自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント
【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

いざ開業しようと決意した時にまず最初の関門が、必要な資金が用意できるかどうか。
「起業のアイディアはあるものの自己資金が…」という場合、起業を諦めしかないのでしょうか?

確かに資金調達は起業における大きな課題の一つです。
しかし近年では「プチ起業」に代表されるように低額の初期投資で起業する人が増加しており、少ない自己資金で起業することも決して珍しくありません。

本記事では「少ない自己資金での起業」をテーマに、50万円以下で起業できるビジネスの事例を10個を紹介。
50万円以下で起業するためのキーポイントやコストをおさえる方法など詳しく解説します。

少ない自己資金で起業がしたい方、具体的な起業の手順を知りたいという方はぜひ最後まで読んで起業のための第一歩を踏み出してください。

初期費用50万円以下でも起業はできる!

近年50万円以下の少ない初期費用で起業が可能になったことには、いくつかの要因があります。
その中でも、最も大きな要因はやはりインターネットの普及でしょう。

インターネットを活用すれば広告宣伝・集客・販売に至るまですべてを効率化することができ、最小限の費用でビジネスをはじめることができます。

オンライン上ですべてが完結するビジネスであればパソコンとネット環境があれば自宅開業も可能なため、事務所を借りる・設備を整えるといった固定費やランニングコストが新たに発生することもありません。
また、昨今は副業やリモートワークが普及したことにより、オンライン上で完結するビジネスが一般化しています。

このような社会的背景もあり、初期費用50万円以下の起業がより一層現実的になったのです。
以上のように、今の時代起業は必ずしも高額の初期投資を伴うものではなく、50万円以下で小規模にはじめることも十分可能であるというわけです。

50万円以下で起業できるビジネス10選

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

50万円以下で起業できるビジネスの例として、具体的に10種の仕事を紹介します。

自分の興味・関心があるもの、知識や経験が活かせそうなものから選ぶのでもよいですし、これらをヒントに新たなサービスを考えてみるのもよいでしょう。

自作品のオンラインショップ

衣類・アクセサリー・雑貨など、自作品をオンラインショップで販売して収益を上げる仕事です。
趣味で作っているものなどがあれば、まずは趣味の延長で初めてみてもよいでしょう。
初期費用は材料費程度しかからないので、50万円以下でも十分に起業することができます。

最近では便利なオンラインショップ開設サービスがたくさんあるので、ぜひ活用してください。
Minnne(ミンネ)Creema(クリーマ)などのハンドメイド専用のオンラインショップなら、特別なWebリテラシーがなくても簡単にオシャレなショップサイトを作ることができます。

また自作品を一から全部作るのではなく、例えば無地のTシャツにデザインをプリントして販売するといった方法もあるので、スキルや特技を活かして自分でも作れるものかないか考えてみましょう。

アフィリエイト

アフィリエイトはインターネット広告モデルの一つであり、自分のブログ・SNS・メルマガ等を利用して広告収入を得るビジネスです。

アフィリエイトは基本的にパソコン1台あればできるので、初期費用はほとんど必要ありません
その上、成功すれば少ない労力で大きな収益を得られる可能性もあるため、夢のあるビジネスと言えるでしょう。

ただし、アフィリエイトビジネスは収入が不安定なのが一番のネックです。

例えば、ブロガーはいかに自分のブログをGoogle検索で上位表示させるかが重要なのですが、Googleのアルゴリズムは頻繁に変更されます。
そのためいったん上位表示されたとしても、突如、圏外になってしまうということもよくあるのです。

また、アフィリエイトビジネスをするためには自分のメディアサイトを成長させ、多くの人に認知してもらう必要があります。
しかし、メディアサイトの情報を拡充したり検索順位を上げたりするには、長い期間をかけて地道な努力を続けなければいけません。
そのため収益化までに時間がかかり、即金性がないというのもデメリットです。

英語や毛筆、楽器などの講師

語学力や楽器演奏など、他人に教えられる何らかのスキルを持っている人は、自宅でスクールを開くのも良いでしょう。

講師の仕事は飲食店やサロンのような店舗経営と比べ、開業に必要な設備投資は少額で済みます。
形態としても通学とオンラインスクールどちらも選べるので、自分に合ったやり方ではじめられるのがメリットです。

英会話などは大手のスクールだと高額の料金がかかるため、低額でレッスンを受けられる場所を探している人も少なくありません。
ですからきちんとしたスキルさえあれば、スクールビジネスで集客することは十分可能です。

人に教えるのが好きな人におすすめの仕事と言えるでしょう。

写真家(クリエイティブ系)・カメラマン(商業系)

写真家は表現活動の一環として撮りたい写真を撮る、クリエイター・アーティストのような仕事です。
対して、カメラマンはクライアントの要望に応じ、商用の写真を撮影する仕事のこと。

どちらもカメラを扱う仕事なのでカメラや照明などの機材費がかかりますが、それ以外に高額な出費はかからず比較的安価にはじめられます。

写真家はアーティストの領域であるため、どちらかというとクリエイティブなセンスが求められる仕事です。
そのため確実な収益化を目指すのであれば、カメラマンの方が現実的かもしれません。

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーは、顧客の要望に合わせて理想の体作りを実現するため、適切な運動・食事のサポートを行う仕事です。

解剖学やトレーニング科学、栄養学、スポーツ心理学に関する知識が必要なので、基本的にはスポーツ系の大学・専門学校を卒業している人が多い傾向ですが、資格等が必須なわけではありません。

パーソナルトレーナーはマンツーマン指導が基本的なスタイルであり、トレーニングに詳しいだけでなく顧客と信頼関係を築けるコミュニケーション能力も重要な要素となるでしょう。

パーソナルトレーナーになるためのステップとしては、スポーツジムやフィットネスクラブ等で経験や実績を積んだ後、独立するというのが一般的です。

家事・掃除・買い物代行、便利屋

ハウスクリーニング・家事代行は、共働き世帯や単身世帯の増加により現在ニーズの高い仕事のうちの一つです。

特に家事代行は一定の家事スキルさえあれば誰でも開業が可能なので、育児を終えて時間ができた主婦がはじめたりすることも増えています。
資格は特に必要ありませんが、定期的に自宅へ訪問して家事をする仕事なのでパーソナルトレーナーと同じく、顧客との信頼関係が重要です。

そのためスキルだけでなく顧客とコミュニケーションをとり、きちんと信頼してもらえるような関係づくりが開業するうえで大事になるでしょう。

オンラインアシスタント

営業経験がある人や秘書の経験がある人は、営業代行・秘書代行などのオンラインアシスト業務が向いています。

オンラインアシスタントは営業・経理・秘書などのスキルを売る仕事です。
元手がほとんど必要ありませんので、仕事さえ取ることができれば初期費用なしで起業が可能です。

オンラインアシスタントをはじめるなら、あらかじめ勤めている会社などで実績を作っておくと起業後も成功しやすいでしょう。

オンラインサロン経営

オンラインサロンとは、インターネット上をメインとして展開されるクローズドな会員制コミュニティのようなものです。

オンライサロンは近年急速に普及しましたが、当初は芸能人など知名度の高い有名人の有料ファンクラブに近いものでした。
もっとも最近では有名人に限らず、様々な専門知識・専門技術を持った人たちが自分のオンラインサロンを立ち上げています。

オンラインサロンではノウハウや知識を提供するだけでなく、参加者同士が交流できるというのが大きな特徴でしょう。
月額制の料金システムが基本なので、会員数を確保できれば安定した収益が実現可能です。
その分、集客だけでなく離脱率を下げることも大事であり、いかにして会員を飽きさせないしくみを作るかがポイントになります。

Web系(ディレクター・デザイナー・ライター)

Web制作やライティングなどのスキルがあれば、Webデザイナー・ライターとして活動することも可能です。

これらの仕事はパソコン一つですぐに開業できるし、スキルシェアサービスを活用すれば人脈がなくても仕事をとることができます。
頑張り次第では未経験の分野でも一から勉強し、起業して収益化することも可能でしょう。

ただしweb系の仕事は参入障壁が低くなったことで競争が激化し、デザイナーやライター1本で収益を上げるのが厳しくなってきています。
そのためこれからは、Web制作からWebマーケティングまでワンストップで提供したり、ディレクターとして複数のデザイナー・ライターを管理できるスキルを身に付けたりするなど、他との差別化戦略が重要な要素となるでしょう。

フランチャイズへの加盟

飲食やコンビニ、買取や介護など、さまざまな業界にフランチャイズ経営のお店があります。
フランチャイズ本部の看板を掲げて営業を行うのが「フランチャイズ経営」です。

フランチャイズに加盟すれば本部の知名度が使え、中には自己資金0円ではじめられるフランチャイズもあるので、初期費用をかけずに安定したビジネスをはじめることができます。

ただしフランチャイズには、高い利益を出すのが難しいなどのデメリットもあります。
開業資金の返済や高額なロイヤリティに収益を圧迫され、収益がほとんど出ないということも多いので注意しましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

50万円以下で起業するときのキーポイント

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

50万円以下で起業をするためには、いくつかおさえておくべきキーポイントがあります。

ここで紹介することは基本的にどんな分野でも生かすことができるので、しっかり理解して実践してください。

個人事業主として起業

会社は設立するだけで費用がかかるので、50万円以下での会社設立は現実的に難しいでしょう。

株式会社の場合、定款認証手数料・印紙代・登録免許税等で合計242,000円の費用がかかります。
さらに会社を設立して事務所を賃貸するのであれば、賃料・水道光熱費・通信費等の固定費も発生します。

ですから50万円以下で起業をするなら、個人事業主としてはじめるのがおすすめです。
まずは副業からでもよいので、自宅開業などでできるだけ小規模で起業するようにしましょう。
もし収益が上がって事業が拡大しそうであれば、そのときはじめて会社設立を検討すればよいのです。

起業するからといってはじめから会社を設立する必要はないので、はじめは個人事業主として起業しても問題ないということは頭に入れておいてください。

合わせて読みたいおすすめ記事

インターネットの活用

ビジネスをするうえでは広告宣伝・集客・販売など、なにをするにおいてもインターネットの活用は必須です。
特に一から小規模で起業するのであれば、集客から販売まで全てオンラインでおこなうのがもっとも効率がよいでしょう。

また、オンラインがメインのビジネスであれば事務所を持たずに自宅で開業ができるため、固定費が新たに発生することもありません。
広告はターゲットを絞って最小限におこない、SNSも活用すれば少ない費用で集客までできます。

このように、50万円以下の起業ではインターネットをうまく活用することが成功の秘訣です。
1人で起業するならば、できるかぎりのインターネットリテラシーも身に付けておきましょう。

スキルシェアサービスの活用

スキルシェアサービスとは、スキルを提供したい人と利用したい人をマッチングするサービスのことです。

起業後は広告宣伝活動をして集客しなければなりませんが、スキルシェアサービスを使えばターゲットを絞って的確に集客することができます。
起業してからの大きな課題の一つが、いかにしてターゲットとなる顧客を集客するかということです。

この点スキルシェアサービスを活用すれば、このような集客の困難さを大きく改善することができます。
発注者主導のLancers(ランサーズ)CrowdWorks (クラウドワークス)に受注者主導のcoconala(ココナラ)、そして時間単位でスキルを売るTimeTicket(タイムチケット)など、サービスごとに様々な特徴があります。

自分にとってどのサービスが使いやすいのかをよく考え、自分に合ったサービスを活用してください。

知識や経験のある仕事を選ぶ

起業するとなれば会社勤めとは違い、会社の看板を掲げてビジネスをすることはできません。
特に個人事業主の場合は、顧客からの信頼が仕事をとるための重要なポイントです。
そのため、もともと知識や経験のある仕事を選び、実績をアピールするのが効果的でしょう。

また知識や経験があることは、事業を継続するためのポイントの一つでもあります。
なぜなら全く未経験の分野では知識もノウハウもないため、体力的・精神的に仕事が辛くなってしまうからです。

起業するのであれば、基本的にはもともとの知識・経験を活かした仕事かもしくは関連性のある分野を選ぶのが得策です。

50万円以下の起業を成功させるためにやるべきこと

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

50万円以下の起業を成功させるためには、意識的に取り組まなければならないことがあります。ここでは他との差別化と集客について解説するので、こちらもぜひ参考にしてください。

他との差別化を図ること

最近では副業が主流になったこともあり、副業からはじめて小規模で起業するといった人も増えてきています。
そのため起業してからの競争も激しくなってきているので、他との差別化を図ることは成功のための重要なポイントです。

差別化を図るための手段として有効なのは、サービスに付加価値を付けることです。
例えば、他人に真似できないくらい一つのスキルに磨きをかけ、その分野の第一人者になることや、これまでにない新しい分野を開拓することができれば競争も少ないため、それだけでも差別化がしやすいでしょう。

また、その分野に関連性のある知識やスキルを身に付け、複合的なサービスを提供するといったことも考えられます。
WebデザインからWebマーケティングまでワンストップで提供したり、サービス提供後のサポートやコンサルティング業務まで行ったり、個々のサービスではなくトータルで提供できれば、それだけ多くのニーズに対応することが可能でしょう。

集客に力を入れること

集客戦略においてはターゲットをしっかり意識して、誰にサービスを届けたいのかということをよく考えましょう。

チラシ・広告や訪問営業などがこれまでの一般的な集客方法でしたが、今の時代はやはりインターネットの活用が集客のカギです。
インターネット広告やSNSを最大限活用すれば、少ないコストで大きな集客効果を生み出すことができます。

SNSの活用についてはのちほどより詳しく説明するので、ニーズがどこにあるかを考え、ターゲットに合わせた集客方法を実践しましょう。

コストを抑えるために利用したいサービス

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

50万円以下で起業するためには、コストを抑える工夫もしなければなりません。

ここでは少ない費用で起業するために利用したいサービスを4つ紹介します。

シェアオフィス、コワーキングスペース

賃貸オフィスの場合は保証金やオフィス用品のための高額な初期費用に加え、家賃・水道光熱費・通信費等の固定費が毎月かかります。

シェアオフィスを使えば、基本的に一定の月額料金で作業スペースが使えるので、初期費用・固定費を大きく削減することができ、コストを抑えつつ立地の良い場所にオフィスを持つことができるのです。

またシェアオフィスやコワーキングスペースには、起業してビジネスしている人が集まります。
仕事をしながら人脈形成をすることもできるので、仲間同士で情報交換をすることで新たなビジネスのチャンスも広がるでしょう。

オンラインショップの開設サービス

オンラインショップのメリットは、端的に言えば「費用と手間を大幅に削減できる」ということです。
また、特別なスキルがなくても少ない費用で簡単に開設できるため、誰でも気軽にはじめることができます。
オンラインショップではインターネットにアクセスできる世界中の人が潜在顧客となり、年中無休で効率よく集客することが可能です。

オンラインショップには安い費用でオシャレなショップデザインができるSTORES(ストアーズ)BASE(ベイス)や、ハンドメイドに特化したminne(ミンネ)creema(クリーマ)Etsy(エッツィ)などの他、様々なサービスがあります。

それぞれのサービスの特徴を理解したうえで、自分に合ったサービスを活用しましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

スキルシェアサービス

スキルシェアサービスを使えばターゲットを的確に集客することができ、そのぶん広告宣伝費や営業費用を大幅に削減することができます。

スキルシェアサービスの登録は基本的に無料なので、複数のサービスを使い分けて販売チャネルを拡大することもできます。

このようにスキルシェアサービスを効率よく活用すれば、コストの抑制に大きな効果が期待できるでしょう。

SNS

SNSは無料で使える集客ツールとして活用できますが、うまくいけば一切費用をかけずに大きな集客効果を生みます。

それぞれのサービスの特徴を理解した上で、自社の商品・サービスの宣伝に適したツールは積極的に活用しましょう。

例えばTwitterは利用者とのコミュニケーションがとりやすいのが特徴であり、こまめに投稿することで根強いファンを獲得することができます。
画像が主役のSNSであるInstagramを集客に使うときは、ぜひプロアカウント(ビジネスアカウント)を活用しましょう。
プロアカウント使えばアカウントから企業への直接連絡・店舗の位置情報の表示・広告の配信など様々な便利機能が使えます。

SNSは今やビジネスにおいて活用必須のツールです。
SNS運営の成功は大きな集客効果をもたらすので、ぜひ力を入れて取り組んでください。

自己資金が少なくても受けられる創業融資

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

起業をする上で資金調達は大きな課題です。
創業時に自己資金が多く用意できないことは、多くの人にとって悩みの種でしょう。

そこで、ここでは自己資金が少なくても受けられる日本政策金融公庫の融資制度「新創業融資制度」について解説します。

創業時だからこそ受けられる融資とは

新創業融資は、新たに事業をはじめる方や事業を開始して間もない方を対象にした無担保・無保証の融資制度です。

日本政策金融公庫の融資の特徴は、創業間もないベンチャー企業でも将来性を考慮して融資をしてくれるということ。
これは日本政策金融公庫が公的機関であり、中小企業支援による日本経済発展を目的としているからです。

そのため民間金融機関と比べれば審査のハードルは低く、経営者の熱意や事業計画の内容次第で創業前でも十分融資を受けられる可能性があります。
とはいえ完全に自己資金ゼロでは融資を受けるのは実際のところ困難です。

創業融資の金額は自己資金の3倍くらいというのが平均的なので、自己資金は融資希望金額の3分の1程度は用意しておきましょう。

合わせて読みたいおすすめ記事

少額の自己資金で融資を勝ち取るには

融資の可否は、事業計画書の内容で決まると言っても過言ではありません。
事業計画書とは、事業の構想をまとめて可視化した計画書のこと。
融資を受ける場合、融資担当者は経営者との面談をし最終的に融資の可否を決めますが、同時に事業計画書の内容をとても重視します。

特に創業融資の場合、まだ形になっていない事業の収益性をどれだけ合理的に説明できるかが重要です。
そのためデータや数字などの明確な根拠を用い、しっかり事業計画書を作らなければなりません。

また、事業計画書をまとめる作業を通し、経営者に求められる資質を備えているか自分自身に問い直すよい機会になります。
そのため、事業計画書を作成することで創業にかける思いがより強固になるため、事業計画書を作り込むことが事業の成功にもつながるのです。

事業計画書の作成にはある程度の専門知識も必要なので、自信がない人はぜひ専門家に相談してアドバイスを受けましょう。

事業計画書の添削サービス

まとめ

自己資金50万円以下ではじめるビジネス10選と成功のポイント

インターネットの普及やリモートワークの一般化もあり、50万円以下の起業は以前よりも実現しやすくなりました。

スキルシェアサービスやSNSなどをうまく活用すれば、少ない費用でも大きな成果をあげることができます。
様々なサービスやツールを上手に活用することが、起業で成功するための重要なポイントになるでしょう。

自己資金のみで費用を賄えないときは、融資を受けることも検討する必要があります。
融資の際は事業計画書の作成が必須なので、ぜひ当サイトの事業計画書の無料添削を活用してください。

また認定支援機関である「税理士法人Bricks&UK」では創業融資に関する無料相談もできるので、これから起業する皆さんのお役に立つことができます。
事業計画・融資に関するお悩みはぜひ当サイトをご活用いただき、Bricks&UKへも気軽にご相談ください。

創業時の融資相談もBricks&UKにおまかせください!

当サイトを運営する「税理士法人Bricks&UK」は、顧問契約数2,100社以上、資金繰りをはじめ経営に関するコンサルティングを得意分野とする総合事務所です。
中小企業庁が認定する公的な支援機関「認定支援機関(経営革新等支援機関)」の税理士法人が、日本政策金融公庫の資金調達をサポートします。

資金調達に必要な試算表、収支計画書などを作成していきますので、資金調達のサポートと、借入後の資金繰りをしっかりと見ていくことができます。
そのため、皆様の経営の安定化に、すぐに取り掛かることができます!
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

いますぐ無料相談を申し込む!
友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント 友だち追加で限定特典GET LINE公式アカウント

「起業しようかな?」と思ったら…
起業・開業支援スタッフがご支援します!

【記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いいたします!】

起業前に「何をすればいいの?」とお悩みの方

「起業しようかな?」と思ったら…起業・開業支援スタッフがご支援します!

  • まず何から始めたらいいか基本的な事を知りたい方
  • 起業にあたって客観的な意見が欲しい方
  • ビジネスが成功しそうか相談相手が欲しい方
  • 具体的かつ現実的なアドバイスが欲しい方  ……etc.

起業を決意していざ行動しようとはしたものの、具体的にどのような手順で進めれば良いかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
TipsNoteではそんな方に向けて、実際に起業するための行動に移すまでのステップを含めて起業・開業のサポートを提供しております。

起業準備を5つのステップに分けて、ビジネスモデルの収益性の検討商圏分析創業計画書の作成サポートなど専門的な視点の必要な項目を支援いたします。

認定支援機関の「税理士法人Bricks&UK」なら、起業をトータルでサポート!

税理士法人Bricks&UKは約2,100の顧問契約数を持つ税理士法人です

名古屋、東京、三重県四日市、沖縄、そしてタイのバンコクにまで事務所を構え、税理士法人としての基本機能である会計・税務申告や経営アドバイスで様々な業種のクライアントを総合的に支援しております。

【「起業しようかな?」と思ったら…】起業・開業支援スタッフがご支援します!

まずは無料相談からお気軽にお申込みくださいませ!


起業は5ステップで準備しよう!詳しくはこちら