【独立開業を目指す方へ】オープンに必要な準備
-ネイル・まつエクサロン-

【独立開業を目指す方へ】オープンに必要な準備-ネイル・まつエクサロン-
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

独立のための準備~店舗は?設備は?

【独立開業を目指す方へ】オープンに必要な準備-ネイル・まつエクサロン-

ネイルやまつげエクステサロンは、他の業種に比べて、比較的大掛かりな機材や設備が少なく、初期費用をかけずに開業できるのが魅力です。
特に店舗に関しては自宅の一室や、他の店舗を間借りするなどして開業すれば、初期費用だけでなくランニングコストも抑えられます。

とはいえ、安く開業するだけで経営のことを考えていなければ、店舗運営がうまくいかなくなります。
折角、開業したのに趣味の枠を超えられえない、というジレンマを抱えているサロン経営者も少なくありません。

開業後も安定して経営していくためには、最適な店舗への知識や設備について理解し、開業後の経営のことまで考えて準備しなくてはいけません。
ここでは、これからサロンを開業したいと思っているあなたへ、店舗や設備選びのコツや注意点をご紹介します。

ネイルやまつエクの店舗に最適に立地とは

【独立開業を目指す方へ】オープンに必要な準備-ネイル・まつエクサロン-

店舗を選ぶ際には、お店のコンセプトに合った客層に好まれる立地や、内装にしなくてはいけません。
ターゲットとなるお客様の、交通手段や好みの内装を把握し、ベストな場所を探しましょう。

また、ネイルサロンは自宅でも開業できるので、賃貸物件(テナント)にするか自宅にするか悩んでいる人も多いでしょう。
それぞれの店舗運営の違いや、メリット・デメリットをご紹介するので、今後の参考にしてください。

賃貸物件(テナント)で開業する場合

賃貸のテナントを借りて開業する場合は、家賃や内装工事代、家具代などで大きく変動しますが、おおよそ100〜300万円ほど掛かります。
賃貸物件を利用するメリットには、次のようなものがあります。

  • 顧客ターゲットに合わせた立地が選べる
  • 新規の集客がしやすい
  • 不特定多数に向けた店舗の宣伝がしやすい
  • 私生活と仕事の切り替えができる
  • 内装を好みの空間仕上げられる
  • 人気店になると大きく稼ぐこともできる

ネイルやまつげエクステで、ガッツリ稼ぎたいと思っている人にとっては、テナント型のサロンの方がやり甲斐を感じられるでしょう。

次に、テナントでサロンを開業する際の、デメリットもチェックしてみましょう。

  • 初期費用が高く借り入れが必要になるケースもある
  • ランニングコストがかかる

賃貸物件を選ぶと、とにかくネックになるのが賃料です。
それを上回る利益が出せれば、サロン経営は面白くなります。

自宅でサロンを開業する場合

自宅で開業する場合は、施術器具や家具などの購入で30〜100万円程度が必要です。
すでに施術する道具が揃っていれば、0円で開業することも可能です。
自宅サロンのメリットには、次のようなものがあります。

  • 月々の賃料が掛からない
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 家事などとの両立がしやすい
  • 通勤時間が不要で急な予約でも対応しやすい

月々の店舗にかかるコストが不要なのは、初めて開業をする人にとって嬉しいポイントです。
自宅サロンから始めて、自信がつき顧客が増えたらテナントでの開業を検討するのもいいでしょう。
また、スケジュールも自由に設定できるので、旅行で数日休んだり、みっちり予約を入れたり、自身の都合で働けます。

メリットと合わせて、デメリットもチェックしておきましょう。

  • サロンに生活感が出やすい
  • 仕事と私生活の区別が付けづらい
  • 新規のお客様の獲得が難しい
  • 趣味の域を出ないサロンも多い

開業しようと思っている自宅が賃貸の場合は、商業での利用が可能かどうかチェックしましょう。
分譲マンションであっても、規約次第では商業利用できないこともあります。
必ず、事前に確認しなくては、開業後にトラブルになるので気をつけてください。

ネイル・まつエクサロンの店舗作りのコツ

ネイルサロンの店内は、基本的なことですが、衛生面に十分配慮しなくてはいけません。
常に清潔にしておくこともちろん、掃除のしやすさを考えた店作りも必要です。
ネイルはダストが出やすいので、こまめに掃除していないと顧客離れにつながります。

また、物件を選ぶ際にも、トイレなどが汚かったり暗かったりする物件は避けるか、リフォームを前提に予算を立てるようにしましょう。
ゆっくりと過ごしたい女性が多いので、癒される空間や待ち時間を感じさせない工夫も大切です。
内装や調度品など目に見える部分だけでなく、アロマや間接照明、BGMなど「視覚」以外の五感に訴える要素にまで、こだわりを持つ事が必要とされます。
自宅サロンを開業する場合は、生活感が出ないように注意しましょう。

ネイルやまつエクサロンに必要な設備

ネイルサロンを開業するときに、必要な設備には次のようなものがあります。

  • 施術用のテーブル・椅子(まつげエクステの場合はリクライニングチェアやベッド)
  • 施術に必要な道具
  • 手元用照明
  • お客様用のスリッパやタオル
  • 集塵機
  • 電話
  • パソコン
  • エアコンなどの空調設備や空気清浄機
  • お客様用の飲み物など
  • 掃除用具

他にも、あなたが取り入れるメニューによって、必要なものは変わってきます。事前にリストアップし、買い忘れや無駄なものの購入をしないよう注意してください。

他にも、準備しておくといいものや、徐々に増やした方がいいものには、次のようなものがあります。

  • テレビ(MVや映画を流して待ち時間を感じさせないため)
  • フットバス・フットマッサージ器(ネイル中のサービスとして利用)
  • レジ(ある方が便利です)

他にも、接客をしながら購入した方がいいと思ったものを、徐々に増やしていきましょう。
オープン時には、色々揃えたくなるものですが、最低限のものにしておくと無駄買いが防げます。

まとめ

【独立開業を目指す方へ】オープンに必要な準備-ネイル・まつエクサロン-

ネイルやまつげエクステサロンは、初期投資が少なく比較的、負担が少なく始められます。
その一方で、開業後は稼ぐことや継続することが難しい業界でもあるので、しっかりした経営計画が必要です。
オープン前には、広告やSNSを活用して宣伝し、早めに顧客を獲得できるように工夫しましょう。

理想のサロンを実現するために、計画的な物件選びや設備購入をして、あなたの夢を叶えてください。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「自分の店を持つ!」
ずっと抱いていた夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から憧れていた自分の店を持つという夢。

ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化を恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、店舗開業から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


独立開業の無料相談へ