリット・デメリットは何かについて見ていきましょう。

共同経営とは

共同経営とは、文字通り複数の人が同じ事業を経営していくことです。一般的に経営者と言えば1人で、その人が実質かつ唯一の最高責任者となるわけですが、共同経営者ではその経営者が2人以上いる形となり、立場も同等です。

例えば、友人同士や以前同じ飲食店で働いていた同僚と、資金やアイデアを出し合って共同で店舗を立ち上げたいと考える人もいるでしょう。共同経営なら1人で起業することへの不安も払拭できますし、それぞれが自分の得意分野を担当することで経営失敗のリスクを軽減できます。

共同経営で成功した2つの例

共同経営のホンダの事例

飲食業ではありませんが、日本でもっとも有名な共同経営の例と言えば「SONY(ソニー株式会社)」の盛田昭夫氏と井深大氏によるものでしょう。

この2人の場合、ともに技術者として出会い、創業後は盛田氏が営業を、井深氏が技術を担当することで共に力を発揮し、世界的な企業にまで成長させました。

「Honda(本田技研工業株式会社)」の本田宗一郎氏と藤澤武夫氏が進めた事業運営の形も、共同経営と言えます。

創業こそ本田氏1人によるものでしたが、技術・開発専門の本田氏と経営に長けた藤沢氏がタッグを組んだことで、規模を健全に拡大させ、オートバイの世界シェアナンバー1の地位を築きました。

飲食業を共同経営するメリット・デメリット

飲食業の共同経営を成功させるには、まず共同経営のメリットとデメリットの両面を知っておく必要があります。「こんなはずでは・・・」という後悔を防ぎましょう。

飲食業を共同経営するメリット

飲食業の共同経営のメリット

同じ夢を持つ仲間と一緒であれば、経営に関するさまざまな困難を乗り越えるにも心強く、精神面でも大きな支えになってくれるはずですよね。ほかにも、飲食業を共同経営することには、次のようなメリットがあります。

  • 資金力が上がる
  • 不得手な部分を補い合える
  • 違った視点での見方を知ることができる
  • プレッシャーが分散される
  • 自分が倒れても他に軸となる人がいる

規模の大小はありますが、飲食店の開業には多額の資本が必要です。自分の手持ちだけでは足りない場合も、共同経営者がいれば資金を合算することができます。自己資金を多く用意できれば、融資も受けやすくなります。

また、1人では体調を崩したときなどに代わりとなる存在がいません。共同経営者がいれば何らかの緊急措置がスムーズにできるでしょう。こういった体調管理の面や経営の面で、プレッシャーを軽減できるのも共同経営の強みです。

さらに、飲食業を開業する場合には料理の腕に自信がある人が店を出すというケースも多いものです。その場合、経営やマネジメントといった面は不得意な人もいるでしょう。

自分が飲食業を始めるとして、先を見据えた場合にプレイヤーとして調理に専念するのか、あるいはオーナーとして店舗拡大に注力するのか、といった方向性も決めておくことをおすすめします。

同じ立場で別の視点から店のことを考え、支える人が別にいれば、三人寄れば文殊の知恵、どころか百人力ともなり得ます。異なる価値観でものを見ることで視野も広がるでしょう。

飲食業を共同経営するデメリット

飲食業の共同経営のデメリット

共同経営のメリットが、協力し合えること、分かち合えることであるのは、互いが同じ志や価値観を持ったり、互いの違いを尊重しあえる関係であったりしてこその話です。

方向性などで意見の食い違いが起きた場合、重要なのは共同経営者の間の人間関係であり、良い関係が築けなければ大きなデメリットとなり得ます。例えば単純に「自分の思い通りにいかない」という不満が生まれるでしょう。互いに譲歩などしなければ、店舗としての意思決定にも時間がかかりますし、合意に至らず決裂してしまう恐れもあります。

仕事量などに違いができれば、お互いが対等とは感じられず「不公平だ」という不満が生じるかもしれません。意見のすり合わせが足りず、責任の所在をなすりつけあうことにもなりかねません。

1つの出来事をきっかけに恨みが残れば、いつか小さな亀裂が致命傷となることもよくあることです。

良好な関係が築けていると思っていたとしても、人の心は変わるものです。時代や環境の変化で考え方が変わり、同じ方向を向けなくなることも十分にあり得ます。

共同経営の成功に必要な7つのこと

共同経営の成功の為に話し合う人

前述の共同経営のデメリット、人間関係の悪化は、そのまま共同経営の失敗の原因となり得ます。それを避けて飲食店の共同経営を成功させるには、次のようなポイントを押さえておく必要があります。

  • 常に互いの意思疎通を図る努力をすること
  • 誰がどの業務について責任者となるのかを決めておく
  • 互いが納得できる報酬の基準・体系を決めておく
  • 店舗の経営方針・理念を一本化・共有する
  • 意見が分かれた場合はどうするかを決めておく
  • 「互いに尊重しあう関係」を維持する努力をする
  • 以上のことを明文化しておく

共同経営者の間で人間関係が悪化するのは、主に「不公平感」によるものと考えられます。そのため、あらかじめ共同経営者同士で話し合う時間を持ち、店舗経営で責任を持つ分野やその範囲、報酬などについて決めておくとよいでしょう。

飲食店の場合、店のコンセプトやテーマはもちろん、メニューやサービスの方法に至るまでさまざまな方法があります。具体的な理想形を共有するなどして意見の相違を防ぐ工夫も必要です。

仲の良い関係だとしても、話し合うだけでなく文書に残しておくことをおすすめします。「言った」「言わない」の揉め事はどの世界でも起こりがちなものです。

最終的な意思決定については、出資割合などから誰かに一任するなど、とにかく「どのように最終決定を下すのか」を決めておくことが重要です。「後腐れのないように多数決で決める」でもよいので、全員が納得できる方法を決めておいてください。

また、共同経営者がそれぞれ同じ分野の仕事を担うと、仕事量や仕事の質に関して優劣や意見の相違が生まれがちです。そのため、各自の得意分野を活かした業務を割当て、それぞれの範囲を決めておくとよいでしょう。

「違って当たり前」という考えのもと、互いを理解・尊重・信頼し、共に成長しようとする姿勢が共同経営にも必須です。こうした決まり事を決める時点で分裂してしまえば、共同経営も難しいと判断した方が良いかもしれません。

まとめ

飲食業の共同経営成功の人間関係イメージ

飲食業を共同経営することには、資金繰りや担当業務を分担でき、負担が軽減できるメリットがあります。

1人での開業では得られないメリットも多数ある一方で、利益が絡む共同経営において難しいのは人間関係。仲が良かった2人が共同経営を始めたものの、些細なことから互いに不信感を抱き、うまくいかなくなるというケースもたくさんあります。

最後にお伝えした6つのポイントについて、面倒だとか難しいなと思った人は、共同経営には向いていないかもしれません。育った環境や価値観が違う人間同士が1つのことを成し遂げるには、相互理解や信頼が欠かせないからです。

経営についてのビジョンを一本化するとともに担当業務や報酬について取り決めをしておくこと、意見が割れたときにどうするかを決めておき、それをすべて文章にして残しておくことで、人間関係に亀裂が入るリスクを完全とはいかないまでも抑えることができるはずです。

合わせて読みたいおすすめ記事

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

『飲食店開業必勝ガイド』無料配布中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
飲食店開業必勝ガイド 無料配布中!

夢実現に向けて意気込んだはいいけど、飲食店を開業するとなると、準備すべきことや申請するものがありすぎて、正直「何から手をつければいいの?」という方も多いはず。
そんな方のために、飲食店開業までの流れをまとめた「飲食店開業必勝ガイド」を無料配布しております。
オープンまでの流れがこの1冊で把握できます!

飲食店オーナーに!!!おれはなるっ!!!!

そんなあなたにぜひ手にとっていただきたい!
メールフォームからお気軽にお申し込みくださいませ。


ダウンロードはこちらから