ネットショップ開業に必要な資金はいくら?
どうやって調達すればいい?

ネットショップ開業に必要な資金はいくら?どうやって調達すればいい?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

ネット通販を始めたい」と思った際、開業を検討するにあたって、まずどれくらいの資金が必要か気になるところですよね。

初期費用に関する知識がない状態でネットショップを出店してしまうと、思った以上に元手が掛かってしまったり、上手く収益が上がらず初期投資を回収できないなど、赤字が膨らむリスクがあるため注意が必要です。

この記事では、ネットショップ開業時にかかる初期費用や資金調達の方法、資金繰りで失敗しないためのポイントについて解説します。
ECサイト事業を成功させたい方はぜひ参考にしてください。

合わせて読みたいおすすめ記事

ネットショップ開業時に必要なもの

ネットショップを開業する際は、主に次のような費用がかかります。

1.ショップ運営に必要な機材費

ネットショップを運営するには、ECサイトを作ったり在庫を管理したりするためのパソコンをはじめ、さまざまな機材が必要です。

開業時にかかる機材費の目安は5万円~10万円程度で、仕入れる商品の種類によっては数十万円以上かかる場合もあります。

2.運営に関連する費用

ネットショップ運営に関する作業を人に依頼する場合は、人件費の支払いが必要です。
また、インターネット通信費や、商品の種類によっては営業許可申請の手数料もかかります。

運営に関連する費用の目安は1万5000円~5万円程度です。
人件費や営業許可申請の手数料によっては、10万円程度の費用が必要な場合があります。

3.システム関係で必要な費用

ネットショップの運営には、システム導入時の初期費用やレンタルサーバ費用、広告費用なども必要です。

システム関係で必要な初期費用の目安は1万円~8万円程度です。
初期費用の高いモールに出店したり、広告を使用したりするほどコストが高くなります。

では、それぞれの費用について解説していきます。

1.ショップ運営に必要な機材費

ネットショップを開業する際は、パソコンや周辺機器、商品を撮影するためのカメラなどが必要です。
また、梱包資材や販売する商品自体の仕入れが必要となる場合もあります。

ショップ運営に必要な機材費の詳細は次の通りです。

パソコンや周辺機器

パソコンは、2~3万円程度のモノから数十万円の高級製品まで、さまざまなモデルが発売されています。

メール対応や注文管理を行うだけなら、2万円程度のノートパソコンで十分対応できます。
ただし、Webサイトの制作や画像編集まで自分で行う場合は、ある程度スペックの高いもの、安くても10万円以上のパソコンが望ましいです。

また画像編集用のソフトも別途、用意が必要です(無料で使用できるソフトやツールも多くあります)。
発送伝票やラベルの印刷を自分で行う場合は、プリンターも用意しましょう。
プリンターは2万円~3万円で購入できます。

カメラ

デジタルコンテンツや書籍などを販売する場合は、スマートフォンのカメラで代用可能です。
化粧品やサプリメント、アクセサリーなどを販売する場合は、商品写真の撮影用に1万円~2万円のデジタルカメラを用意しましょう。

また、商品を綺麗に撮影するためのLEDライトやレフ板を用意すると、クオリティの高い商品画像が作れます。
通販用の写真撮影キットは3万円~4万円が目安です。

梱包資材

ネットショップで物販を行う場合は、商品を発送する際に使う箱や宅配袋、商品を包むクッション材などが必要となります。
梱包資材を一式そろえる費用は、数千円程度が目安です。
ただし、扱う商品の大きさや数量によって梱包資材代は異なります。

また、梱包資材は開業当初に購入するだけではなく、事業運営を続ける限りつねに買い足すことが必要です。

商品(販売する商品にもよる)

ネットショップ開業時にかかる商品の仕入れコストは、販売する商品によって異なります。

例えば、化粧品やサプリメントなどをOEM生産で仕入れる場合、仕入れには数万円~数十万円が必要です。
高額な商品を仕入れる場合、100万円以上の初期費用がかかるケースもあります。

一方、オリジナルのダウンロード教材など無形の商品を販売するなら、商品の仕入れコストはかかりません。
また、ハンドメイドの商品を自作して販売する場合は、材料費のみが必要です。

2.運営に関連する費用

ネットショップを運営する際は、人件費やインターネット通信費などが必要です。
また、販売する商品の種類によっては、営業許可申請費がかかる場合もあります。

ネットショップ運営に関連する費用の詳細は次の通りです。

人件費

ネットショップ運営にあたって発生する梱包作業や発送作業、顧客との連絡やりとりなどをすべて自分ひとりで行う場合は、人件費はかかりません。
ただし、取り扱う商品点数や売上が増えてきた場合、従業員を雇ったり作業の一部を外注する必要が出てくるでしょう。

ネットショップ運営を外注する場合の費用は、月額1万円~10万円が目安です。
依頼する作業内容によって人件費は異なります。
また、ネットショップの運営代行サービスを提供している会社によっては、売上の5%~10%を成果報酬として設定していることも一般的です。

営業許可申請費(必要な場合)

中古品や食品、化粧品などをネットショップで販売する際は、営業許可申請が必要となります。

【中古品】

中古の衣類や書籍、美術品類などを販売するには、古物商許可が必要です。
古物に分類される商品の区分は13種類で、古物営業法施行規則に記載されています。

古物商許可の申請先は、事業所または自宅住所を管轄する警察署の窓口です。
手数料として19,000円がかかります(2021年3月現在)。

【食品】

肉や魚などの食材や加工食品、お菓子などを販売する際は、販売する商品に応じた営業許可が必要です。
営業許可が必要となる業種は34種類で、食品衛生法施行令に記載されています。

食品販売における営業許可の申請先は、事業所または自宅住所を管轄する保健所の窓口です。
手数料は業種や地域によって異なり、5,000円~25,000円程度が目安です。

【化粧品】

国内で仕入れた化粧品をそのまま販売する場合には、許可を取る必要がありません。
ただし、海外から輸入した化粧品を販売する場合や、製造から販売までを自社で行う場合は、化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可などが必要となります。

化粧品販売に関する営業許可の申請先は、管轄の保健所や薬務課などです。
手数料は地域によって異なり、5万円~9万円程度が目安です。

これらのほか、酒類や医薬品類などを販売する際も、許可の取得が必要です。
許可なく商品を販売すると罰金や懲役の対象となるため、扱う商品の販売に許可が必要か事前に確認しましょう。

インターネット通信費

インターネット通信費の目安は、月額4,000円程度です。
自宅や事務所にインターネットの固定回線を引く方法と、モバイルWi-fiルーターを契約する方法があります。
データ通信量によらず、定額の月額費用で使用できるインターネット回線が一般的です。

自宅や事務所でしかネットショップ運営作業をしない場合は、固定回線のほうが高速で安定した通信ができますが、移動中や出張先などで、ノートパソコンを使ってネットショップ運営作業をしたい場合は、モバイルWi-fiルーターのほうが便利です。

通信費は契約する業者や回線の種類によって異なりますが、固定回線とモバイルWi-fiルーターで大きな差はありません。

3.システム関係で必要な費用

ネットショップを開業する際は、ショップを立ち上げるための初期費用や、広告費などが必要です。
また、独自ドメインを取得して自分のWebサイトを持つ場合、レンタルサーバ費用やドメイン取得費用もかかります。

ネットショップのシステム関係で必要な費用の詳細は次の通りです。

ショップ導入の初期費用(モール出店・独自ドメイン出店ともに)

ネットショップを開業する方法は、大手ショッピングモールサイトに出店するか、独自ドメインを取得して独立したネットショップを作るかの2種類があります。

モール出店の場合

モール出店の場合、初期費用と月額利用料、売上高に応じた販売手数料がかかることが一般的です。

例えば、楽天市場に出店する際は、初期登録費用として60,000円、月額出店料として19,500円~100,000円、システム利用料として月間売上高の2%~7%がかかります。
ただし月額出店料は月々の支払いではなく、半年ごとにまとめて支払う必要があります。

Yahoo!ショッピングに出店する際は、初期費用や月額利用料は無料です。
商品が売れたときに、売上高の1%~15%となる「ストアポイント原資負担」や、1.5%の「キャンペーン原資負担」、決済サービス手数料などがかかります。

Amazonに出店する際は、初期費用が無料です。
月額利用料4,900円のほか、売上高に応じた販売手数料がかかります。

独自ドメイン出店の場合

独自ドメインを取得して独立したネットショップを作る場合、商品の在庫管理や決済機能を持つECサイト向けサービスを利用するのが一般的です。
ECサイトには「カラーミーショップ」や「ショップサーブ」など、さまざまなシステムが存在します。

カラーミーショップの場合、初期費用は3,000円、月額利用料は834円~7,223円で、販売手数料はかかりません。

ショップサーブの場合、開通料(初回費用)として15,000円、月額利用料は0円~50,000円、販売手数料は売上高のおよそ3%~5%です。
販売手数料の料率や、注文1件ごとにかかる費用は利用プランによって異なります。

ただし、プランによって利用できるサービスの範囲は異なりますし、より便利に利用するには、さまざまなオプションを契約する必要がある場合もあります。
いろいろ比較して検討することが必要です。

※上記は2021年3月時点における情報です。
サービス料金等は変更される場合があるため、最新の情報は各モールやECサイト向けサービスの公式サイトをご確認ください。

レンタルサーバ費用(独自ドメイン出店の場合)

独自ドメイン出店の場合、ネットショップのデータをアップロードするためのレンタルサーバが必要です。
レンタルサーバの利用料金は、初期費用が3,000円程度、月額料金は1,000円程度が目安となっています。

ただし、前述のECサイト向けサービスで、サーバ機能が含まれているものを利用する場合、改めてレンタルサーバを用意する必要はありません。

ドメイン取得費用(独自ドメイン出店の場合)

独自ドメインの取得費用は、年額100円~1,000円程度です。
「.jp」や「.co.jp」など、特に信頼性が高いとされるドメインは、取得費用も高く設定されています。

一般的に広く使用される「.com」や「.net」などのドメインなら、年額100円程度で取得可能です。

※「.jp」は日本国内に所在してないと取得できないドメインです。
「.co.jp」はさらに日本国内の会社しか取得できないドメインで、1組織で1ドメインしか登録できないため、会社としての安心感をユーザーに与えることができます。

広告費用(広告出稿する場合)

ネットショップの広告費用は、目指す売上規模によって異なります。
リスティング広告やディスプレイ広告と呼ばれるオンラインの広告なら、広告がクリックされた回数に応じて広告費を支払うことが可能です。
そのため、月額1万円など少ない予算から広告が出せます。

売上や利益が増えれば、月額数万円~数十万円以上の広告費をかけることも一般的です。

開業費用はどうやって調達する?

ネットショップの開業費用は、さまざまな方法で調達できます。
自己資金を貯める方法のほか、補助金・助成金や創業融資、投資家からの出資などで資金を集めることも可能です。

では、開業資金を調達する方法について解説します。

アルバイトなど自己資金を貯める

小規模なネットショップから事業を始める場合は、自己資金のみで開業するケースも一般的です。

副業でアルバイトなどをしてお金を貯めれば、融資を受けなくてもネットショップを開業できるメリットがあります。
ただし、本業が忙しい場合、自己資金を貯めるまでに時間がかかることがデメリットです。

補助金・助成金を利用する

国や地方自治体が用意する補助金・助成金の制度を利用すれば、ネットショップの出店費用や広告費用の一部をまかなうことができます。

ただし、補助金の場合は審査に通過しないと受けられません。
ネットショップの開業時に使える主な制度として、「小規模事業者持続化補助金」などがあげられます。

小規模事業者持続化補助金は、事業の開始や業務効率化の取り組みにかかる費用の3分の2(最大50万円)までを国が補助する制度です。
ネットショップの構築にかかる費用や広告費も採択の対象となります。

補助金や助成金は申請できる期間が限られているため、利用する場合は申請の準備を整えた上で、忘れずに申し込みましょう。

日本政策金融公庫の創業融資

日本政策金融公庫では、新たに事業を開始する方向けに「新創業融資制度」などを提供しています。

ネットショップを開業する場合も、新創業融資制度の利用が可能です。
新創業融資制度の融資限度額は3,000万円(うち1,500万円は運転資金)となっています。

新創業融資制度を利用する場合は、日本政策金融公庫が用意する書式に従った創業計画書が必要です。
また、創業資金総額の10分の1以上の自己資金を用意する必要があります。

合わせて読みたいおすすめ記事

エンジェル投資家・ベンチャーキャピタル(VC)の出資

エンジェル投資家とは、起業を志す方に個人で出資する投資家のことです。
一方、ベンチャーキャピタル(VC)は、将来性のある企業に対して株式取得などの形で投資をし、株式公開後に株の売却益を得る組織を指します。

エンジェル投資家と比較して、ベンチャーキャピタルは出資を受けるための審査が厳しいことが特徴です。
また、エンジェル投資家は数百万円規模から出資するケースがありますが、ベンチャーキャピタルは1億円など大規模な投資をメインとしています。

投資する価値のある将来性の高いネットショップを開業する場合などは、エンジェル投資家からのサポートを受けられる可能性があります。

合わせて読みたいおすすめ記事

クラウドファンディングを活用

クラウドファンディングとは、不特定多数の出資者から事業に必要な資金を募る仕組みを表します。
クラウドファンディングサイトなどを利用してプロジェクトを公開し、賛同してくれた人からの出資を受けることが可能です。

クラウドファンディングを活用した多くのキャンペーンでは、出資者に対するお礼として新商品やサービスの提供を約束するのが一般的です。
新しい技術を使った玩具や電子機器など、新規性の高い商品を販売する場合は、クラウドファンディングによる資金調達も視野に入れてみてください。

合わせて読みたいおすすめ記事

ネットショップ開業時、資金繰りで失敗しないためのポイント

ネットショップ開業時は、事業で収益を得るためにさまざまなポイントに注意する必要があります。

資金繰りで失敗しないための主なポイントは次の5つです。

ポイント.1 資金には余裕をもって

ネットショップを始める際は、自己資金に余裕を持った状態で開業しましょう。
ネットショップ構築にかかる初期費用だけでなく、半年間~1年間分の運営費用や生活費を用意しておいた方が安全です。

資金に余裕を持っておけば、開業から数カ月の間に見込んだ収益が万が一得られなかったとしても、改善のための施策が打てます。
資金に余裕がなくなると、精神的な焦りから現状を打開するアイデアが出づらくなるため、十分な資金を用意しておくことがポイントです。

ポイント.2 まずはスモールスタート

ネットショップを初めて開業する場合は、スモールビジネスからスタートしましょう。
必要最小限の機材や仕入れ、広告費を使って、まずは小さくても収益を生み出すことがポイントです。

最初から大規模なECサイトを構築したり、必要以上に高度なサービスを使ったりすると、失敗するリスクが高まります。
小規模から始めて、得られた収益を再び投資することを繰り返すことで、事業を拡大していきましょう。

ポイント.3 運営に必要な費用(固定費・変動費)を正確に把握

ネットショップを開業する際は、運営に必要な固定費や変動費を正しく把握することがポイントです。

固定費とは毎月必ず発生するコストのことで、モールの月額利用料金やインターネット通信費などが含まれます。
一方、変動費とは売上高に応じて発生する手数料や外注作業費、広告費など、月によって変わるコストです。

ネットショップ運営に必要な費用が性格に把握できていれば、予め準備しておくべき資金や、毎月絶対にクリアしなければならない収益額などがわかります。
費用が把握できていないと、気づかない間に資金が底を尽きてしまうリスクがあるため注意しましょう。

ポイント.4 補助金を有効活用する(IT導入補助金など)

ネットショップを開業する際は、補助金を有効活用することもポイントです。
例えば、国のIT導入補助金の制度を利用すると、ITツールの導入にかかる費用の2分の1(最大450万円)までの補助が受けられます。

補助金を申請する際は、申請書類の内容や書き方に不備がないように注意し、正しく手続きを行いましょう。

ポイント.5 在庫過多に注意

ネットショップで在庫過多となった場合、商品を保管しておく場所や維持コストなどの問題が生じます。

特に、事業を開始して間もないタイミングでは、必要最小限の在庫だけを用意することがポイントです。
毎月売れた商品の個数をチェックし、在庫過多とならない分量で新たな仕入れを行いましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

まとめ~ネットショップの運営・集客支援でもBricks&UKはお役に立ちます!~

ネットショップ開業に必要な資金はいくら?どうやって調達すればいい?

ネットショップを開業する際は、機材費や運営に関連する費用、システム関係の費用を支払うための資金準備が必要です。

開業費用は自己資金を貯めて用意するほか、補助金・助成金の利用、創業融資やクラウドファンディングなどでも調達できます。
ネットショップ開業時は、資金に余裕を持つことや、まずは小規模なビジネスから始めることがポイントです。
また、運営費用を正確に把握したり、補助金を有効活用したりすることで、失敗のリスクを下げましょう。

税理士法人Bricks&UKでは、ネットショップの運営や集客を支援するサービスも提供しています。
創業計画書の無料診断や、創業融資のサポートなどが可能です。
専門家によるサービスを活用し、ネット通販事業を軌道に乗せたい方は、ぜひBricks&UKまでお問合せください。

友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

集客にお困りじゃないですか?
無料相談申込み・お問い合わせはこちら!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

経営者・集客担当の皆様、こんなお悩みはありませんか?

【変わりゆく営業スタイル】オンライン商談成功のコツ
  • 集客やお問い合わせを増やしたい!
  • 競合の会社・店舗と差別化するにはどうしたらいい?
  • 「ホームページないの?」とよく聞かれる…
  • スタッフ募集しても応募が集まらない…

Bricks&UKのプロモーション戦略でお悩み解決します!

「Bricksってなに屋さんなの?」
ホームページ屋?チラシ屋?デザイン会社? …ちょっと違います。

プロモーション屋さんです!

今や、集客や宣伝といったビジネスのプロモーションに「インターネットの活用」は欠かせません。
また人材採用でも、ネットを上手に活用しないと応募すら満足に集まらないご時世、皆様はネットでの集客にお悩みはありませんか?

税理士法人Bricks&UKは約2,100の顧問契約数を持つ税理士法人です

名古屋でスタートしたBricks&UKも今や東京日本橋・品川に2ヶ所、三重の四日市、そしてタイのバンコクにまで事務所を構えるまで成長。

税理士法人としての基本機能である会計・税務申告や経営アドバイスで様々な業種のクライアントを総合的にサポート。
グループ内の「株式会社Bricks&UK」では、ホームページ制作やSEO対策、リスティング広告、SNSの活用などのネット戦略を幅広く取り扱いいたします。

さらに、チラシ・パンフレット制作から名刺・ショップカード・封筒・ロゴマークなどのデザインと、会社や店舗のブランディングに関わる販促ツールの制作も手掛け、ネットだけにとどまらない「オンラインとオフライン」双方のプロモーションサービスを提供しております。

数多くの同業他社と差別化を図り、一歩でも先を行くためのお手伝いをいたします。

ホームページ制作・チラシ・ロゴデザイン・パンフレット・名刺 etc.
プロモーションツールならBricks&UK

まずは無料相談からお気軽にお申込みくださいませ。


集客について今すぐ相談する!