知っておきたい!会社設立で決めておくべきこと

知っておきたい!会社設立で決めておくべきこと
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

事前に決めておいた方がいいこと

会社設立をする際は、設立前に決めておいた方がいいことはたくさんあります。
基本的な事項以外に、何を決めておくとスムーズに経営できるのでしょうか?
心構えや必要事項を紹介します。

合わせて読みたいおすすめ記事

会社設立前に決めておいたほうがよい対応方法

会社設立前に決めておいた方がいいのは「何があったときにどうするのか」という基本的な対応方法です。
いざ問題が起こってから対処を考えているのでは、遅いケースがあります。
また、今後の方向性なども合わせて考えておきましょう。

事業が失敗したときの対応策を決めておく

会社設立の前に、もし事業がうまくいかなかった場合どうするのか決めておくのは大切です。
「失敗した場合のことなど考えたくない」と思う人も多いですが、いざ事業を始めてから考えるのでは正確な判断を下す時間がありません。
「いつ頃までに目標が達成できなければ諦める」など、具体的な期限を決めておきましょう。

設立の際には事業計画書も提出しますが、計画書の内容はあくまでもスムーズに事業が進んだ時を想定した話です。
当然ながら事業がうまくいかなかった時のことまで計画書に盛り込んだりはしません。
それを読んだ融資審査の担当者からは、成功する気がないと捉えられてしまう恐れがあります。

それとは別に、自分の心の中でやめ時や期限を決めておくことで、悪い状況にならないよう注意する癖がつきます。

仲間や出資者とトラブルが起きた場合の解決方法を決めておく

会社設立は、1人でするとは限りません。
複数の仲間や、出資者とともに起業するケースもあるでしょう。

1人の場合は、自分の好きなときに引き際を決められますが、複数人での企業となるとそうはいきません。
周囲とトラブルになったとき、どうするのかは事前に決めておくほうが安心です。

会社を立ち上げる時点では、全員団結力を持って起業にあたっています。
その時点でトラブル時の解決方法を決めておくことで、不公平にならない判断ができるでしょう。

もちろん全員が納得いく解決方法になるとは限りませんが、事前に決めておくだけでも争いが悪化せずに済みます。
経営状況がよい場合でも、内輪もめが発生する可能性は考慮しておきましょう。

会社設立前に決めておきたい必要事項

会社で使うサービスは、なるべく設立前に候補をしぼっておきたいものです。
特に業務開始からすぐに使う公共サービスなどは、利用の有無についても決めておきましょう。

また、会社の規模や今後移転の可能性があるのかなども、ある程度設立前に目安があると経営がスムーズに進みます。

会社の規模

会社の規模がどのくらいになるのか、最初に決めておくのは重要です。
なぜなら、会社の規模によって社会保険の対象者など従業員を雇うときのルールが変化するためです。

規模を大きくすれば設立後にしなければならないことも増えます。
自分が何をしなければならないか判断するためにも、会社の規模をどのくらいにするのか大まかにでも決めておきましょう。

電話番号

法人用の電話番号を決めておくことも、会社設立にあたっては大切です。
もちろん会社の規模によっては、わざわざ会社用の電話番号を取得しないことも考えられますが、それでも電話番号の取得をするかどうかは決めておかなければならないでしょう。

法人用電話番は必須ではありませんが、会社設立時には電話番号の登記も求められます。
今後ずっと携帯電話を使い続けるというのであれば問題はありませんが、変更するとなると手間がかかります。
できれば会社用の電話番号を取得しておくほうが、何かと都合がよいでしょう。

さらに登記簿は誰でも見られるもののため、代表者の個人携帯が表示されていることはあまり好ましくありません。
会社を経営していくにあたり、長期間利用できる番号を取得しておきましょう。

インターネット回線業者

インターネット回線の準備も、業務によって欠かせません。
どの業者を利用するのか決めておきましょう。

会社設立後すぐにネット回線を利用するのであれば、早めに検討が必要です。
業者によって料金やサービスはかなり変化します。自分の会社に合わせたサービスを探しておきましょう。

公共サービスの利用有無

電気やガス、水道などの公共サービスの利用有無も決めておくべきことです。
会社で使うのであれば業者の選定もしなければなりません。

水道料金は地域によって変わるため、会社の所在地によって自動的に決まりますが、電気とガスは自由化しています。
業者によっては、利用しやすいプランを用意しているかもしれません。
光熱費などは会社の経費となるため、抑えられるところは抑えたほうが有利です。
サポート体制なども含めて、どのようなメリットとデメリットがあるのか把握し、業者選定を行いましょう。

一般的な公共事業者を利用する場合でも、プランによって料金に差が出てきます。

本店所在地が移転する可能性の有無

会社の本店所在地は必ず決めなければなりません。
しかし、住所をどこまで書くかはある程度自由です。
つまり、将来本店が近くに移転する可能性があるとき、所在地を市区町村までにしておけば変更の必要はありません。

会社設立時は自宅を本店として、事業が軌道に乗ってくれば移転の可能性が高いという場合は、所在地の場所を幅広く設定しておくことをおすすめします。

もちろん、確定事項ではないため、移転するとしても別の都市に進出すると考えられる場合は気にしなくてもよいでしょう。
しかし、定款に定めてしまう前にだいたいの移転の可能性を考えておくことは大切です。

まとめ

知っておきたい!会社設立で決めておくべきこと

基本的なルール以外で、会社設立のときに決めておいた方がいいことを紹介しました。
利用する業者や今後の事業展開などは、ある程度決めておいた方が業務開始に手間取りません。
また、設立前にトラブルへの備えをしておくのも大切です。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「経営者になる」
夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から夢だった経営者になるという夢。ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化に恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、会社設立から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


会社設立の無料相談へ