共同経営の成功の秘訣は?メリット・デメリットは?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

当然ですが会社には経営者がいます。
その経営者は1人とは限らず、共同経営者という形をとることもあります。起業するにあたって共同経営を考える人もいるでしょう。
共同経営は複数人で事業を運営していくため、メリットもありますがデメリットもあります。それらを把握したうえで選択し、失敗のリスクを減らしておきましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

共同経営の形態

共同経営は成立する?メリット・デメリット

共同経営というと、まずは2人以上の人間が共同で会社を設立するケースを思い浮かべる人が多いでしょう。

その他、共同経営には業務ごとに経営を分けるという形もあり、営業・経理・開発など、それぞれに責任者を配置するケースもあります。株式会社では、各個人が出資するという形もあるでしょう。
複数人の「個人事業主」が共同で団体や組合を作る場合も共同経営に含まれます。共同経営者として業務提携を結ぶ、という形もあります。

形態の違いによる注意点も見ておきましょう。

出資の場合は出資比率で権限や影響力が変わる

株式会社の場合、出資者として複数人が経営者となると、出資率の大きさにより権限が変わります。
基本的に、出資率が大きければ権限も強くなると考えてください。同様に決定権の強さ・範囲も変わります。

あくまで共同経営者全員に平等な権限を持たせる場合、出資金も同等に折半する必要が出てくるでしょう。

出資者と経営者は別のケースもある

出資者がオーナーやスポンサーの立場となり、実際の経営や実務はパートナーとなる別の人に任せるという形もあります。
飲食店を例にすると、1人が出資金を出し、料理や経営の実務はパートナーが行うという形です。

このタイプの共同経営では、オーナーに一番の権限があり、問題などがあった場合には共同経営者であるパートナーを解雇することもできます。対等の共同経営者とは別と考えたほうがよいでしょう。
とはいえ、パートナーにまったく権限がないとは限りません。
担当している分野や事業の範囲内のことでは、強い決定権がある場合も多いのです。

共同経営のメリット

共同経営は成立する?メリット・デメリット

共同経営を選択した場合、どのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

資本金が増える

共同経営者になるには、出資金が必要です。
共同経営者が多くいれば、必然的に出資金の金額が大きくなります。
結果、一人で起業するより多くの資本金を得ることになるでしょう。

起業はスタートであり、目的ではありません。
経営者には、利益を出して事業を継続・発展させることが求められます。
資本金が多ければ、運転資金や設備投資の負担を軽くすることができるでしょう。経済的な面が潤うことで、それに伴う精神的な負担も軽くなるというメリットもあります。

お互いの弱い部分をカバーできる

人には誰しも得手・不得手がありますよね。共同経営者がいれば、互いの不得意な部分を補うこともできます。

経営判断をすることや戦略を考えることは得意だけれども、他社との交渉事は苦手、という人もいるでしょう。営業出身など、交渉が得意な人との共同経営であれば任せることもできます。

経営者が一人であれば、不得意なことにも対応しなければなりません。起業したばかりのときは、雇える社員の人数も限られているでしょうから、共同経営者がいることは大きな強みとなります。

体調不良になってもパートナーがいれば安心

一人での起業で大きなネックとなるのが、自分が病気など不測の事態によって働けなくなることです。その点、共同経営者がいれば、少なくともほったらかしになることはなく、臨時に人を雇ってでも事業を継続していけるでしょう。

もちろん、共同経営者がいることで、一人で深夜まで働き続けたり、一人きりで大きなプレッシャーと戦ったりなどの無理をせずに済むケースもあるでしょう。そうなれば健康管理もしやすくなります。

従業員がいる場合にも、トップが不在となれば指揮系統などでの不安が生じますが、共同経営者がいれば安心して任せられます。

起業の不安を軽くできる

始めて事業を興すとなると、誰もが大なり小なりの不安を覚えることでしょう。本当にうまくいくだろうか、継続してやっていけるだろうか、と考えてしまったり、第一歩が踏み切れなかったりするのも当たり前のことです。

しかし共同経営者がいれば、そういった不安も互いに鼓舞するなどして軽くできます。多くの人が、「この人と一緒なら何とかなるだろう」という理由で共同経営者を選ぶのではないでしょうか。

不安やプレッシャーなどが軽減できるのも、共同経営者というパートナーがいてこそかもしれません。

気兼ねなく相談できる

共同経営者は、自分と利害を1つにし、同じ立場で物事を見る人間です。事業についていつでも気軽に相談できるのも、共同経営のメリットの1つ。

経営者という立場は、孤独とも言われます。
企業のトップであり、通常、同等の立場の人間は会社内にいないですし、経営者という立場が同じ人となると、通常は他社の人間です。

自社の事業について相談したくても、機密事項や重要なことを他人には簡単に話すことができませんし、たとえアドバイスをもらったとしても、良心からの適切なアドバイスかどうか疑わしい、なんてこともあり得るでしょう。

運命共同体というと大げさかもしれませんが、同じ目標をもって進む共同経営者だからこそ気兼ねなく相談ができると言えます。

独りよがりにならない

共同経営者がいると無謀な暴走が起きにくいことも、共同経営の大きなメリットです。

周囲は明らかに無謀だと感じているのに、ワンマン経営者だけが一人、自分の策に盛り上がってしまうケースがあります。
失敗すれば経営に大きな影を落としますし、成功したとしても周囲との軋轢ができるおそれがあります。

ワンマン経営の場合、自分の決断が正しいかの判断は難しいものです。下の人間から上の人間に経営について意見することはまずありませんし、できたとしても聞く耳を持たないということもあるでしょう。

しかし共同経営者がいれば、通常は決定も一人ではなく共同経営者とともに行うため、第三者の冷静な意見にも耳を傾け、重要事項を決定していくことになるでしょう。
固まった考えをほぐすという意味でも、共同経営者の存在は大きいと言えます。

コネクションや人間関係が広がる

自分一人だけの人脈・コネクションだけでスタートするよりも、人数が多くなれば当然のこと、人脈やコネクションも広がります。そうなれば、より販路が広がりやすい、質の良い取引先が見つかりやすいといったメリットが期待できます。

上でも触れましたが、自分が社交的で人脈を広げることが得意ならそこに注力する、そうでなければ任せて経営に徹する、といった役割分担も可能です。

共同経営によるデメリット

共同経営は成立する?メリット・デメリット

共同経営には多くのメリットがある一方で、デメリットもあることは理解しておかねばなりません。
考えられる主なデメリットを挙げてみましょう。

意思決定が遅くなる

自分と共同経営者の出資率が同じ場合、意見が合致していればスムーズですが、少しでも意見が違えば意思決定が遅くなります。

自分はチャンスだと思い早く動きたいと思っているのに、共同経営者が「いやもうちょっと様子を見よう」と慎重になると、そこから話が進まないことにもなりかねません。

意思決定が早い、遅いという経営方針の相違で失敗すれば、不信感が生じたり、責任を押し付け合ったりといった事態を招くことになります。

人間関係は、一度こじれるとなかなか修復できないこともあります。共同経営者と揉め、そのまま破綻というケースも珍しくないのです。

仕事量のバランスが取れていないと不満が出る

仕事量のバランスが平等でなければ、不平不満につながります。

自分ばかりに面倒な仕事を押し付けられて、相手は遊んでばかりいれば、不満が出るのも当然でしょう。もちろん逆もしかりです。

パートナーと友達関係である場合、気軽に休みを取ることもできます。ただ、一人だけ休日が多く、空いた部分をもう一方がすべてカバーする、という事態が続けば、片方が平等ではないと感じてしまいます。

そういった些細なことがきっかけとなり破綻につながる可能性も十分にあるのです。

適当にパートナーを決めるとすぐに破綻する

共同経営者を決めるときは、適当ではいけません。単に「友達だから」「お金を持っているから」など、一面だけを見て決めるのは危険です。適当にパートナーを決めると、どこかでほころびが出ます。

ほころびが出やすい一番のポイントは経営方針です。例えば、全国展開で店舗数を増やすことが目的の経営者と、地元密着で無難な経営を考えている経営者なら、考えのすり合わせなどを行わない限りぶつかるのは当然でしょう。

仕事面では優秀な人物であっても、素行に問題があれば事業経営にもマイナス要因となり得ます。友人としては最高だれども、仕事を一緒にすると合わない、という関係はよくあるものです。

本人の性格や信念、倫理観といった個人的なところから、事業に対する理念、価値観、経営方針まで、多くの面を見て「合う」と感じることが必要でしょう。

金銭問題が起きやすい

金銭面での問題は、共同経営を破綻させる大きな原因の1つです。
例えば、どちらか一方の給与が少ないと、不満が生じます。レストラン経営を例にして考えてみましょう。出資金も多く出し、広報や営業も得意な経営者がいたとします。
もう1人の共同経営者は腕が確かなシェフで、利益が出ているのは自分が作る料理が美味しいからだと考えているとしましょう。

オーナーは「自分が多く出資して店を出し、広報や営業を上手くやっているから客が増えて、売上が伸びている。だから給与はシェフより高くて当然と考えるでしょう。

一方のシェフは「自分が美味しい料理を作っているから売り上げがアップしているのに、なぜ、オーナーより給与は少ないのか?」と疑問や不満を持つはずです。

また、資金の使い方で揉めたり、使途不明金が出てきたり、最悪の場合は資金を持ち出したりするようなことも、絶対に起きないとは言えません。

共同経営者にするなら金銭面に明るく、まじめな人を条件にする、などの考慮もしておくのが得策です。

まとめ

共同経営には、数多くのメリットがあります。
起業時の経済的・精神的な負担を分散でき、事業経営に関して同じ立場の人間がいることは、互いに心強いと感じるでしょう。

ただ、デメリットも少なくありません。
経営方針に違いが出れば意思決定も遅くなりますし、ちょっとした意見の食い違いにより組織が一気に瓦解する危険性もあります。
経営面の食い違いや金銭面での揉め事は致命傷にもなるものです。

共同経営を考えるなら、あらかじめこういったメリット・デメリットを把握して慎重に共同経営者を選び、問題が起きないようにルール作りをしておくなどの対策を取ることをおすすめします。

合わせて読みたいおすすめ記事

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント