日本政策金融公庫
申込窓口の種類と審査期間

日本政策金融公庫での審査期間はどれくらい?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

融資申し込みは3種類の窓口から

融資の申し込みは大きく分けて3種類窓口があり、「個人事業・小企業」と「中小企業」、「創業予定の方」になっています。
特にこれまで融資を受けた経験がなく、初めての場合は、相談窓口が設置されていますので、最初は相談に乗ってもらう方法がいいでしょう。融資の際提出する書類については、それぞれ内容が違ってきますので、窓口を間違えないようにして下さい。窓口を間違えますと、融資してもらえない状況になることも考えられます。

個人事業主・小企業の申し込み手続き

初めに融資制度やお申込み手続きについて、電話で相談に乗ってもらえます。
窓口は「事業資金相談ダイヤル」がありますので、気軽に電話をかけて相談して下さい。

相談窓口は、商工会議所・商工会・生活衛生同業組合・都道府県の生活衛生営業指導センターなどでも実施されていますので、都合がいい場所を選んで大丈夫です。お申込の受付は日本政策金融公庫のホームページでも、行われていますのでアクセスして、申し込みする方法もおススメです。

電話で融資担当者と面談の日程を調整し、支店窓口へ行きます。
訪れる際には、最近2期分の決算書(個人営業の方は申告決算書)・創業計画書または企業概要書が、融資を受けるための書類として必要です。

法人営業の経営者の場合は、これらの書類と最近の試算表(決算後6カ月以上経過している場合か、事業を始めたばかりで決算を終えていない方)・設備資金の見積書・法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本が必要です。

借入申込書の提出も必要で、日本政策金融公庫のホームページよりダウンロードできます。
面談当日に直接持って行ってもいいですし、郵送でも問題ありません。
面談では提出する書類を、融資担当者が閲覧しながら、融資する資金をどのように使用するのか、事業の計画状況を確認します。
営業状況(計画)・資産・負債・店舗・工場などについても聞かれます。

面談して後日融資が決定しましたら、契約に必要な書類として、借用証書などが契約センターか支店より、送付されてきます。
融資資金はこちらで指定した、金融機関の口座へ送金してもらえます。
融資金の返済は月賦払いになっており、元金均等返済・元利均等返済・ステップ返済などがあります。

独立はしたいけど、手続きや計画が複雑で面倒…と感じているあなたへ

自分のお店を持つこと、会社を立ち上げることは遠い夢の話ではありません。 想いはあるけど実現までの方法が分からない、融資の手続きが面倒…というあなた。
面倒な事は私たちBricks&UKに任せて、大切なことだけに集中しませんか? 夢の実現への一番の近道です。

無料相談のお申し込みはこちら

中小企業の申し込み手続き

相談は日本公庫各支店の中小企業事業の窓口と、近くにある 商工会議所の定例相談で実施されています。
資料として、会社案内・決算書・事業計画書を持っていくと、具体的な相談に乗ってもらえます。

申し込みの際は書類の提出が必要で、会社案内や製品カタログ・法人の登記事項証明書・最新3期分の決算書や税務申告書・納税証明書・最近の試算表・設備投資見積書など・担保内容資料(登記事項証明書など)を、提出して下さい。

この後融資審査が行われますが、公庫職員が本社や事業計画予定地などを訪問し、現場で融資の検討が行われます。
融資が決定しましたら、貸付契約の打ち合わせに進み、抵当権設定など手続きをして、融資金が送金されてきます。
返済は元金均等割賦返済になっており、金融機関口座から自動振替で支払います。

これから創業予定の方の申し込み手続き

電話相談の窓口は、「事業資金相談ダイヤル」です。
融資制度やお申込手続きなど、相談に乗ってもらえます。
支店窓口に訪れて相談したい場合は、創業計画書がありますと、具体的な相談に対応してもらえます。借入申込書の提出も必要で、直接持っていけない方は、郵送の方法でも受付けてもらえます。

また一緒に添付する資料として、設備資金の見積書・履歴事項全部証明書か登記簿謄本(法人の場合)・担保希望者は不動産の登記簿謄本か登記事項証明書、生活衛生関係の事業を行いたい方は、都道府県知事の「推せん書」もしくは、生活衛生同業組合の「振興事業に係る資金証明書」が必要です。

申し込みは日本政策金融公庫のホームページでも行われ、書類は後日提出になります。申込窓口は、法人で創業される経営者は、創業する本店所在地です。
個人創業は、創業予定地近くの支店が窓口です。
生活衛生関係の創業の場合は、振興事業の資金証明書を、提出した後受付けになります。面談・融資・返済の手続きについての流れは、「個人事業・小企業の申し込み手続き」と同じです。

実行にかかる期間はどれぐらいか?

日本政策金融公庫での審査期間はどれくらい?

事業の内容により融資の内容が異なってくるので、実行までの期間は多少長さに、違いが出てきますが、平均的には約3週間となっています。
融資を検討中であれば、この期間は頭に入れておいた方がいいでしょう。

まとめ

面談を行い融資実行まで3週間ぐらいなので、短い期間で検討され融資されます。提出資料を揃えておくと、1か月もあれば融資が送金されてきます。
融資の窓口は的確に選択し、確実に融資を受けられる状況にしましょう。
相談窓口がありますので、気軽に分からないことを相談でき、初めての融資申し込みであっても、不安になることがないので、資料をきちんと作成してあると説明もスムーズです。

ある方法で融資を申し込むと「6ヶ月以上」も待たなければならないリスクが増加?!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

新たな一歩を踏み出すためには多額の融資が必要な業界は多く存在します。融資のことが頭の中にあるあなたもそのお一人かもしれません。

ただ、その融資。ご自分で申し込みをしようとしていませんか?

日本政策金融公庫、制度融資も、万が一融資が通らなかった場合、最低でも6ヶ月間は再申し込みができません。 もしご自身で申し込みをされて審査が落ちた場合、次に融資へ申し込むことができるのは6ヶ月後になってしまいます。

美容や建設、飲食店など、開業には多くの融資が必要不可欠な方ほど、計画的に融資を申し込み開業への準備をしていかなくてはなりません。疑問や不安を残したまま申し込みをして審査に落ち、開業の夢が先延ばしになる前に、ぜひ専門家にご相談ください。

融資だけではなく経営についても様々なご相談を承っております。


融資に関するご相談はこちら