創業時の銀行口座開設について

創業時の銀行口座開設について
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

それぞれの銀行について解説

会社設立する際に、会社の資金を管理するために多くの場合は銀行口座を開設します。
しかし、銀行口座を開設するといっても都市銀行・地方銀行・ネットバンクなどさまざまな銀行があるため、どの銀行を選んだらよいのは迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は創業にあたって必要な銀行口座を紹介し、もし開設するのであればどの銀行がおすすめなのか解説します。

法人口座について

会社を設立する際には一般的に法人口座を開設します。
法人口座とは、会社名義で運用される金融機関の口座のことをいいます。

法人口座の開設自体は、必ず行わなければいけないことではありませんが、特別な理由がなければ、創業時に開設するのは一般的となっています。

法人口座と代表者個人名義の口座の違いとは

法人口座とは、個人名義とは別の「人格」を確立します。
このことから、もし会社の代表者が会社を辞めた場合においても、会社自体は継続して行うことができます。

法人口座は個人口座とは別に管理されるため、会社の収入や支出の管理は別に行う必要があります。
法人口座は「××株式会社」として開設されるため、商品の仕入金や従業員の給与はこの口座から引き出されることになります。
そのため、法人口座は会社の代表者であったとしてもプライベートのために資金を引き出してはいけないことになっています。

一方で、個人口座は個人の資金を管理する口座となっており、個人口座からお金を引き出すことができるのは名義人本人のみとなっています。
もし、会社の経営を行うにあたって資金が必要になったとしても、会社の代表者個人口座から従業員がお金を引き出すということはできません。

法人口座は必ず作らなければいけない?

法人口座の開設は、法律などで義務付けられているということはないため、会社代表の個人名義口座で取引を行っても問題はありません。
しかし、取引先から考えると取引で生じた金銭を個人口座に振り込むというのは、違和感や場合によっては不信感が出てしまう可能性もあります。

また、会社の取引にも関わらず個人口座でやり取りをしていると、税務署にその金銭をプライベートなどで使用しているのではないかという疑惑を持ってしまうこともあります。

これらのことから、会社の経営をさまざまな人から不審に思われないように、法人口座を開設することが望ましいと言えます。

法人口座の種類

実際に法人口座を開設する場合にあたっての種類は、大きく分けてメガバンク・都市銀行・地方銀行など各都道府県で展開している銀行と、ネットバンクに分けることができ、それぞれの銀行にも特徴があります。
また、その他にも各都道府県の銀行が行っているサービスでインターネットバンキング(オンラインバンキング)があります。

各都道府県の銀行というのは一般的な銀行であるためイメージは付いていると思いますが、ネットバンクとインターネットバンキングの違いに関しては詳しく知らない人もいると思います。
ここではネットバンクとインターネットバンキングの違いについて解説します。

ネットバンクとは

「ネットバンク」とは、実際の店舗を持たない、もしくは持っていても最小限の店舗のみを持って取引に関してはインターネットを中心に行われます。

実際にお金を引き出したり入金する場合は、コンビニのATMなどを利用し、それ以外の操作はすべてパソコンまたはスマートフォンで行います。

基本的に実店舗を持たないため不安に思われる人もいますが、「ネットバンク」も銀行免許を取得している正式な銀行のため、もし銀行が倒産してしまっても預金が保護される制度である「預金保険制度」に加入しているため安心して利用することができます。

インターネットバンキングとは

ネットバンクとよく似た言葉に「インターネットバンキング」というものがあります。
言葉は似ていますがネットバンクとは異なります。

インターネットバンキングは、都市銀行・地方銀行・信用金庫などが行っている取引サービスの1つで、銀行との取引である残高・明細照会や振込などをスマートフォンやパソコンから利用することができます。

インターネットバンキングでは、自宅や外出先などで、銀行の営業時間を気にすることなく振込や残高照会などをすることができ、その便利さから、インターネットバンキングの利用は急速に拡大しています。

都市銀行とネットバンクのメリット・デメリット

上記で解説したように、法人口座は都市銀行とネットバンクに分けることができます。
それぞれメリットとデメリットがありますので解説します。

都市銀行のメリット・デメリット

都市銀行のメリットとしては、まず店舗数が多くなっており、知名度も比較的高くなっています。
そのため、入出金や振込手続きなどだけではなく、融資の相談などさまざまな相談を窓口で行うことができます。

また、知名度の高いメガバンクに法人口座を持っていると、会社の信用度も高くなり、取引のときにも役に立つ場合もあります。

一方、デメリットとしてはネットバンクと比較すると、他の銀行宛てへの振込手数料が高い傾向があります。
そのため、他銀行に振り込む機会が多い会社でコストを軽減したい場合はネットバンクがおすすめです。

一般的に、都市銀行で法人口座を開設する場合は、ネットバンクより審査が厳しいといわれています。
もし都市銀行で法人口座を断られた場合は、ネットバンクで法人口座開設を検討するのも手です。

ネットバンクのメリット・デメリット

ネットバンクではオンライン上で、残高照会・取引履歴の確認・振込など、さまざまな手続きを基本的に24時間365日行うことができるのが特徴となっています。

ネットバンクはインターネット上で手続きを行えるため、わざわざ店舗に足を運ぶ必要性もなく、時間や労力を軽減することができます。
現金の出し入れに関しても、多くのコンビニや金融機関などの提携しているATMで行うことができるため、ネットバンク自体の店舗がなくても大きな問題にはなりません。

また他銀行への振込手数料に関しても都市銀行よりも安い傾向となっているため、他銀行への振り込みが多い法人にはメリットと言えます。

一方、デメリットとしてはネットバンクで口座を開設する場合、提出した書類で開設可能かの判断をされます。
都市銀行の場合は書類提出の他にも実際に面談があり、その際に事業内容や計画など説明する機会がありますが、ネットバンクに関しては面談の機会はありません。

またネットバンクは通常の銀行と比較しても歴史が新しいため、知名度が低くなります。
そのため、取引する会社によっては会社の信頼性を主要な銀行で判断する場合もあるため、そのような場合はネットバンクでは不利になります。

まとめ

創業時の銀行口座開設について

今回は、会社を創業する際の銀行口座について解説しました。

会社設立の際は一般的に法人口座を開設します。
その開設する法人口座は、大きく分けて都市銀行とネットバンクに分けることができます。

都市銀行は知名度が高く、融資などの相談も行いやすいメリットがありますが、他銀行への振り込み時の手数料などが高い場合が多くあります。

一方、ネットバンクは他銀行への振り込み時の手数料などは安くなっていますが、店舗が少ないため、実際に相談を行いにくかったり、知名度が都市銀行より低くなってしまいます。

そのため、法人口座を開設する場合は自社がどのような内容に重点を置くのかを考えて、都市銀行かネットバンクかを選ぶ必要があります。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「経営者になる」
夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から夢だった経営者になるという夢。ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化に恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、会社設立から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


会社設立の無料相談へ