カフェを開きたい!開業費用はいくら必要?

カフェを開きたい!開業費用はいくら必要?
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

カフェを開業するには、物件取得費や内装・外装工事費をはじめ、様々な項目の費用が発生します。
具体的にどのくらい必要かご存じでしょうか?
カフェの開業を検討しているならば、実際に費用がいくら発生するのかを事前に把握しておきましょう。

この記事では、カフェの開業に必要な費用を大まかな金額の目安とともにわかりやすく紹介します。

合わせて読みたいおすすめ記事

カフェ開業に必要な費用とは

自分のカフェを開店させたいと考える方には、独立開業に必要な費用に関する不安や疑問はつきもの。
こうした不安や疑問点を解消するためにも、まずはどのような種類の費用が必要となるのかを把握しておきましょう。

実際にカフェを独立開業する場合に求められる費用の種類は、主に以下の7つです。

  • 物件取得費
  • 内装・外装工事費
  • 家具・厨房設備費
  • その他備品・消耗品費
  • 運転資金
  • 資格・許可の取得費
  • 広告宣伝費

上記に挙げた費用の相場は、実際に開業するカフェの形態・出店方法・オーナー自身のこだわりなどによって大きく変動します。
言い換えれば、事前に優先順位を決めた上で限られた資金を投入すれば、カフェの開業費用を抑えることも可能です。

次章以降では、カフェを独立開業するにあたって求められる費用の種類や内訳・大まかな金額の目安などについて、順番に詳しく紹介していきます。

物件取得費

カフェの開業費用の1つ目は、物件取得費です。
これは、実際にカフェを営む店舗を契約する際に求められる不動産費用を意味します。

物件取得費として想定される費用の内訳と大まかな相場は以下のとおりです。

  • 家賃の基準:売上の10%程度
  • 前家賃:2カ月~12カ月分
  • 保証金・敷金・礼金の合計:家賃の2カ月~12カ月分
  • 仲介手数料:1カ月分

例えば、家賃が10万円(想定売上が100万円程度)のケースを想定すると、最低でも前家賃として20万〜120万円、保証金・資金礼金の合計として20万〜120万円、仲介手数料として10万円程度の費用が発生する計算です。

加えて、更新時には手数料が発生するケースもあるため、事前に十分チェックしておきましょう。
なお、「アクセスが良好である(駅から近い)」「低い階数の物件である」「人通りが多いエリア」などの条件に該当すると、集客に有利な反面、家賃相場が高まる傾向にあります。

合わせて読みたいおすすめ記事

内装・外装工事費

カフェの開業費用の2つ目は、内装・外装工事費です。
これは、設計費も含んだ費用であり、「スケルトンか居抜きか」「業者委託かDIYか」などの選択によって金額が大きく変動します。

当然ながら、居抜き物件では同業者が退去した物件をそのまま利用できるため、一般的に費用を抑えることが可能です。
場合によっては、100万〜200万円程度で開業できるケースもあります。

ただし、居抜き物件では、賃貸借契約時に前のオーナーに対して造作譲渡料を支払うケースがあるほか、追加で内装工事を実施するケースもあるため、必ずしも費用を節約できるとは限りません。

以下では、「内装および外装を業者に委託したケース」と「DIYを行ったケース」ごとに、発生する費用の目安をまとめました。
(10坪程度のカフェにおける坪単価あたりの費用)

  • 業者委託のケース:20万~50万円ほど
  • DIYのケース:10万~15万円ほど

そのため、10坪程度のカフェであれば、DIYを行うケースであっても最低100万円ほどの費用が発生します。

合わせて読みたいおすすめ記事

家具・厨房設備費

カフェの開業費用の3つ目は、家具・厨房設備費です。
これは、家具(インテリア)・カフェの営業に必要な厨房機器などの購入にかかる費用を意味します。

家具にはテーブル・椅子などが該当し、最低でも20万〜30万円程度の費用がかかります。
また、厨房機器にはエスプレッソマシン・オーブン付きガスレンジ・電気フライヤー・冷凍冷蔵庫・製氷機・食器洗浄器・コールドテーブル(作業台)・シンクなどが含まれて、これらを合わせると最低でも120万円程度の費用が発生します。

ちなみに、少しでも費用を抑えたい場合には、中古品の購入を検討すると良いでしょう。
中古品を導入すれば、新品の半額程度の費用に抑えることが可能です。

その他備品・消耗品費

カフェの開業費用の4つ目は、その他備品・消耗品費です。
この費用には、食器類・POSレジ・テイクアウト用の包装資材費・ナプキン・ペーパータオル・コースター・メニュー表・店内POPなど、多種多様なものが含まれます。これらの合計金額は最低30万円程度です。

ひとつひとつの費用自体は比較的少額で済むものの、合計金額として考えると高額な費用が発生するケースもあるため注意しましょう。
それぞれの単価と購入予定数をリストにして、必要な合計金額を把握できるようにしておくと、想定外の費用に困ってしまうトラブルを避けられます。
費用の項目が多いことから予算管理が煩雑になりやすいため、入念な管理をおすすめします。

運転資金

カフェの開業費用の5つ目は、運転資金です。
これは仕入先への支払いや家賃、水道光熱費の支払いなど毎月の支払いのための資金を指します。

経営が軌道に乗るまでの予備として確保しておけば、余裕をもって経営することができます。
目安としては、家賃3か月分+開店までにかかる諸経費です。
具体例を挙げると、家賃が10万円のケースであれば最低でも100万円程度は確保しておきましょう。
例えカフェの開業後に赤字期間が続いてしまっても、運転資金を用意しておけば一定期間にわたり経営を継続できます。

カフェの経営が軌道に乗るまでは収入を支出が上回る赤字状態が続く上に、オープン前の準備期間はカフェの収入がまったく得られません。
安心感を持ってカフェの開業に臨むためにも、運転資金は余裕を持って準備しておきましょう。

資格・許可の取得費

カフェの開業費用の6つ目は、資格・許可の取得費です。
これは、カフェの開業に必要とされる「食品衛生責任者資格」および「営業許可証」を取得するために発生する費用を意味します。

まず、食品衛生責任者とは、カフェに限らず食品販売や製造を行うすべての事業所に配置が求められる有資格者のことです。
この食品衛生責任者の資格を取得するには、各都道府県の食品衛生協会が開催している食品衛生責任者養成講習を受講する必要があり、受講料として1万円の費用が発生します。
この資格は保健所に対してカフェの営業許可申請を行う際に必要です。
なお、全国共通の資格であるため、資格の取得地とカフェの出店地の都道府県が異なっていても問題ありません。
(例:東京都で資格を取得し、埼玉県でカフェを開業)

次に、営業許可証とは、「飲食店(あるいは喫茶店)営業許可申請」が認められた事業所に発行される証明書のことです。
これは資格ではないものの、衛生法の定めにより、カフェを開業する場合には、保健所に対して飲食店(喫茶店)営業許可申請を提出しなければなりません。
この営業許可申請を行う際は、厨房・食器棚・空調などの店舗設備について細かい規定が存在するため、着工前であれば設計士とともに所轄の保健所に相談すると良いでしょう。
営業許可証の取得費用は市区町村や保健所ごとに異なりますが、最低でも1万円程度は必要です。

合わせて読みたいおすすめ記事

広告宣伝費

カフェの開業費用の7つ目は、広告宣伝費です。
ここには、看板・チラシ・DMなどにかかる費用が含まれます。
一般に飲食店の広告宣伝費は、売上の5%〜10%程度が平均的な相場とされています。

なお、広告宣伝の手段としては、主に以下のような方法が挙げられます。

  • 広告、チラシの作成
  • 食べログなどグルメサイトに掲載
  • ホームページ゙制作
  • ネットへの広告出稿
  • SNSの活用

上記のうち、新規開業などのケースでなるべく開業費用を抑えたい場合には、SNSの積極的な活用をおすすめします。

最近では集客に関して、Facebook・Twitter・Instagram・LINE公式アカウントなど、費用のかからないSNSの活用はマストになっています。
(※一部有料サービスもあり)

このうちFacebookは、実名制でリアルな関係性が反映されやすく、正確な属性情報を活用した精度の高い広告ターゲティングが行えます。
反面、拡散力と検索性の低さに弱みを持っています。

次に、Twitterは、面識のない人も含めた「友達・共通の趣味があるオンラインの友達」をターゲットに集客を狙えるSNSであり、リツイート機能によって不特定多数に情報を届けられる可能性がある点は大きな魅力です。
ただし、一回の投稿が140文字以内に限られるため、情報の伝え方には十分な配慮が必要です。

また、Instagramでは、おしゃれな写真の投稿が人気を集める傾向にあり、「フォトジェニック」を意識してカフェの雰囲気を効果的に表現できれば、大きく注目される可能性があります。
一方、ハッシュタグの完全一致でしか検索ができず、キーワードによる検索ができない、という検索性の低さが弱みと言えます。

最後に、LINE公式アカウントでは、コミュニケーションツール「LINE」を活用し、登録ユーザーに対するメッセージの一斉送信などで広告宣伝を行えます。
今やLINEのユーザー層は極めて幅広く、活用次第では前述した3種類のSNSよりも幅広い年代へのリーチを狙うことが可能です。

合わせて読みたいおすすめ記事

まとめ~カフェ起業時の資金調達もサポートします!~

カフェを開きたい!開業費用はいくら必要?

この記事では、カフェの開業に必要な費用を大まかな金額の目安とともに紹介しました。

カフェの独立開業にはさまざまな種類の費用が発生し、総額で1,000万円程度の金額が求められるケースも珍しくありません。
もしもカフェの開業費用の準備に不安がある場合には、起業準備の一括サポートを手掛ける税理士法人Bricks&UKにお任せください。

Bricks&UKでは、カフェの開業に際して、「資金調達のサポート」「集客の支援・ホームページ制作」などのサービスを展開しております。
また、カフェの開業に関するビジネスモデルの構築やスムーズに開業するためのサポートも手掛けておりますので、「カフェの開業にあたって資金調達をしたい」「効果的な広告宣伝によりカフェの経営を軌道に乗せたい」といった方はお気軽にご相談ください。

創業時の融資相談もBricks&UKにおまかせください!

当サイトを運営する「税理士法人Bricks&UK」は、顧問契約数2,100社以上、資金繰りをはじめ経営に関するコンサルティングを得意分野とする総合事務所です。
中小企業庁が認定する公的な支援機関「認定支援機関(経営革新等支援機関)」の税理士法人が、日本政策金融公庫の資金調達をサポートします。

資金調達に必要な試算表、収支計画書などを作成していきますので、資金調達のサポートと、借入後の資金繰りをしっかりと見ていくことができます。
そのため、皆様の経営の安定化に、すぐに取り掛かることができます!
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談を申し込む!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「その計画書で大丈夫!?」
無料診断&アドバイス申込み受付中!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】
「その計画書で大丈夫!?」無料診断&アドバイス申込み受付中!

日本政策金融公庫が、融資審査時に提出を求める重要な書類が「創業計画書」です。
創業計画書とは文字通り、創業するための計画書のこと。
この創業計画書のクオリティが、融資成功のカギと言っても過言ではありません。
記入する項目は、インターネットなどで調べれば見本が見つかるので、「それくらい自分でもできるよ!」と思う方が多くいらっしゃいます。
しかし実際にはどれだけ上手く、それらしく創業計画書を作成しても「それだけではダメ」なんです!

なぜそれだけではダメなのか?成否を分けるポイントはどこなのか?
ここを知っているかどうかが、融資成功の分かれ道になります。

しかも融資審査は一発勝負!
審査に落ちると、最低6か月は再申し込みができません…!

専任の創業融資コンサルタントが、無料で診断いたします。
メールフォームまたはLINEからお気軽にお申し込みください。


お申込みはこちらから