【独立開業を目指す方へ】
オープンに必要な準備-居酒屋・バル-

オープンに必要な準備-居酒屋・バル-
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

独立のための準備 店舗は?設備は?

オープンに必要な準備-居酒屋・バル-

独立開業して、居酒屋やバルを開店したいと考えているあなた。
実際にオープンするために、具体的にどんな物件にすべきか、どんな設備が必要なのかを、早い段階でチェックしておきましょう。

計画的にオープンまでの準備ができれば、短い期間でできるだけでなく、最低限のコストで自分の店を持つことができます。
今回は、「居酒屋・バル」を題材に、オープンするための店舗の選び方と、必要な設備について見てみましょう。

独立はしたいけど、手続きや計画が複雑で面倒…と感じているあなたへ

自分のお店を持つこと、会社を立ち上げることは遠い夢の話ではありません。 想いはあるけど実現までの方法が分からない、融資の手続きが面倒…というあなた。
面倒な事は私たちBricks&UKに任せて、大切なことだけに集中しませんか? 夢の実現への一番の近道です。

無料相談のお申し込みはこちら

居酒屋・バル 失敗しない店舗の選び方

一口に飲食店と言っても、ジャンルによって留意するべき項目が異なってきます。
居酒屋やバルが他の店舗と大きく違う点は、アルコールを提供することです。
当たり前だと思われるかもしれませんが、物件を探し始めると、そこが曖昧になってしまう人が少なくありません。

店舗選びに失敗すると、経営自体が苦しくなることもあるので、ここで最低限知っておくべき店舗の選び方や、店舗作りについてご紹介します。
オープンまでを効率的に進めるために、ぜひチェックしてください。

先にコンセプトを決めて立地を絞る

店舗物件を探す場合は、先にコンセプトを決めて立地を絞らなくては、集客が厳しくなります。
例えば、ターゲットが落ち着いた世代で高単価に設定する場合は、隠れ家的な雰囲気を出すために、駅の近くや中心街の中でも路地裏的な立地が好まれることがあります。

しかし、オシャレな店作りをして女性客をターゲットにする場合は、暗い路地などではなく明るく人通りの多い場所や、周囲のお店もオシャレな雰囲気である方がいいでしょう。
以上のように、「店舗のコンセプト」や「狙うターゲット層」に合わせて、最適な立地を選定していく必要があることを、まずは良く理解しておいてください。

また、当然ですがアルコールを出すお店の立地は、交通の便が良い場所にする必要があります。
最寄駅から近い、複数の路線が通っている、などアクセスの良い立地を確保できるようにしましょう

夜の雰囲気を事前に調査する

目ぼしい物件が見つかったら、契約する前に物件周辺の夜の雰囲気をチェックしてください。
できれば、平日や週末、月末など数日間に渡って実際に見にいくのがベストです。

昼間は賑わっていても、夜になると人通りが極端に少なくなったり、暗い雰囲気や危険を感じる雰囲気になったりすることもあります。
また、夜になると物件が目立たなくなるケースも稀にあります。

人気店の近くは認知されやすい面もある

周囲に人気店がある場合は、お客様に場所を認知されやすいので集客しやすくなることが多いです。
ただし、その人気店が同業でないこと、お客様のターゲットが同じか近いことが条件です。

人通りで集客する場合は、店舗の前の目立つ場所にメニューや看板が置けるかもチェックしてください。
人気店の近くに店を構えても、看板が出せなければ意味がありません。
また、入りやすい店舗作りにするのも大切です。

店舗の内装をDIYする際の注意点

できるだけ安く内装工事を済ませたい場合や、あえて手作り感のある内装にしたい場合は、DIYを考える人も多いのですが、その際はいくつか注意点があります。

まずは、コスト削減を狙っている場合は、本当にDIYの方が安いのかチェックすることです。
コストを抑えるつもりが、逆に費用が嵩んでしまうのでは本末転倒です。
そのためには、先に内装業者に見積もりをもらうといいでしょう。
DIYでも意外と費用が掛かることがあり、作業を終えてみるとプロに頼むのと費用が変わらないということはよくあります。

次に、DIYで工期が長くなるとオープンが遅れたり、他のことに手が回らず中途半端になったりすることがあります。
あなたはあくまでも経営者になるので、作業や雑用で経営を疎かにしないようにしましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

居酒屋・バルに必要な設備とは?

オープンに必要な準備-居酒屋・バル-

居酒屋やバルをオープンする際に、必要な設備についても見ておきましょう。
早めに把握しておくと、オープンまでに安価で手に入るチャンスを逃しません。

最低限必要な設備と、あると便利な設備に分けてご紹介します。あなたのお店のコンセプトや、提供する料理などで必要なものをチェックしてください。

居酒屋やバルに必ず必要な設備

まずは、居酒屋やバルをする際に必要な備品は次のとおりです。

  • 食器・グラス・カトラリーなど
  • ナプキン入れ・灰皿などのテーブル周辺の備品
  • スタッフのユニフォーム
  • テーブル・イス
  • 看板・メニュー板・メニューブック
  • 清掃用品
  • サイネージ用品
  • 内装装飾品

次に、厨房機器などの設備は以下の通りです。

  • シンク・調理台・ガス台・レンジ・オーブン・食器洗い乾燥機などの厨房機器
  • 冷蔵庫・冷凍庫・ワインクーラーなどの食材保管設備
  • 冷暖房機・防災防犯設備・音響、映像設備
  • レジ・クレジットカードリーダー・つり銭トレーなど会計機器
  • ビールサーバーなどアルコール関係の機器

これらは一般的に必要なものですが、あなたのお店には不要なものや、逆に書いてなくても必要なものもあるはずです。
お客さんの動線と、スタッフの動線を想像しながら、あなたのお店に必要なものを一覧にすると、買い忘れや無駄買いがなくなります。

居酒屋やバルにあると便利な設備

必須ではありませんが、あると便利な設備の中にオーダーシステムなどがあります。
近年、居酒屋などで使われることが多くなりましたが、スマホやタブレットなどでオーダーを取り、自動的に厨房とデータ共有できるシステムです。

他にも便利な設備はたくさんありますが、まずは最低限必要なものを揃えて、徐々にランクアップさせていく方がいいでしょう。
店舗の運営は、オープンしてみないと分からないことが多くあります。
その都度柔軟に対応できるよう、最初に備品を買い込みすぎないようにしてください。

まとめ

オープンに必要な準備-居酒屋・バル-

居酒屋やバルをオープンするまでには、考えることや行動すべきことが多く辟易してしまうかもしれません。
しかし、考えて動いた分だけオープンした後が楽になるので、準備段階で手を抜かないように注意してください。

すべきことは視覚化するために、タスクにして紙やスマホに書いておくと効率的に動けます。
あなたの理想が実現できるよう、スムーズに開店準備を進めてください。

「自分の店を持つ!」
ずっと抱いていた夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から憧れていた自分の店を持つという夢。

ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化を恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、店舗開業から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


独立開業の無料相談へ