何がいけない?独立起業に失敗する原因と
失敗する人の特徴

独立開業に失敗した人
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

会社勤めをしていると、理想と現実とのギャップがつきものです。サラリーマンという働き方をやめ、若いうちから「独立起業」という働き方を選ぶ人も多くなってきました。

しかし、独立して成功するかどうかの先行きは不透明。実際、起業に失敗する人も数多くいます。

独立するなら、失敗のリスクを避けるべく失敗した人の原因や特徴を知っておきましょう。同じ轍を踏むことなく成功ポイントを押さえれば、成功確率は確実に上がります。

この記事で独立起業の失敗原因を押さえ、成功に必要な準備をしておきましょう。

独立起業に失敗する主な3つの原因

独立起業に失敗する3つの原因

独立・起業して失敗する原因にはいろいろありますが、傾向として次の3つの共通点です。

失敗原因.1 計画をろくに立てずに独立した

「とにかく独立すれば何とかなるだろう」と無計画に独立起業するのは失敗のもとです。勢いは必要ですが、勢いだけで事業運営はできません。

将来のビジョンが明確でないまま行き当たりばったりで進んでも、成功することはまずありません。
起業に成功した人たちがテレビなどのメディアに取り上げられていますが、誰もが初めから順風満帆だったわけではありません。
無計画で進めて苦労した挙句、挫折・失敗してした人の方が多数いるはずです。

確かに、独立起業にはフットワークが軽く行動力のある人が有利です。先行者利益を得やすかったり、経験や実績が積み上がっていったりするメリットがあるからです。

しかし、フットワークが軽い・行動力がある、というのは、計画を立てないこととは違います。
ろくな計画を立てずに独立するというのは、フットワークが軽いのではなく無謀というべきでしょう。
特に「勘」や「直感」で事を進めてしまうのは非常に危険です。

失敗原因.2 自己資金がろくに貯まらないうちに独立した

自己資金なしでの独立起業

「資金はないけど、起業して事業が当たれば億万長者になれる」というポジティブなイメージを抱く人もいるでしょう。しかし、それは「事業が当たれば」という条件付きで、しかも経営ノウハウがありあらゆる方面に人脈があるような人のみに当てはまるセオリー。起業直後から上手くいく人はごく稀、というのが現実です。

事業に必要な資金がいくらなのかを計算し、その額に向けてなるべく多くの自己資金を準備するべきです。

独立起業では、事業が軌道に乗るまでに半年程度の期間がかかるのが一般的。それまでに資金が底をついてしまえば、どんな素晴らしい事業だとしても継続できませんし、用意したお金がなくなるどころか、借金だけが残って終わることになりかねません。

自己資金不足の結果はこんな形でもあらわれる

飲食業では、数字の上では黒字なのに売り上げの回収が遅れて支払ができず、経営が立ち行かなくなる「黒字倒産」も多くなっています。起業すぐの時期にそれを防ぐには、資金の用意が不可欠です。

事業に使うお金が必要なのはもちろんですが、事業が軌道に乗るまでの生活費の確保を忘れる人も多いのが、独立起業で陥りやすい落とし穴です。

生活費を考慮せず事業にお金をつぎ込んでしまえば、「独立開業で豊かな暮らし」どころか苦しい生活を強いられることになります。

融資を受けるにもある程度の自己資金は必須

もちろん、自己資金が足りない分は融資を受けるのが一般的ではあります。しかし融資を受けられるかどうかの審査にも、自己資金がいくらあるのかは重視されるもの。

自己資金の用意が少ないことは、事業経営への見通しの甘さや計画性のなさを疑われる原因ともなってしまうのです。

失敗原因.3 会社への後ろ向きな気持ちだけで独立した

後ろ向きな気持ちでの独立起業

独立起業のきっかけが「起業」へのモチベ―ションでなく「退職」へのモチベ―ションの場合も、独立に失敗する原因の1つです。
起業を考える理由として「独立して自由に働きたい」というのは当然あることですが、上司との折り合いの悪さなどで「会社を辞めること」が目的になっていないかどうかは考えてみる必要があります。

独立起業すれば会社員としての悩みや苦労はなくなりますが、今度は経営者としての苦労や悩みを抱えることになります。
会社という後ろ盾がなくなる分、責任は桁違いに重くなります。社外からの風当たりも強くなりますし、人を雇うなら従業員との関係性にも苦労するでしょう。

気に入らない上司からの指図を受けたくない、と思って起業しても、自分が雇う側となれば「気に入らない上司」にならないよう気を付けなくてはなりません。
このように、会社に対する後ろ向きな理由で独立しても違う形の悩みが出てくる可能性が高いです。

独立起業に失敗する人の特徴

独立起業に失敗する人の特徴

状況的な原因のほか、経営者の資質的な部分でも失敗しがちな特徴があります。当てはまる人、耳が痛いという人は要注意です。

言われた業務しかやってこなかった

独立に失敗しやすい人の一番の特徴は、仕事への姿勢が受け身なことです。
つまり、上から指示された業務しかやってこなかったような人は独立には向いていません。
仕事を自分で進めたり、何が問題で、何が必要かつ最善なのか、次にどう動くべきかを見出したり判断したりすることができないからです。

当然のことながら、独立起業して経営者の立場になれば、意思決定や決断は自分で行うことになります。
経営者の仕事はその連続であると言ってもよいでしょう。事業によっては、ないものを新たに作り出す必要もあります。
主体性がなく判断力や決断力が欠如している人に、事業を回していくことはできません。

指示された業務以外の働き、例えば業務の改善に向けた提案や先を見据えた動きを自主的にしてきたか、自身がプロジェクトのトップに立って意思決定をしてきたか。常に周囲にも目を配り、課題を見つける、解決策を考え実行する、などの尽力をしてきたか。
そういったことが、独立に成功するかどうかの1つの鍵となります。

会社のネームバリュー効果に無自覚だった

大企業のネームバリューイメージ

会社から独立した人、特に大企業から独立した人が退職後に初めて気づくことになるのが、会社の看板の大きさです。
自力で業績を上げてきたという自負が大きいと、事業経営を始めてうまくいかなかったときのギャップも大きく感じることになります。

勤務先が、知名度が高い・企業規模が大きい・社会的信頼が高い、といったところであるほど、仕事が取りやすいのは事実です。
担当者は気に入らないけれどあの会社とは付き合いがあるから、グループ会社だから、と顧客でも仕方なく任されているような関係性も少なからずあります。

そのため、独立して大企業の名刺でなくなった途端に仕事が取れなくなってしまう、ということも珍しくないのです。
さらに言えば、サラリーマン時代の人脈が退職と同時になくなってしまうこともあります。

会社という大きな後ろ盾がなくても自分がやっていけるのか、その見極めは難しいものですが、少なくとも会社員としての業績は自分の力だけによるものではないと謙虚に受け止める必要はあるでしょう。

試してみたい場合は、例えば個人でSNSやクラウドソーシングサイトで営業をかけたりプロジェクトに応募したりして、どれだけ仕事がもらえるかを見るというのも1つの方法です。
会社名が出せない分、自分が何をどのようにして成し遂げてきたのかを具体的に示し、信頼してもらわなくては始まりません。

「独立・起業すること」に憧れていた

独立起業へのあこがれ

前述の「計画性」にもつながりますが、「起業すること自体に憧れていた」というのも失敗する人にありがちな傾向です。

成功に必要なのはその先、「起業して何をしたいのか」という目標。
起業はあくまでも手段であり、「起業家になりたい」が目標になってしまうと、起業した時点で終わってしまいます。
「起業で大金持ちになりたい」というのも夢の1つとしてはよいのですが、そのためには事業を継続させて利益を得る、そしてそのためには、社会に何らかの貢献をする必要があります。

最近ではフリーランスという働き方を選ぶ人が増えてきたこともあり、起業すれば簡単に大金が手に入る、というような情報や、起業後の贅沢な暮らしぶりを撮影したSNSの投稿などもインターネット上にはあふれています。
しかしそこには「まったくの嘘」もたくさんあるものです。

意志が弱く、あきらめが早い

意志が弱くあきらめが早い猫

何をするにしても意志が弱く、あきらめが早いという人も、独立後に失敗してしまう可能性が高いです。

独立して自分で事業を立ち上げたその先、成功までには長い我慢の期間が必要です。
ほとんどの場合、初めのうちは貯金を切り崩すだけの日々が続くことでしょう。その期間は数カ月から半年ほどというのが一般的です。

給与という定期的な収入がなくなり、事業の成果も見えずただお金が減っていくという生活は、経済的にはもちろん、予想以上に大きな精神的ダメージとなります。
しかしそれでもあきらめず、投げ出さずに努力を継続していかなければ成功にはたどり着けません。

好きなことならがんばれる、とは思うものの、事業が軌道に乗るまでは苦労の連続でしょう。
事業経営では、本業の業務のほか経営や会計、雑務までやることは山積みであり、「好きなこと」だけをしていればよいわけでもありません。

「せっかく独立したのに全然うまくいかない、仕事が楽しくない」とすぐに辞めてしまえば、成功するものもしないまま終わることになってしまいます。

独立起業して成功するためのポイント

独立起業の成功ポイント

ここまで見てきた失敗の原因や要素を踏まえれば、成功のためにしなければいけないこと、注意すべきことも自ずと見えてきます。

この章では改めて、独立を成功させるためのポイントを1つずつ押さえていきましょう。

起業の目的を明確にする

起業目的の明確化

どうして起業したんですか?」誰かにそう聞かれたときの答えを、明確に持っておきましょう。
目的を持って進むことで、成功への道筋も見えてくるはずです。

起業における目的というのは、いわば旅の目的地のようなもの。
例えば、東京に住んでいる人が旅行に行くとしましょう。「のんびりしたいから南の島へ」という目的があればそこからハワイや沖縄といった行き先が決まり、行き先が決まればそこに到着するために必要な交通手段や時間、手続きや持ち物を下調べするでしょう。
そうやって必要な物事を計画することで、思い通りの楽しい旅行への流れが自然にできてきます。

行き当たりばったりの旅も楽しいですが、それはあくまで「トラブルがあっても後で思い出になる」くらいの心持ちで行けるからこその話です。
事業運営でトラブルが起きれば、それが致命傷となることも大いに考えられます。

具体的に「自分が何をしたいのか」、「誰にどんな価値を提供したいのか」を決めておくといいでしょう。
独立後に叶えたい理想のライフスタイルなども思い描いて、頭の中ではなくメモやノートに書き出すことをおすすめします。

具体的かつ根拠のある事業計画を立てる

事業計画の作成

起業の目的が定まれば、次は計画を立てる段階です。
いわゆる「事業計画書」の作成に移っていきましょう。

事業計画書を作る作業では、自分の頭を整理することが必要です。
それにより、独立への気持ちや事業の方向性を固めたり、足りないものは何かを明らかにさせたりする効果も生まれます。

立てた計画は、事業を進める中で予想と実際の売り上げとの開きがあれば分析し、原因や改善策を見つける重要な資料ともなります。

計画は月ごとの収支だけでなく、3年後や5年後、10年後といった中長期で立てることによって、失敗をより防ぐことができます。
直近の収入や利益だけを見て一喜一憂していては、経営を成功させるといっても難しいでしょう。

ただし、事業計画書は現実に即している必要があります。
数字を出す際は根拠のあるものにしてください。
そのためには、業界の動向や取引の相場、同業他社の業績などをチェックする必要もあります。

具体的で現実的、かつ将来性がうかがえる事業計画書であるほど、前述のように融資を勝ち取れる可能性も高まります。

事業計画書の添削サービス

自己資金を貯めておく

独立起業のための自己資金の確保

起業してから数カ月は赤字でも行き詰まることのないように、なるべく多くの自己資金を貯めておくことも重要です。

融資を受けるにしても、目安として「創業全体にかかる資金の3分の1」程度の額は自分で用意しておきたいものです。
これは日本政策金融公庫による「新創業融資制度」の要件ともなっています。
融資を受けられたとしても返せなければ負債が膨らんでいくだけなので、やはり自己資金はたくさんあるに越したことはないでしょう。

ある程度の自己資金が貯まるまでは、会社をやめて独立するのではなく、給与収入で生活費を確保しながら副業で起業資金を貯める、といった方法もおすすめです。

専門家の力も活用する

独立起業で専門家を活用

起業には、専門的な知識が必要となることも多いものです。
経験してきた業界、業務には精通していても、事業の経営や収支などお金の管理、納税や雇用に関することなどの知識はなく、経営者としては初心者という人がほとんどでしょう。

ただ、専門家に依頼するとお金がかかるため、自分ですべてを行おうとする人も最初は多いものです。
しかし事業を興すとなると、やるべきこと・考えることは山とあるため、どこかで無理が生じてしまいます。
知識不足で進めてしまえば、法律違反など思わぬ失敗をするおそれもあります。

経営者として、決算書を読む、納めるべき税金の知識を得るなどは必要ですが、苦手な分野やどうしても手が回らないことに関しては、例えば経営コンサルタントや税理士、経理代行、社会保険労務士など、その道のプロに任せることも視野に入れましょう。
結果的にその方が成功への近道となります。

独立で成功しやすい仕事の特徴と例

独立成功への希望を持つ女性

独立・起業するにあたって、会社員時代とまったく同じことをするのではなく、その会社の一員という立場ではできないことに挑戦したい、など違った形での独立を考える人も少なからずいるでしょう。
その場合、成功しやすい仕事、というのにも次のような特徴があります。

前職の経験を活かせる仕事

前職を活かしたステップアップ

独立起業を考えるのに最善の選択肢と言えるのが、前職の経験を直に活かした仕事です。
まったく同じ業種でなくても、役に立つ経験やスキルに共通点が多ければ、成功の確率も高まります。

例えば、WEBデザイナーやプログラマーの経験があるなら、フリーランスのエンジニアという道がベストです。
ほかにも経理の一担当者から経理代行の会社を立ち上げる、メーカー勤務から新たな流通方法を生み出して事業を始める、営業経験を活かしてコンサルティングを始めるなどなど、あらゆる選択肢が考えられます。

アイデアを考えるなら、まずは就職や転職活動をするときのように、自分の経験やスキルを棚卸ししてみましょう。
そして社会のニーズや動向を調べ、活かせる事業を見つけてください。
これまでにない事業を興して新たな価値を作り出すことも、1つの成功と言えるのではないでしょうか。

専門資格を活かす仕事

資格を活かして独立するというのも、成功に限りなく近い選択肢です。
例えば宅建士なら不動産会社の経営、柔道整復師なら整骨院・接骨院の運営、美容師資格を持っているならそれを活かして「まつエク」やネイルなどのトータルビューティーサロンを開業する、など。
この場合は、すでに資格を保有している状態がベストです。

もし今から資格取得を目指すなら、宅建士や中小企業診断士など実益につながりやすい、かつライバルがそこまで多くない資格を選ぶのがよいでしょう。
こうした資格は、その職業としての独立のみならず、別の職種でも活かせる可能性が高いです。

とはいえ、資格があれば成功する、というわけではないため、専門知識以外の勉強も必要となります。
資格も経営ノウハウも、となると勉強するにもかなりの負担になるため、これから資格取得するなら先を長く見ておく必要もありそうです。

合わせて読みたいおすすめ記事

インターネットビジネス

独立起業向けのインターネットビジネス

アフィリエイトやアプリ開発、動画編集など、インターネットに関するビジネスはこの時代ならではの選択肢でしょう。
店舗を別途で構える必要がなくネット上で完結できる仕事であれば、家賃などの初期費用や固定費が抑えられて、比較的少ない自己資金で手軽にスタートできるメリットがあります。

すでにインターネット環境が整いパソコンなど必要な設備がある場合、ネットビジネスの中には無料で始められる仕事もあります。
また、クラウドソーシングサービスやスキルマーケットといったサービスもあるので、まずは副業として始めてみてもいいでしょう。

インターネット系のビジネスは、働く時間や場所にも融通が効くところにメリットを感じる人もたくさんいます。
ただし気軽に始められるということは競合も多く、仕事を獲得・維持するのが難しいかもしれません。

利益率の高い仕事

利益率の高い仕事

利益率の高い仕事とは、必要な能力レベルが高く競争率の低い仕事や、高額で売れるものを扱う、あるいは原価が低く抑えられる仕事のことです。
例えば仕入れ原価が低くても、何らかの付加価値を付けることで高い金額でも売れるのはよくあるケース。
原価の安いものが高く売れれば、当然のことながら手元に残るお金が多くなります。

このほか、無形の商品、情報やアドバイスなどを商品とするコンサル的な職業も利益率が高い仕事と言えます。具体的には、弁護士や会計士、経営など各種のコンサルタント、管理栄養士や臨床心理士、セラピストなどが挙げられます。

また、専門知識を活かしたスクールの運営も利益率が高い仕事の1つです。
よくあるのは料理教室やプログラミング教室、英会話教室など。
オンラインを利用すれば固定費も抑えられ、挑戦しやすいビジネスの一種です。

ただし、集客には自身の経歴や能力、人間性などが重視されるという特徴もあります。

継続受注が見込める仕事

継続受注をもらった自営業者

1度だけ購入して終わり、という形でなく、継続して買ってもらえるような商品・サービスを扱う仕事も成功しやすいと言えるでしょう。
いわゆる「ストックビジネス」と呼ばれるビジネスモデルで、売り上げが安定しやすいのが特徴です。

最近あらゆる業界で耳にする「サブスク(サブスクリプションサービス)」もその1つ。
もともと雑誌などの定期購読をいいましたが、現在では自動車や音楽配信、パンやサプリメントなどさまざまな商品・サービスが登場しています。

ウォーターサーバーや定額動画配信サービスなどもその代表例で、一度契約してもらえれば月々継続して売り上げが発生します。

ストックビジネスにはこのほか、不動産投資で家賃収入を得る、オンラインサロンで収益を得るビジネスモデルも当てはまります。
こちらも集客、継続してもらうための努力や工夫が欠かせないため、リピートされやすい商品選びやビジネスモデルの構築は不可決です。

フランチャイズ契約の仕事

独立起業の選択肢としてのフランチャイズ

飲食店やコンビニなどのように、フランチャイズに加盟して事業を展開するという方法もあります。
フランチャイズ契約なら経営ノウハウや流通網、人材教育システムなどを活用でき、知名度・ブランド力も利用できるため、イチから自分で起業するより開業のハードルが低く、成功の確率も高いです。

ただし、自分がやりたいことをやりたいように、という意思で独立をするには、あらゆる面で本部の指示に従うフランチャイズは本意ではないかもしれません。
フランチャイズでは、確実に売り上げを確保するため画一的な経営をします。経営だけでなく商品選びや売り方などにも制限があることがほとんどです。
本部へのロイヤリティの支払いも負担となりますし、デメリットを多く感じるかもしれません。

そのため、はじめはフランチャイズに加盟し、経営などのノウハウを学んでから本格的に独立、という流れでもよいでしょう。
ただし、何のフランチャイズに加盟するかの選択は重要です。
流行りものに飛びついてしまうと、ブームが長続きせずノウハウを知る以前に頓挫するリスクもあるからです。

合わせて読みたいおすすめ記事

まとめ

独立起業での旅立ちと希望

独立起業の失敗を避けるには、起業の目的をはっきりと定め、十分な自己資金や事業計画の作成といった準備が不可欠です。

事業計画の内容が審査の基準になると書きましたが、それはつまり、計画がしっかり立てられない人には将来性や成功の可能性が見えないということでしょう。

たとえ会社員として成功していても、会社のネームバリューで得た実績かもしれません。勘や直感で成功する人も、その前に相当の努力を積んでいるはずです。
「起業」の良いイメージだけに目を奪われることなく、堅実に準備をしていきましょう。

何を事業とするかについては、前職で得た知識や経験を活かした事業、あるいは利益率が高くリピートが見込めるビジネスモデルなど、独立起業に成功しやすいものを選ぶことも成功の要因となり得ます。
自分がやりたいことで選ぶのも大切ですが、この先どんなビジネスが必要とされるのかも重視することで成功の確率が高まります。

独立起業の成功に欠かせない自己資金や事業計画の作成で不安があれば、専門家の力を活用しましょう。
当サイトでも創業融資に関する相談や、事業計画書の無料添削などを受け付けています。
ぜひお気軽にお問い合わせください 。

創業時の融資相談もBricks&UKにおまかせください!

当サイトを運営する「税理士法人Bricks&UK」は、顧問契約数2,100社以上、資金繰りをはじめ経営に関するコンサルティングを得意分野とする総合事務所です。
中小企業庁が認定する公的な支援機関「認定支援機関(経営革新等支援機関)」の税理士法人が、日本政策金融公庫の資金調達をサポートします。

資金調達に必要な試算表、収支計画書などを作成していきますので、資金調達のサポートと、借入後の資金繰りをしっかりと見ていくことができます。
そのため、皆様の経営の安定化に、すぐに取り掛かることができます!
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談を申し込む!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「起業しようかな?」と思ったら…
起業・開業支援スタッフがご支援します!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

起業前に「何をすればいいの?」とお悩みの方

「起業しようかな?」と思ったら…起業・開業支援スタッフがご支援します!

  • まず何から始めたらいいか基本的な事を知りたい方
  • 起業にあたって客観的な意見が欲しい方
  • ビジネスが成功しそうか相談相手が欲しい方
  • 具体的かつ現実的なアドバイスが欲しい方  ……etc.

起業を決意していざ行動しようとはしたものの、具体的にどのような手順で進めれば良いかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
TipsNoteではそんな方に向けて、実際に起業するための行動に移すまでのステップを含めて起業・開業のサポートを提供しております。

起業準備を5つのステップに分けて、ビジネスモデルの収益性の検討商圏分析創業計画書の作成サポートなど専門的な視点の必要な項目を支援いたします。

認定支援機関の「税理士法人Bricks&UK」なら、起業をトータルでサポート!

税理士法人Bricks&UKは約2,100の顧問契約数を持つ税理士法人です

名古屋、東京、三重県四日市、沖縄、そしてタイのバンコクにまで事務所を構え、税理士法人としての基本機能である会計・税務申告や経営アドバイスで様々な業種のクライアントを総合的に支援しております。

【「起業しようかな?」と思ったら…】起業・開業支援スタッフがご支援します!

まずは無料相談からお気軽にお申込みくださいませ!


起業は5ステップで準備しよう!詳しくはこちら