【こっそり教える】日本政策金融公庫で借りられる?
申込前のチェックポイント

日本政策金融公庫で借りられる?申込前のチェックポイント
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

失敗しないために申込前に融資条件をチェック!

日本政策金融公庫は政策金融機関ですが、誰でも無条件に融資してもらえるわけではありません。

ここでは、申し込み前にぜひチェックしておきたいポイントをご紹介します。

融資を受けるためのポイント

日本政策金融公庫で借りられる?申込前のチェックポイント

税金の未納や滞納はありませんか?

税金の未納や滞納があれば、日本政策金融公庫から融資を受けられる可能性はかなり低くなります。
会社に雇用され、給与から税金分を天引されていた人以外は特に注意したいところです。

開業後、日本政策金融公庫から融資を検討している人も、所得税・住民税・法人税といった各種税金をきちんと支払っていたか確認してください。
未納や滞納がある場合、全額支払わないと融資を受けることは難しいでしょう。

過去5年で債務整理をしたことはありますか?

自己破産や債務整理などの経験があると融資は難しくなります。初めて創業する人の場合は特に難しいでしょう。
会社経営によって破産した場合は、まだ、融資される可能性はあります。会社を経営していたことが実績として判断される場合があるからです。
しかし、過去に消費者金融から借金をして破産した、ギャンブルで破産したという、非常に個人的な理由だと、担当者も高いリスクがあると判断します。

また、消費者金融から借金がある場合、返済の延滞があると融資の可能性は低くなります。
カードローンや銀行ローンも同じと考えておきましょう。
融資を考えるなら、債務整理の場合だと、5年間は時間を開けて申請してください。
信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に情報が記載される期間が5年だからです。

自己資金はありますか?

自己資金の有無は、起業のために一生懸命準備してきたという「意欲」を示す強力なアピール材料になります。
自己資金がない場合、融資の可能性は低くなります。最低限、100万円程度は用意していないと融資は難しいでしょう。

100万円は大金です。ただ、会社を運営していくつもりなら100万円はそこまで高い金額でもありません。
厳しいかもしれませんが、創業のために100万円も用意できない人は能力不足と判断される可能性もあります。
また、100万円はあくまで最低金額で十分とは言えません。
融資してもらう可能性を高めるなら、融資希望額の3割~5割ほど用意したほうがよいでしょう。

なお担当者は通帳も半年分ほどチェックします。見せ金かどうか確認することが理由の1つです。
見せ金とは相手に信用させるために見せるお金のことと考えてください。
会社を設立するためには、発起人名義の銀行口座に資本金払込みが必要です。
融資担当者に十分な資本金があると見せて、会社設立後に引き出して第三者に返済することになります。
見せ金は詐欺行為であり、担当者も厳しくチェックしているので隠し通すのは困難だと言えます。

合わせて読みたいおすすめ記事

公共料金や携帯電話料金の滞納はしていませんか?

税金と同じく公共料金も滞納などがあれば、融資を断られる可能性は十分あります。
家賃や水道光熱費を滞納したことがないか確認しておきましょう。
また、意外と盲点となるのが携帯代です。
携帯代金の支払遅延でも、融資を受けられない場合があります。
理由は指定信用情報機関CICに情報が記載される可能性があるからです。

開業する場所はすでに決まっていますか?

創業前で融資を検討するときに注意したいのが、開業予定地が決まっているかどうかです。
開業予定地が決まっていなければ、融資は申し込めません。
ただし、契約はしていないが仮押さえはすでにしているという状況でしたら申し込むことはできます。

また、開業予定地関連で注意したいのが融資手続き中の変更です。
融資の手続きをしているとき、開業予定地を変更するとまた最初から手続自体をやり直さなければなりません。
融資の申し込みをする前には、本当に開業予定地はそこでいいのかしっかりと決めておきましょう。

ビジネスプランをしっかり考えましたか?

ビジネスプランがいい加減なら、担当者も不安を感じて融資を断るでしょう。
創業したとしてどのような方法で収益を上げるのか?経営を安定して継続させて行くための具体的なプランはあるのか?など、担当者は厳しくチェックします。

ビジネスプランについて自分では完璧だと信じていても、プロから見れば穴だらけという場合もあるでしょう。
矛盾点なども厳しくチェックされ、現実的に収益をあげるのは明らかに不可能というビジネスプランも門前払いされるでしょう。
従業員は何人雇用するのか・すでに確保しているのか、商品を取り扱うなら取引先と仕入先は決まっているのかなど細かくチェックされます。

面談に向かう心の準備はできていますか?

日本政策金融公庫で融資を受けるには、担当者との面接を突破しなければなりません。
ビジネスプラン、融資の希望理由など細かい点まで厳しくチェックされます。
創業に対する熱意や希望なども質問されるでしょう。

どのような質問が来てもきちんと答えられるだけの心の準備をしておいてください。
口下手かどうかは関係ありません。自分の考えていることを、正確に伝えるという気持ちを意識しましょう。
面談の準備ができていない場合、厳しい質問に対し怒る人もいますが、担当者に対する不満が言動や態度に出ると融資はまず無理でしょう。
あくまでも自分は「融資をしてもらう立場」ということを意識してください。
最低限のマナーも守れないと融資を受けることは難しいでしょう。

まとめ

日本政策金融公庫で借りられる?申込前のチェックポイント

日本政策金融公庫から融資を受けるには、申請前にしっかり準備をしておくことが大切です。
十分な自己資金はあるか、ビジネスプランは大丈夫かなど担当者はきちんとチェックしています。
税金や公共料金の遅延や滞納があるなら融資は厳しいものになるでしょう。まず無いとは思いますが、面接で態度が悪いと門前払いです。
変に隠したり繕ったりせず、融資を受けるための条件を満たしているなら堂々と申し込んでください。

合わせて読みたいおすすめ記事

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント