【日本政策金融公庫】
創業融資の流れと必要書類

日本政策金融公庫が行う創業支援
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

日本政策金融公庫で融資を受けるには

日本政策金融公庫で融資を受けるためには、一般的に、次の5つのステップで手続きを行うことになります。

STEP.1 相談
STEP.2 申し込み
STEP.3 面談
STEP.4 融資
STEP.5 返済

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

STEP.1 相談

日本政策金融公庫の融資については、電話または支店窓口で相談することができます。

  • 電話で相談する場合…事業資金相談ダイヤルに電話をかけて、融資制度や申込手続等について相談
  • 支店窓口で相談する場合…相談の際に、創業計画書を持参すると、より具体的な相談をすることが可能

※創業計画書は公式ホームページよりダウンロード

STEP.2 申し込み

借入申込書および添付書類を提出することにより、融資の申し込みをすることが可能です。
なお、郵送による提出も受け付けています。

一般的な添付書類は、次のとおりです。

  • 創業計画書
  • 見積書(設備資金の申込の場合)
  • 履歴事項全部証明書または登記簿謄本(法人の場合)
  • 不動産の登記簿謄本または登記事項証明書(担保を希望する場合)

また、公式ホームページから申し込み受付をすることもできます。
公式ホームページから申し込む場合は、後日添付書類を提出します。

ただし、飲食店や理美容業など、生活衛生関係の業務の場合は、まず都道府県知事の「推せん書」または、生活衛生同業組合の「振興事業に係る資金証明書」を提出する必要があり、これらの提出後に受付となります。

申込窓口は、原則、法人として創業する場合は本店所在地、個人で創業する場合は創業予定地近くの支店です。
ただし、本店所在地や創業予定地が自宅から遠い場合には、自宅から近い支店に一度ご相談ください。

STEP.3 面談

面談では、事業計画などについて話をします。
事業計画についての資料や、資産・負債のわかる書類などを用意します。
また、店舗や工場への訪問もあり、事業計画などをさまざまな角度から検討したうえで、融資が可能かどうか判断されることになります。

STEP.4 融資

融資が決まると、契約に必要な書類が送られてきます。
契約手続きが完了したら、希望した銀行口座等へ融資額が振り込まれます。

STEP.5 返済

返済は、原則として月賦払いとなっています。
返済方法には、元金均等返済、元利均等返済、ステップ(段階)返済などがあります。

【徹底比較】自分で直接融資手続きvs専門家に依頼して手続き

創業融資の流れと必要書類

日本政策金融公庫で融資を受けるためには、自分で直接融資手続きをする方法と、専門家に依頼して手続きをする方法があります。
自分で行うのと、専門家が行うのとではどのような違いがあるのでしょう?

相談や書類の準備の違い

手続きの流れは、自分で行う場合も専門家に依頼する場合も、概ね前述のとおりですが、専門家に依頼する場合、手続きの過程で、少しずつ違った点があります。

自分で手続きをする場合も、日本政策金融公庫に事前に相談することができますが、どちらかというと、創業計画書の書き方など、一般的な相談となります。
そして、必要書類はすべて自分で作成して取り揃えなくてはいけません。

それに対して専門家に依頼する場合、事前相談は日本政策金融公庫ではなく、専門家に相談します。
専門家に依頼すると、どうすれば融資を受けやすいのかなど、より内容に踏み込んだ相談をすることができます。
必要書類についても、専門家が日本政策金融公庫とやりとりして確認してくれますので、ミスなく書類作成をすることが可能です。

メリット・デメリット

自分で手続きをすれば、専門家に依頼するためのコストがかからずに済むというメリットがあります。
専門家に依頼すると、その分コストはかかりますが、より細かい点まで相談することができ、融資を受けやすいよう内容に応じたアドバイスを受けることが可能です。
また、新しい事業のために、認定支援機関である専門家と一緒に事業計画を作ることを条件とした、低金利の融資もあります。

まとめ

創業融資の流れと必要書類

今回は、日本政策金融公庫で融資を受けるときの流れについて解説しました。
自分で手続きをする方法と専門家に依頼する方法がありますが、手続きの流れ自体は概ね同じです。
日本政策金融公庫で融資を受けたい場合には、本記事を手続きの参考にしていただければ幸いです。

ある方法で融資を申し込むと「6ヶ月以上」も待たなければならないリスクが増加?!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

新たな一歩を踏み出すためには多額の融資が必要な業界は多く存在します。融資のことが頭の中にあるあなたもそのお一人かもしれません。

ただ、その融資。ご自分で申し込みをしようとしていませんか?

日本政策金融公庫、制度融資も、万が一融資が通らなかった場合、最低でも6ヶ月間は再申し込みができません。 もしご自身で申し込みをされて審査が落ちた場合、次に融資へ申し込むことができるのは6ヶ月後になってしまいます。

美容や建設、飲食店など、開業には多くの融資が必要不可欠な方ほど、計画的に融資を申し込み開業への準備をしていかなくてはなりません。疑問や不安を残したまま申し込みをして審査に落ち、開業の夢が先延ばしになる前に、ぜひ専門家にご相談ください。

融資だけではなく経営についても様々なご相談を承っております。


融資に関するご相談はこちら