副業は時代遅れ!?これからは「プチ起業」で賢く稼ぐ!

副業は時代遅れ!?これからは「プチ起業」で賢く稼ぐ!
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

いま注目度急上昇の「プチ起業」

2019年4月から本格的に始まった「働き方改革」により、副業を認める動きが加速する中で「プチ起業」という言葉を耳にするようになりました。

特に最近ではコロナ禍の影響もあり、多くの人が企業や組織に頼らない働き方を模索するようになった背景もあるでしょう。
多くの企業が従業員に副業を認め、サラリーマンという働き方からフリーランスという独立する人も増えてきています。
そんな中、「プチ起業」という言葉が注目されるようになりました。
過去にNHKの情報番組「あさイチ」でも「女性のプチ起業」という特集が組まれ、大きな反響を呼んでいます。

今回は、「プチ起業とはどのようなものなのか?」また、「プチ起業で成功するためのポイント」をまとめてみたいと思います。

「プチ起業」ってなに?

「プチ起業」とは、いわゆる一般的な起業とは違い、個人で小規模なビジネスを始めて収入を得ることを指します。
「起業」と言っても、必ずしも会社を設立したり、従業員を雇ったり、設備投資する必要はありません。
自分ひとりで仕事をし、必要な分だけの収入を得るのが「プチ起業」です。

厳密な決まりはありませんが、自分の好きな趣味や経験などを活かして「楽しく、自分らしく起業」するというコンセプトの起業スタイルです。
いわゆる副業との違いは、副業は会社員などの本業を持つものであるのに対し、「プチ起業」は規模が小規模ではあるものの「起業」の要素が含まれる働き方で、自身が経営者である点が副業とは異なります。

また、小規模で起業できるため、出産後、子育てをしながら仕事をしたい、子供に手が掛からなくなったので何かをはじめてみたい、という女性の方でもプチ起業は可能です。
「プチ起業」はスタート段階での資本投資が少なく、自分の時間で自分らしく好きなことで働くことを可能にします。
起業のハードルを低く設定し、稼ぐことを自分のライフスタイルに盛り込むというのが「プチ起業」だと言えます。

見逃せない!プチ起業のメリット

まずは、プチ起業のメリットを確認してみることにしましょう。
もちろん、メリットはその人によって様々ではありますが、おおよそ共通するのは次の3つです。

メリット.1 自分のスキルで新しい収入源を生み出す

これまでにない経済的な収入源を見出すことができれば、生活にもゆとりができます。

これまでできなかった経験や家族に夢を実現させることができるようになる収入源は、やはり重要です。
その収入源が、自身のスキルや経験を活用できるとなればその喜びは大きくなります。

メリット.2 自分の生きがいを見出すことができる

自分の好きなことがベースになっているプチ起業では、自己実現、社会貢献というモチベーションにもつながりやすいため、成功する確率が高くなるでしょう。

会社や家庭では求められていることは、「そのチームの役割を果たすこと」ですが、プチ起業においてはその役割そのものを自分で作り出すことができます。
それは生活に適度な刺激が生まれ、自分の生きがいにもなるのです。

メリット.3 小さく始めて、軌道に乗れば大きくすることも可能

起業とはいっても、最初から法人を立ち上げるというものではありません。
ですが、その事業が拡大すれば、本格的な経営に結び付けることも可能です。
最初に成功事例を作り出すことができれば、人を雇用して経営のみに専念するようになることも可能です。

資本投資も少なくスタートすることができるため、仮に事業継続を断念する際にも、大きな損失を出す前にその判断ができるというのも大きなメリットでしょう。

知っておきたい!プチ起業のデメリット

メリットだけではなく、プチ起業のデメリットもしっかり確認しておきましょう。
プチ起業とはいえ、起業することのデメリットや苦労を認識しておくのも重要なことです。

デメリット.1 ゼロから全てを作り上げなければならない

会社員であれば、会社が用意したもの、規則、営業方法、材料などでサービス提供を行えば一定の評価を得ることはできますが、プチ起業は自身でゼロから全て作り上げなければなりません。
いわゆる「創業期」というのはどんな業種でも大変なものです。

もちろん、自己管理能力、計画性、改善力などは必須能力ですし、それを誰かが指示してくれるわけではありません。
行動力と作業量が必要になります。

メリット.2 経理業務が必要

もちろん、どんな起業でも利益を得れば税金を支払う義務が生じます。
会社員であれば、経理部署が代わって給与から天引きにより処理してくれますが、プチ起業をしたら経理処理まで全て自分でやる必要があります。
スタート時は「開業届」を税務署に提出し、年に1回は「確定申告」を行わなければなりません。
「確定申告」のためには、簿記の知識は最低限必要になりますし、経験のない方は少し面倒に感じてしまうかもしれません。

プチ起業するにはどんな業種がある?

ここからは具体的にプチ起業で成功している業種などを紹介していきます。

共通するのは、「インターネットを駆使」し、「できるだけ少ない資本でスタートできる」ということです。
都市格差をなくし、自分の好きな時間で業務ができるというのが大きなポイントだといえるでしょう。

IT系(デザイナー、エンジニアetc.)

IT系はプチ起業の花形といえる業種で、最も成功する可能性の高いものでしょう。
ソーシャルネットワークサービスで、プログラムやデザインの仕事を受けて収入を得るというのはこれまでの経験などを活かしやすく、単価もある程度見込める分野です。

外注するメリットを見出している起業も増えているため、これからもその需要が伸びる業種でもあり、プチ起業との相性は抜群です。
働いた分だけお金になる」という面も非常にやりがいを感じるでしょう。

ネットショップ系

安く仕入れて、利益を乗せて販売することができれば、それはそのまま商売になります。
これまでは安定した販売ルートが見出しにくかった物販ビジネスも、ネットショップの普及により誰もがスタートしやすい業種となりました。
メルカリなどのフリマアプリも充実してきたため、最初はフリマアプリから始め、ネットショップに拡大させると利益を得やすくなります。

ただし、多くの人と競合する分野でもあるため、差別化を図るためには自身のハンドメイド商品など、オリジナルの要素が求められることになります。

ブログ(アフィリエイト、アドセンスなどの広告収入)

ブログもプチ起業には相性のいいビジネスといえます。

基本的には、企業のアフィリサイト広告を利用して稼ぐというものですが、ブログはただ単純に記事を書くというものでは、結果がなかなか難しい分野です。
逆に考えると、マーケティング戦略やライティング能力を磨きやすいというスキルアップにもなるビジネスです。

最近ではブログだけでなく、映像にしたブイログやYou tubeなどへの動画投稿なども、基本的にはこの分野に含まれます。
この分野は非常に業界的にも注目されているビジネスでもあるため、その可能性は非常に大きいのが特徴的です。

コンサルタント系

これまで、何かで成功した経験を持っている人に限られる分野ではありますが、コンサルタント系は非常にプチ起業しやすい分野です。

現在では「情報」や「経験」というものが収入源になる時代です。
しかし、それには「信頼性」や「根拠」となるものが必須になります。

どんな分野でも強烈な成功事例と、それらのエビデンスを持っている人はそれを発信することで、コンサルタントとして利益化することができるでしょう。

プチ起業で成功するためのポイント

プチ起業がいかにリスクを少なくスタートできるからといっても、「起業」の1つであることは何も変わりません。
気軽に起業はできるけれども、気軽に始めてもなかなか成功するのは難しいのが本当のところです。

では、成功するためにはどのようなポイントをおさえておく必要があるでしょうか?

ポイント.1 具体的な目標を立てる

まずは、このプチ起業で「どの程度の収入を得たいのか?」という目標を明確にしましょう。
あまりに高く設定してしまうと、生活にも支障が出てしまいます。
具体的に達成の可能性のある目標を決め、そのための行動を地道に行うのが重要です。

もちろん、最初は要領もつかめないために1つのサービスを行うにも手間も時間もかかります。
そのことを念頭に置き、目標設定を行いましょう。

ポイント.2 既に成功している人を参考にする

これはビジネスの鉄則ですが、現在軌道に乗っている人を参考にすることです。
単純にマネをするということではなく、「なぜ、この人は成功しているのか?」という点を客観的に分析しましょう。

かつては、セミナーなどに参加し情報や人脈を作るのが主流でしたが、現在では多くの人が情報発信を行っています。
それらの人から信頼できる情報を分析し、自分のものにしていくというのが成功の可能性を飛躍的に向上させるテクニックです。

ポイント.3 時代に合ったビジネスを行う

ビジネスの成功は、「時代に合ったサービスを提供しているか?」という点が非常に大きなポイントになってきます。
現在では、インターネットを使わない物販など考えられませんし、スマートフォンを使わないビジネスなどありえません。
できるだけ、「これから主流になるであろう」という分野にできるだけ早い段階でポジションを確立させるということも重要です。

そのためには、まだ開拓されていない分野に自分が真っ先に飛び込む勇気も必要だといえます。

ポイント.4 相談できる人がいること

プチ起業を行うことで個人事業主として独立したら、サラリーマンとは様々な違いが発生することになります。
例えば、個人事業主になれば「国民健康保険」と「国民年金」への加入を行う必要があります。

これらは、かつて同僚であったサラリーマンに相談しても、解決できない問題であったりします。
保険の加入手続きなどは、ある程度調べることも可能ですが「集客の方法」、「帳簿への記入」「節税のやり方」などは、起業した人でないと相談できない内容だったりします。

そのため、起業した人で、気軽に相談できる人がいるのが理想的です。
もし周囲でいなくても、いざという時に相談できる税理士などがいると非常に心強いと思います。

思わぬ落とし穴!プチ起業を始める際の注意点

少しずつ、プチ起業のイメージがつかめてきたでしょうか?
ここからは、プチ副業を始める際の注意点をお伝えしたいと思います。

重ねてお伝えしますが、プチ起業はあくまでも「起業」であることを忘れずに準備するようにしましょう。

事業を開始するなら開業届が必要

プチ起業を始めるにあたり、開業届を所轄の税務署に提出する必要があります。
開業して事業を開始してから、1ヶ月以内に提出しましょう。

開業届と聞くと非常に難しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、開業届の申請書はそこまで複雑なものではありません。
国税庁のホームページから申請書の様式をダウンロードすることができますので、まずはそちらを見てみるのがいいと思います。

所得が20万円以上ある場合は確定申告が必要

プチ起業して、年に所得が20万円以上ある場合は確定申告が必要となります。
そのため、開業届を出す際に、必ず「青色申告承認申請書」の提出をするようにしましょう。

これからは事業主として、節税などの点も考える必要があります。
プチ起業して個人事業主として開業するときには、白色申告と青色申告のどちらかを選択する必要がありますが、基本的には青色申告をお勧めします。

青色申告には所得金額から最高65万円を控除できる「青色申告特別控除」や、事業のために購入した30万円未満のものを経費として計上できる「少額減価償却資産の特例」といった、開業するにあたって嬉しいメリットがたくさんあります。
開業のための準備として、必ず確定申告のための準備をするようにしましょう。

まとめ

副業は時代遅れ!?これからは「プチ起業」で賢く稼ぐ!

前述しましたが、プチ起業して成功するためにはその「計画」や「目標」が明確になっていることが重要です。

プチ起業は自身の夢を実現させるためのものですが、頭の中に漠然としたイメージがあるだけではなかなか上手くいきません。
それらのイメージを具体的な計画として、事業計画書を作成してみましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

事業計画書は、顧客や、取引先など自分の起業とその事業に関わる人たちに対して、「どのように事業を展開していくか」を知ってもらう上で非常に重要なものなのです。事業を成功させるためには「必須」ともいえます。

Bricks&UKでは、計画書の無料診断を実施しています。
多くの中小・ベンチャー企業の経営をサポートしている実績のある専門家に計画書を客観的に見てもらうことで、「自分の足りないもの」や「このビジネスモデルに問題はないのか」ということを明確にすることができるでしょう。

まずは気軽に問い合わせくださいませ。

創業時の融資相談もBricks&UKにおまかせください!

当サイトを運営する「税理士法人Bricks&UK」は、顧問契約数1700社以上、資金繰りをはじめ経営に関するコンサルティングを得意分野とする総合事務所です。
中小企業庁が認定する公的な支援機関「認定支援機関(経営革新等支援機関)」の税理士法人が、日本政策金融公庫の資金調達をサポートします。

資金調達に必要な試算表、収支計画書などを作成していきますので、資金調達のサポートと、借入後の資金繰りをしっかりと見ていくことができます。
そのため、皆様の経営の安定化に、すぐに取り掛かることができます!
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談を申し込む!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「その計画書で大丈夫!?」
無料診断&アドバイス申込み受付中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
「その計画書で大丈夫!?」無料診断&アドバイス申込み受付中!

日本政策金融公庫が、融資審査時に提出を求める重要な書類が「創業計画書」です。
創業計画書とは文字通り、創業するための計画書のこと。
この創業計画書のクオリティが、融資成功のカギと言っても過言ではありません。
記入する項目は、インターネットなどで調べれば見本が見つかるので、「それくらい自分でもできるよ!」と思う方が多くいらっしゃいます。
しかし実際にはどれだけ上手く、それらしく創業計画書を作成しても「それだけではダメ」なんです!

なぜそれだけではダメなのか?成否を分けるポイントはどこなのか?
ここを知っているかどうかが、融資成功の分かれ道になります。

しかも融資審査は一発勝負!
審査に落ちると、最低6か月は再申し込みができません…!

専任の創業融資コンサルタントが、無料で診断いたします。
メールフォームまたはLINEからお気軽にお申し込みください。


お申込みはこちらから