【印鑑をつくろう】
会社設立時に必要な印鑑って?

一般社団法人とはどんな法人
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

会社設立時に必要な印鑑は4つ

会社を設立する際に必要な印鑑は主に下記の4つです。
ただし、それぞれ役割が異なりますので、押印する書類やシーンに応じて使い分けましょう。

  • 代表者印(丸印)
  • 社印(角印)
  • 住所印
  • 銀行印

この中で必ず作るべき印鑑が代表者印です。
登記申請書や、事業に関わる重要性の高い書類などに使用されています。
登記申請時に押印を求められるため、会社設立前に作っておく必要があります。

合わせて読みたいおすすめ記事

代表者印(丸印)

代表者印の形状は自由ですが、一辺あたり1~3cm以内という規定があり、丸型18mmの印鑑を採用する企業が一般的です。
印鑑証明の登録印にもなりますので、デザインなどは慎重に決めることをおすすめします。

なお、代表取締役を置かない場合でも最低1名は代表者印の届け出が必要です。
取締役の誰かが印鑑を作り、登記申請書に押印しておきましょう。
逆に代表取締役を複数人置く場合も届け出は1名のみで構いません。
誰が届け出るか話し合い、印鑑を作っておきましょう。

社印(角印)

2つ目の社印は、見積書や請求書、社外向け書類などに使われています。
日常の業務に必要な印鑑で、社名のみを彫った角印が広く用いられています。
ただ代表者印とは違って、形状・サイズの規定はありません。
丸型の社印を使用しても法令上の問題は無いですが、代表印と混同するおそれがあります。
悪用される可能性も否定できませんので、できるだけ形状を分け、代表印は重要書類、社印は日常業務と使い分けると良いでしょう。

住所印・銀行印

これらについては無くても問題ありませんが、法人専用印を作っておくと使い分けが可能です。
特に銀行印は銀行講座の開設や取引の際に使います。
代表者印を銀行印代わりに使う方法も考えられますが、紛失する可能性がありますし、悪用される可能性も捨てきれません。
他の印鑑と同じように、専用の銀行印を作っておきましょう。

一方の住所印は使用頻度が非常に多く、社印と並んで日常業務に欠かせない印鑑といえます。
主に本社の住所や代表電話番号などの連絡先が彫られており、書類への署名代わりに使ったり、パンフレットや資料に押したりなど、様々なシーンで使われています。

住所印は社印と同じくサイズや形状の規定はありませんが、縦書き用と横書き用を作っておくと良いでしょう。
2種類用意しておけば、書類の種類によって使い分けられます。
必須では無いものの、業務効率を上げるなら縦・横それぞれの住所印を作っておきましょう。

市販の印鑑を会社の印鑑として使うのはNG

会社登記(法人登記)とは?

以上が会社設立時に作るべき印鑑ですが、現在は100円ショップやホームセンターでも印鑑を買える時代です。
費用節約のため市販の印鑑を購入し、会社用に使用するパターンも考えられます。
しかし、市販の印鑑を会社用として使うのは避けるべきです。
市販されている印鑑を用いても法令上は何ら問題ありませんが、悪用されるリスクが高まるだけでしょう。
例えば100円ショップで買った印鑑を代表者印にした場合、第三者が同じものを購入すれば判別が付かなくなる可能性があります。
ご自身の知らないところで悪用されると、事業に影響が及ぶばかりか、企業の信頼性が揺らぐ事態も起こりかねません。
確かに費用は抑えられますが、上記で挙げた4つの印鑑は全て業者に作ってもらうべきなのです。
なお、業者によっては複数種類の印鑑をセットで販売しています。
費用を抑えたい方は、こうしたセットを活用すると良いでしょう。

問題は印鑑の材質ですが、複製が難しく、耐久性の高い素材で作るべきです。
日常業務で多用する社印・住所印重要性が低いため、ゴム製でも構いません。
一方の代表印と銀行印は法的効力を有するため、陰影の変化が起こりにくいチタンや楓をおすすめします。

まとめ

会社登記(法人登記)とは?

直筆のサインが重視される海外と異なり、「印鑑」を「信頼の証」とするのは日本独自の商慣習とも言えます。
起業にあたっては、原則、代表者印以外の印鑑を用意する義務はありません。
ですが会社経営をしていく上では必ず必要になりますので、その他の印鑑もそろえて用意しておいたほうが良いでしょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

「経営者になる」
夢を諦めて人生を終えるつもりですか?

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ずっと前から夢だった経営者になるという夢。ここを見ているあなたも少なからず持っているのではないでしょうか。

けど現状からの脱却、変化に恐れ、その夢を諦めたまま人生を終えようとしていませんか?

私たちBricks&UKでは、会社設立から立ち上げ後の経営までトータルでサポートいたします。

夢を夢のままで終わらせないために。

ぜひあなたの夢をお聞かせください。


会社設立の無料相談へ