【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

10代、20代の若手起業家が事業を立ち上げて成功させるなど、若者の起業成功例を目にする機会も多いのではないでしょうか。
そのため、若い世代の中には自分も起業したいと考える人もいることでしょう。

しかし、十分な計画も立てずに起業した結果、事業に失敗するケースもあり、起業を成功させることは決して簡単ではありません。

本記事では、若者が安易な起業で失敗しないための秘訣について解説します。

起業したい若者が増加傾向

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

いま起業を考える若者が増えています。
このような増加傾向にある理由として、以下の4つが挙げられます。

終身雇用制の崩壊

これまでは、ほとんどの企業が一度就職したら定年までは安泰という終身雇用制を採用していました。
しかし近年は、成果主義の導入、人材流動化などが定着し、この制度はいまや崩壊しつつあります。

このため、サラリーマンをやっていても働き続けられる保証はなく、同じ会社に長くしがみついているよりは、体力や気力が充実している若いうちに起業にチャレンジした方が良いと考える若者が増えていることが理由のひとつです。

法改正や規制緩和で起業のハードルが下がった

平成18年に施行された会社法改正によって、会社を設立するための要件が大幅に緩和されたことも要因の1つと考えられます。

改正前までは、法人設立のための資本金が最低でも300万円必要(有限会社設立の場合)でしたが、改正後は資本金1円でも法人設立できるようになりました。

また従前は、株式会社設立のためには取締役3名、監査役1名を設置する必要がありましたが、改正後は取締役1名で設立できるようになるなど、会社設立の要件が緩和されています。

これらの改正のおかげで一人でも会社を設立することが可能になり、小規模での起業の増加に一役買っていると言えます。

簡単にビジネスを開始できる環境が整ってきた

現在はインターネットの普及により、スマートフォンやパソコンから欲しい情報が簡単に手に入る時代です。
起業に必要な情報やノウハウなども、インターネットである程度入手することができるようになりました。

また、アマゾンや楽天市場のようなECモールをはじめとしたネットショッピングが普及したことにより、店舗を持たず費用を掛けずに誰でも気軽に商売を始められる環境が整えられています。
さらには、zoomなどのオンラインコミュニケーションの手段が普及したことで、現地に赴かなくても商談や打ち合わせができる環境も整えられてきています。

政府が起業家支援を推進している

政府による起業化支援も大きな要因の1つです。

例えば、国が認定する「認定支援機関」では、商工会議所や商工会に加え、税理士・会計士や、社会保険労務士、弁護士のほか、銀行や信用金庫などの金融機関がチームとなって、中小企業に対して幅広く専門性の高いサポートを行っています。

また、経済産業省が運営する支援情報サイト「ミラサポ」では、起業に向けた基本や、起業するためのステップといった起業に関する解説や、先輩経営者や専門家と情報交換ができるコミュニティ機能などを提供しています。

【出展】政府広報オンライン「起業・創業を支援し日本経済を活性化!新たに生まれる中小企業を強力サポート(https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201311/2.html)」

これでは失敗する!?若手起業家の特徴

冒頭でも触れたように、安易な起業で失敗する若手起業家の事例は決して少なくありません。

ここでは、若手起業家に見られる失敗する例について特徴を挙げながら解説します。

特徴.1 起業の目的が明確ではない

見聞きした若手起業家の成功事例から、自分のスキルや得意を活かして何かやれるはずと考え、勢いで起業をしてしまうケースが残念ながらみられます。

そもそも、何のために起業をするのか目的が明確でなければビジネスの方向性が定まらず、事業を継続させていくためのモチベーションも生まれないため必ずと言っていいほど失敗してしまいます。

起業はあくまで手段であり、その先のビジョンや目的をしっかりしていなければ事業の軸が定まらずビジネスを継続させることが難しいでしょう。

特徴.2 資金計画をしっかり立てていない

事業は支出と収入を絶えず繰り返しながら行われていくわけですが、その収支のバランスをコントロールするために重要な役割を担うのが資金計画です。

資金計画がしっかりと立てられていなければ、どの程度の収益がいつ頃発生するのかといった収入の根拠が不明確なため、収入に対して支出が大きく上回り最悪の場合には資金ショートを起こしてしまう事態も起こり得ます。

資金計画は事業計画にも直結するので、いわゆるどんぶり勘定の事業では失敗する可能性が高くなります。

特徴.3 挫折やリスクに耐える精神的タフさが足りない

事業を行っていれば、起業当初は想定していなかったさまざまな問題やリスクに直面します。

起業家には、このような壁にぶち当たったときにも諦めずに問題点に対して正面から向き合い、何とかして乗り越えてやろうという強い精神力が求められます。

経営者として、1度や2度の挫折やリスクを体験しただけで心が折れてしまう精神力では、事業を長続きさせることは難しいかもしれません。

特徴.4 ひとりよがりなビジネス発想

自分がやりたいこと、やれることを軸に考えたビジネスの場合に陥りやすい失敗の特徴です。

ビジネスは、それによって生み出される商品やサービスを利用する利用者がいて初めて成立します。
せっかく起業しても、そのビジネスが起業する側のひとりよがりのものであり、利用者の視点で使ってみたいもの利用してみたいものになっていなければ、その商品・サービスは見向きもされず収益を上げることができません。

これで成功を掴める!若手起業家の特徴

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

前章とは反対に、ビジネスで成功を収める起業家にはどういった特徴が見られるのでしょうか?

特徴.1 行動力とフットワークの軽さがある

成功する起業家には、描いたビジョンや計画を着実に実行できる行動力やフットワークの軽さを持つ人が多いのが特徴です。

事業を成功させるために事業計画や資金計画を立てることは重要ですが、頭の中でいくら素晴らしいことを考えていても、それらが机上の話で終わってしまっては事業を動かすことはできません。

明確なビジョンや計画に加え、これを絶対に実現させようとする実行力がビジネス成功のための大きな原動力となります。

特徴.2 情報分析力と決断力がある

成功する起業家の多くは、優れた情報分析力と決断力を持っています。

ビジネスを成功させる上で、そのビジネスにどの程度勝算があるのか、どのような事業リスクが潜んでいるのかを把握するためにマーケットや事業動向の分析は欠かせません。

また、事業を継続しているとさまざまな岐路に立たされますが、想定されるリスクを考慮しながら事業の方向性を躊躇なく決められる決断力も事業成功の鍵となるでしょう。

特徴.3 積極的に知識・技術を習得する

若手起業家に限ったことではありませんが、ビジネスで成功する人の多くは、現状の知識や技術・スキルに満足せず、常にアップデートしていこうとする高い向上心を持っています。

ビジネスの環境は常に変化し、必要とされる知識や経験もより高度になっていくので、常に最新の情報などを取得しその時代に見合った商品やサービスを提供していける力が事業成功のためには必要と言えるでしょう。

特徴.4 柔軟性がある

事業を行う中で、社会環境や市場動向の変化などによって、提供するサービスや商品が思うように売れないなど、さまざまな課題に直面するケースが想定されます。

このような場合に、当初決めた事業の方向性を単に突き進むのでなく、環境変化に合わせた事業内容の見直しや、商品・サービスを提供する時期の変更など、状況に応じて臨機応変な対応ができる柔軟性を持ち合わせることも、事業を成功へと導くためには重要と言えます。

【起業したいなら】起業の目的をしっかり考えよう

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

起業してビジネスを成功させたいなら、まず起業の「目的」を明確に定めることがとても重要です。
この「目的」を定めるための3つのポイントについて解説します。

まず、何のために起業するのかを明確にしましょう。
起業することの意義や、そのビジネスを行うことの目的を明確にしておくことが事業の方向性を決める上で極めて重要です。

次に、起業することによって自分自身がどうなりたいのかを明確にしましょう。起業を通した自分の将来像をしっかり描いておくことで、自分自身にとっての事業のあるべき姿や成功イメージを持つことができます。
そして、そのビジネスは本当に起業しなければ実現できないことなのか、改めて起業の意義を考えましょう

多くの場合、今あるサラリーマンの安定した生活を捨ててリスクのある新たな世界に飛び込むことになります。
なぜリスクを負ってまでも起業するのかを考えておくことも、目的を明確するうえで重要と言えます。

【起業したいなら】資金計画の知識や意識をもつ

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

企業のプレスリリース配信サービスなどを手掛ける「株式会社スーパーウェブ」代表の豊永貴士氏は「そもそもファイナンスに対し知識が不足している経営者が多く、資金繰りの方法を勘違いしている人が多い」という発言をされています。
ここからもわかるように、経営における資金計画や資金繰りは大変重要な要素であるにも関わらず、適正に実行できている経営者は少ないのが実情です。

資金調達にはさまざまな手段がありますが、基本となるのが自己資金の確保です。
外部からの資金調達にように返済リスクがないので自己資金が多いほど経営リスクを減らすことができます。

自己資金以外の手段として挙げられるのが、地方自治体などによる支援制度や、日本政策金融公庫による新創業融資制度などの金融機関による融資制度の利用です。
クラウドファンディングや、エンジェル投資家などの出資の利用も資金調達手段として知られています。

このような資金調達手段の中身や申請条件などを詳しく把握しておくことで、自身の事業に合った資金計画や資金繰りの手段を検討することができるでしょう。

【起業したいなら】社会人経験は必要か否か

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

若い世代で起業する場合、社会人経験が少ない或いはまったくないことに不安を感じる人もいることでしょう。
そもそも社会人経験はあった方が良いのか、という疑問に対しては、必ずしも必要ではないと言えます。

確かに、社会人経験を積むことで仕事の段取りやコミュニケーションスキルなど仕事をこなす能力を高めることができ、社内外の人脈を構築できるなど恩恵が得られます。
その反面、社会人を経験した年月分だけ起業するタイミングが後ろにずれ込むことになり、メリットだけを享受できるわけではありません。

仕事をこなすための能力は、起業して事業を行っていく中でも高めることができますし、経営者となることで社会人経験よりも広範な人脈作りができる可能性もあるのです。

成功するための起業の4ステップ

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

これまで失敗と成功を分ける特徴を見てきましたが、実際に起業するに際して成功のための4つのステップについて解説します。

STEP.1 起業する目的を徹底的に追求する
STEP.2 しっかりした事業計画書を作成
STEP.3 使える支援制度・融資制度などを調べる
STEP.4 専門家のサポートを賢く利用

STEP.1 起業する目的を徹底的に追求する

繰り返しになりますが、起業を成功させるためには起業する目的を明確にすることが極めて重要です。
したがって、起業目的を明確化する作業は徹底的に行いましょう。

一人で起業する場合には迷いが出てくるおそれもあります。
一人起業の場合であっても、家族や知人あるいは外部の専門家など他人による客観的な意見を踏まえながら、慎重に検討していくのがよいでしょう。

STEP.2 しっかりした事業計画書を作成

事業を正しい方向に導くために、事業計画書は念入りに作成しましょう。

事業計画書は、事業の方向性を定めるだけではなく、外部からの融資を受ける場合にも必須の書類です。
事業計画書の記載方法については特に決まりはありませんが、ビジョンや事業内容、売上計画などを明確に記載します。

特に融資を受ける場合には、融資審査の担当者に事業内容を理解してもらい融資する価値のあるビジネスであると認めてもらう必要があります。
経営者として想いが伝わるように分かりやすくまとめることが重要です。

合わせて読みたいおすすめ記事

STEP.3 使える支援制度・融資制度などを調べる

自身の事業経営をアシストしてくれる支援制度や融資制度を調べておきましょう。

例えば、東京都が行う「創業助成事業」では、東京都における創業のモデルケースになりうる都内で創業予定の個人などに対して、賃借料、広告費、従業員人件費等、創業初期に必要な経費の一部を助成する取り組みを行っています。

また、日本政策金融公庫は、新たに事業をはじめる個人などに対して無担保、保証人なしで融資が受けられる「新創業融資制度」を提供しています。

合わせて読みたいおすすめ記事

STEP.4 専門家のサポートを賢く利用

事業計画書の作成や創業融資の申請などは、専門家の活用も積極的に検討しましょう。

一人で起業の準備を進めることも可能ではありますが、創業融資を勝ち取るためには事業計画書の中身が重要であり、勘所を抑えた事業計画書を作成するためには専門家のサポートを受けた方が有利です。

当サイトでは事業計画書の無料添削資金調達支援など、起業者向けのサービスをご提供しております。
せひご活用いただき、創業融資による資金調達を実現し、リスクを最小限に抑えた事業スタートを切ってみませんか?

事業計画書の添削サービス

まとめ

【起業したい若者へ】安易な起業で失敗しないための秘訣

いま若者による起業が増加傾向にありますが、安易に起業すれば必ずと言っていいほど失敗します。
起業の目的や事業計画、資金計画などを入念に検討し、起業に向けた事前準備をしっかり行うことがビジネスを成功させるために重要です。

当サイトの運営者であり認定支援機関である「税理士法人Bricks&UK」なら開業資金の調達から、収支計画書の策定などの経営コンサル、集客支援、確定申告まで一貫してお手伝い行っています。

起業をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。メール・電話・LINEから承ります!

【簡単・手軽】LINEから無料相談受付中!

【簡単・手軽】LINEから無料相談受付中!

いざ「起業したい!」と思ったものの、まず何をしたらいいのか?どのタイミングで起業するのがいいのか?など分からないことだらけ…。
そんな方のために、TipsNoteではLINEから起業に関するさまざまなご相談に無料でお応えいたします。

その他にも、LINE限定コンテンツや起業に役立つ情報を配信中です。
せひ友だち追加して起業準備にお役立てください!

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「起業しようかな?」と思ったら…
起業・開業支援スタッフがご支援します!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

起業前に「何をすればいいの?」とお悩みの方

「起業しようかな?」と思ったら…起業・開業支援スタッフがご支援します!

  • まず何から始めたらいいか基本的な事を知りたい方
  • 起業にあたって客観的な意見が欲しい方
  • ビジネスが成功しそうか相談相手が欲しい方
  • 具体的かつ現実的なアドバイスが欲しい方  ……etc.

起業を決意していざ行動しようとはしたものの、具体的にどのような手順で進めれば良いかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
TipsNoteではそんな方に向けて、実際に起業するための行動に移すまでのステップを含めて起業・開業のサポートを提供しております。

起業準備を5つのステップに分けて、ビジネスモデルの収益性の検討商圏分析創業計画書の作成サポートなど専門的な視点の必要な項目を支援いたします。

認定支援機関の「税理士法人Bricks&UK」なら、起業をトータルでサポート!

税理士法人Bricks&UKは約2,500超の顧問契約数を持つ税理士法人です

名古屋、東京、三重県四日市、沖縄、そしてタイのバンコクにまで事務所を構え、税理士法人としての基本機能である会計・税務申告や経営アドバイスで様々な業種のクライアントを総合的に支援しております。

【「起業しようかな?」と思ったら…】起業・開業支援スタッフがご支援します!

まずは無料相談からお気軽にお申込みくださいませ!


起業は5ステップで準備しよう!詳しくはこちら