【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食店の共同経営

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

飲食業を共同経営することによるメリットや成功の秘訣

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営

飲食業を始めるにあたっては、さまざまな準備が必要です。
一人で開業する場合こうした準備も、すべて一人で行わなければなりません。
自分の思い通りの店舗が作れる反面、当然ですが、すべての責任は自分で負うことになります。

では、通常一人で行う経営を「複数人」で行う「共同経営」ならどうでしょうか?
店舗を立ち上げる際に共同経営者がいれば、一人で経営するよりスムーズに開業できる可能性が高いです。
この記事では、飲食業を共同経営するメリットや、共同経営を成功に導くための秘訣について紹介します。

共同経営とはどのようなものなのか

飲食業を開業するにあたっては、店舗のコンセプト作りや情報収集、事業計画書の作成、物件探し、内装やメニューの決定、食器や備品の手配、保健所や税務署への各種届出など、さまざまな準備が必要です。また、開業に際しては資金調達も行わなければなりません。
一人で開業する場合は、こうした手続きをすべて一人で行う必要があります。

一人で行うということは自由度が高い反面、決定権のすべてを自分が握ることにもなるため、責任も一人で負うことになるのです。
また、飲食業を経営することになれば、調理、接客、広告、従業員マネジメントなど、さまざまなスキルが必要になります。

一人で、これらすべてをこなすことに不安を抱いている場合、共同経営という経営方法を選択することが有益な方法と言えます。
共同経営とは、複数の経営者が対等な立場で経営を行っていくこと。
経営者が複数いることで、資金や業務スキルなどを分担できるため、スムーズに業務を始めることが可能になったり、有利な経営を行えるようになったりするのです。

うまく成功すれば、事業を大幅に拡大できるかもしれません。
実際に、友人同士や以前同じ飲食店で働いていた同僚と、資金や資源を出し合って共同で店舗を立ち上げて、それぞれが自分の得意分野を担当することで、成功を収めている事例もあります。

飲食業を共同経営するメリット

飲食業に限らず、開業する際には多額の資本金が必要です。
手持ちの資金が少ない場合、一人で開業するなら、資金が集まるまで開業を待たなければなりませんが、共同経営者がいれば調達する資金を分割できるため、早く開業に漕ぎつけることができると言えます。

また、一人で店舗を経営していると、自己都合で急に休みにすることが難しいですが、共同経営者がいれば緊急の場合でも、パートナーに店の運営を頼むことが可能です。

さらに、飲食業は調理した料理をお客様に提供するだけではなく、スタッフの管理や店舗の広告宣伝など、さまざまなことを行わなければならず、どれが欠けてもうまくいきません。
一人で経営している場合は、これらのマネジメントすべてを、一手に引き受けなければなりません。
しかし、共同経営者がいれば、各自の得意分野を分担することが可能になるため、その分、各々の負担も少なくなります。
そのうえ、共同経営者がいればさまざまな相談ができるため、飲食業を開業する不安を軽くしたり、開業後の悩みを分かち合ったりすることが可能です。

メリットだけでなく当然デメリットもある

ただし、こうしたメリットがある反面、デメリットもあります。
共同経営者との出資率が同じ場合、目指す方向性などについて意見が合わない場合は、意思決定に時間がかかり、そこから相手に対する心証が悪くなるなど、思わぬトラブルに発展しかねかません。

さらに、共同経営者と仕事のバランスが均衡に保たれていない場合、いつも仕事を押し付けられていると感じてしまい、不満のきっかけになることがあります。
こうしたことが積み重なれば、互いに不信感を抱くようになり、人間関係に亀裂が入りかねません。

人間関係がうまくいかなくなると、お店の雰囲気も悪くなり、スタッフの士気が下がるなど、お店の経営自体にも影響してきます。
最悪の場合は閉店、訴訟になるケースもあるでしょう。

共同経営で飲食業を始める際に心得ておきたいこと

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営

飲食業を共同経営する場合、後でトラブルになることを避けるために、それぞれの経営者がどの業務を分担し、どの範囲で責任を負うのか、あらかじめ決めておきましょう。
さらに、報酬体系も担当する業務領域や、責任に応じて決めておくことが大切です。

こうした取り決めは口約束ではなく、文書化しておきましょう。
また、経営者が複数いれば、それぞれ考え方が異なるのも無理はありません。
しかし、それぞれの経営者の経営方針が異なれば、現場は混乱してしまいます。
そのため、経営方針やビジョンは統一しておくことが必要です。
複数の経営者の意見や考え方が割れた場合に、最終的にどのように意思決定するのかを明確にしておきましょう。

最終的な意思決定権者は、代表者がいるならその人に、代表者が複数人いる場合は、担当する業務領域や業務を負担する割合に応じて、というのが妥当でしょう。
代表者が3名以上いる場合は、多数決で決める方法もあります。

また、共同経営者がそれぞれ同じ分野の仕事を担っていると、仕事量や仕事の質に関して優劣が生まれがちです。
そのため、各自の得意分野の仕事を行うようにしておきましょう。
そうすることにより、相手がいてくれるからこそこの仕事が成り立つのだという思いが生まれ、相手を信頼し、尊重する気持ちにつながっていきます。

まとめ

【成功の秘訣伝授】これなら失敗しない!飲食業の共同経営

飲食業を共同経営すると資金繰りや担当業務を分担できるなど、一人で創業するよりも得られるメリットも多いと言える一方で、些細なことから互いに不信感を抱き、うまくいかなくなるケースもあります。

互いの担当業務や報酬体系について文書化したり、意見が割れたときに誰の意見を最終決定権とするかを取り決めたりすることで、互いに信頼しあえる良きビジネスパートナーとなれる可能性が高まるでしょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

『飲食店開業必勝ガイド』無料配布中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
飲食店開業必勝ガイド 無料配布中!

夢実現に向けて意気込んだはいいけど、飲食店を開業するとなると、準備すべきことや申請するものがありすぎて、正直「何から手をつければいいの?」という方も多いはず。
そんな方のために、飲食店開業までの流れをまとめた「飲食店開業必勝ガイド」を無料配布しております。
オープンまでの流れがこの1冊で把握できます!

飲食店オーナーに!!!おれはなるっ!!!!

そんなあなたにぜひ手にとっていただきたい!
メールフォームからお気軽にお申し込みくださいませ。


ダウンロードはこちらから